Home‎ > ‎

「日本多文化救援基金」ボランティア募集!

先日の東日本巨大地震で被災されたマイノリティの方々への支援を確保するため、エクリプス・ライジング*と日本太平洋資料センター**は日本多文化救援基金を設立しました。日本政府や大きなNPO団体からは支援を後回しにされがちな人たちへの援助をめざし、3月22日現在で合計6つの草の根団体を、この基金を通して集まった義援金の受け取り先として確定しています。またこの基金は、Peace Development Fundによる推奨を受けており、さらに個人によるご寄付に加えて、サンフランシスコ市議会や、Levi Strauss Foundationなどの各種著名団体からも支持されています。受け取り団体などの詳しい情報はウェブサイトをご覧ください。(www.jprn.org/relieffund.html

しかし現在、この基金を管理・運営していく上で欠かせないボランティアによる人手が不足しており、緊急募集の告知をする運びとなりました。以下の内容でボランティアを募集いたします。

仕事内容
・ウェブサイトの管理:Dreamweaverを使ってのウェブサイトの更新
・メーリング:寄付して頂いた個人様や団体様への感謝状の送付
どちらかのみへのボランティアでも構いません。その他管理・運営上必要な仕事も発生する可能性があります。

参加資格
・責任感のある方。
・迅速に対応でき、締め切りを守れる方。
・最低限の指示監督で動ける方。
・オークランドのオフィスまで来られる方(メーリングのみ)。

連絡先
興味を持たれた方は、ボランティア参加申し込み用紙にご記入の上、エクリプス・ライジング(EclipseRising@gmail.com)までお送り下さい。申し込み用紙はこのページの一番下からダウンロードできます。

皆様のご協力に改めて感謝するとともに、更なる連帯をどうぞよろしくお願い致します。

江田陽生&ケイ・フィッシャー
ボランティア・コーディネーター
日本多文化救援基金


*エクリプス・ライジング(Eclipse Rising)はアメリカのサンフランシスコ・ベイエリアを拠点とした在日コリアンのグループです。国家という枠組みにとらわれない在日コミュニティの基盤を築くことと、一人ひとりのリーダーシップの育成を目的とし2008年に結成されました。エクリプス・ライジングでは、在日特有の歴史性やアイデンティティを大切にし、平等な日本社会そして朝鮮半島の平和的な統一の実現をビジョンとして活動しています。わたしたちは、多様性を尊重し、在日コリアンだけでなく日本の他のマイノリティ、そして世界のマイノリティたちと連帯して差別と闘い、平等を実現するためにさまざまな活動を展開しています。
http://sites.google.com/site/eclipserising/

**JPRNは1985年アメリカ合衆国のカリフォルニア州政府に公認され、連邦政府から税制優遇措置を受けた非営利法人 (501C3団体)です。皆様からのご寄附は税金控除の対象になります。1995年の神戸大震災直後、日本マイノリティ基金を発足し、迅速に支援に携わった経歴に基づき、今回も基金運営の母体責任を担う事になりました。
http://www.jprn.org
ĉ
Haruki Eda,
Mar 25, 2011, 6:03 PM
Ċ
Haruki Eda,
Mar 25, 2011, 6:04 PM
Comments