研究目的

 本研究の目的は(1)移動体観測技術による交通システム利用者の行動モニタリング手法を高度化し,(2)時空間解像度の高い行動データを用いた動的ネットワーク交通流解析モデルを開発するとともに,(3)突発事象や災害によりシステム障害が発生した交通ネットワークの信頼性を回復させるための動的なリスクマネジメント手法を構築することにあります.さらに,新たな行動調査・分析手法,ネットワーク解析手法およびリスクマネジメント手法を一体化して実際の都市空間に適用することによって方法論の有用性を検証し,移動体観測に基づく交通ネットワークの動的リスクマネジメントシステムを確立します.

  1. モバイルコミュニケーション技術による交通行動データ収集・解析手法の高度化
  2. 行動の相互作用を考慮した創発型交通ネットワークフローモデルの開発
  3. 交通システムの信頼性回復のための動的ネットワーク運用方策の構築


What's new!