超高齢社会を迎えた我が国では,加齢に伴う運動器の障害や脳卒中・脳変性疾患による運動麻痺等が急増しており,これらの運動機能障害を克服する有効なリハビリテーション法の確立が急務である.その鍵を握るのは,身体機能の変化に対する脳の適応メカニズムの解明である.例えば,加齢による転倒の増加は,運動機能の低下に脳の適応が伴っていないことを示唆する.また逆に,運動器には障害が無い病態でも身体認知に異常が生じ得る.これらの事実は,我々の脳内には身体のモデル(これを脳内身体表現と呼ぶ)が構築・保持されており,これに異常が生じると感覚系や運動系に深刻な障害が起きることを意味する.本調査研究会では,対象の振る舞いを数理モデル化して理解しようとするシステム工学と脳機能計測・運動計測等の多次元データを統計的に処理する情報技術を組み合わせることによって脳内身体表現の神経機構とその長期的変容メカニズムを明らかにし,これをリハビリテーション介入へと応用する「身体性システム科学」なる新たな学問領域を確立する.

「身体性システム科学」の探求には,脳神経科学,システム工学からリハビリ医学に至るまで,幅広い研究分野の英知を結集する場を設けることが必須である.システム・情報技術を専門とする学会のもとに医学・生理学研究者を巻き込んで議論することで,異分野融合のための場を提供し,新たな研究領域をシステム・情報分野に創成する。


公益社団法人 計測自動制御学会