1967年 アメリカ生まれ。
        1983年 社会に疑問を持ち、地球に危機を感じていた。
        1987年 粘土が僕をみつける。
        1990年 Artist Visaで日本に来る。
        1992年 当初は帰る予定が、茂木町の美しい那珂川の畔に窯を作る
        1993年 作品が遊星社との出会いを運んでくる。私たちの未来のために陶芸、
                   舞台美術、出演などGEOIDWORKのメンバーとして5年間活動する。



        最近の主な活動

 
        2013年  Sanam Chandra Art Gallery シラパコーン大学「Century of the East」 (タイ)
                    GICビエンナーレインターナショナルワークショップ (韓国) ’12
        2014年  Muzium&Galeri Tuanku Fauziah マレーシア科学大学「Selsius』 (マレーシア)
                    二期倶楽部 山のシューレ「地上の星々~宇宙エーテル体頌、那須から~」 (那須) 
                    やまに大塚ギャラリー緑陶里「THREE ROADS TO MASHIKO」第7回 三人展 (益子)  
                    Chawan Expo (シンガポール)
                    ナミソムインターナショナルセラミックフェスティバル (韓国) ’12、’13
                    ギャラリーいわき、個展 (福島) ’12
        2015年  ヴェスターヴァルド陶芸美術館「Keramik und Tee」(ドイツ)
                    セント・ベルナルヂュス修道院「Chawan Expo」(ベルギー)
                    Vallauris Institute of the Arts/C K’OMSA『URNE」審査展示会 ( フランス)
                    土祭 、野外インスタレーション 「Under One Sky」(益子)
                    Goctur Art Gallery「Mehmet Nuri Göcen 2nd International」(トルコ)
                    Old Church Gallery-Vichte「Messages from Clay」(ベルギー)




        陶芸を中心に毎年展覧会を続け、器の他にもガラス、木、鉄、石、土などを素材にした
        ミックスドメディアオブジェ、空間インスタレーションにも情熱を持ち続けている。山の
        奥の、家からは美しい川が見下ろせ、周りには温かな人たち、そんな場所に暮らしてる。



    

<<<                                                               

douglas black    visual/functional/interior/exterior          creAtive art & aesthetic design         *contact