ここは人形者サークルDTS3のサブページ。
2017/10/20 更新済

左のメニュー、若しくは下のバナーから各ページへジャンプ!
book history 
catalog 
circle_view

event history 
MR 
What's new


1.サンプルについて
 各種イベントにて、幣サークルへ足を運んでみようという方への情報提供の場として公開しています。
 基本的に、全ての頒布物の一部分をサンプルとして公開中です。
 会場でお手に取る前に、こちらでも内容の確認をどうぞ。
 既刊最新は、COMITIA121で発行したvol.26になります。

2.公開の不確実性について
 容量の都合、サーバトラブル、通信回線の不調等による問題により、
 管理人は、画像および文章の閲覧の保障を約束するものではありません。
 いつでも見たい方は「個人的使用」の為にダウンロードしローカルに保存するか、
 紙媒体として発行している小紙をお求め下さるようお願い申し上げます。

3.そして、初訪問の方へ
サークル
【サークル
DTS3。

人形者サークルである。
2008年8月のコミックマーケット74より活動開始。
サークル名は、
Deep Twinkle Stars 3 dimensionの略で、
Deep Twinkle Starsという組織の3次元方面分科会の意。
3次元……ドールに特化した分科会となる。
【頒布物傾向】
人形者(人形をおむかえした者)として思う事、うちのこかわいい的な
事を書き留めた評論本、小説本、紀行本等を制作する。
C89(2015年冬)にて、その数はvol.20を数えるに至った。
最近は「Comic series」としてコミPo!を使用した人形者漫画を製作し、完結させた。

需要の有無はさておき、パラパラめくって写真集のように「わーキレ
イ」だけで終わる本ではなく、何かしらの意というか、念を込めた本を作るぞというのが基本姿勢。


メンバー
【メンバー
m某。

彼がDTS3代表である。
しかし一人しかいないため、代表であり、執筆者であり、何でも屋である。
1998年から一般参加者として同人誌即売会に参加し、満を持して
2008年よりサークル活動をスタートさせる。
ドール
【ドール
画像のドールが、サークル活動を始めさせたきっかけ。
創作の源となっている、アゾンインターナショナルより
リリースされた60cmのサアラさん。
2003年8月に幕張メッセでお迎えして、10年以上の付き合いになる。
公式のアゾンのページは、残念ながら60cmの記述は今となっては無い。

尚、60cm以前にワンフェスにおいて、
27cmのサアラさん(アゾンプレミアム)を既にお迎えしている。
https://sites.google.com/site/dts3subpage/home/send.JPG
連絡先
連絡先

こちらよりDMしていただくか、頒布物の奥付にあるメールアドレスまで。



dts3_sub_page ページツリー


今ココ
  |
  | |
  | +-part1(履歴その1)
  |  |
  |  |
  |  |
  |  |
  |  |
  |  |
  |  |
  |  |
  | |
  | +-part2(履歴その2)
  | | |
  | | |
  | | |
  | | |
  | | |
  | | |
  | | |
  | | |
  | | |
  | | |
  | |
  | +-part3(履歴その3)
  |    |
  |    |
  |    |
  |    |
  |    |
  |    |
  |    |
  |
  |
  |
  |
Comments