Home


東アジア武術・武道研究フォーラム

Welcome to the East Asian Martial Arts Research Forum !


                                                    


東アジア武術国際会議2017: International Conference on East Asian Martial Arts 2017


✔︎開催趣旨(Objectives):
東アジアの武術・武道は「競技」「人格形成」「娯楽」「健康」から「ビジネス」まで多様な側面を表しながら我々の前にある。本会議の趣旨は、武術・武道という言葉の中核にあって必須の価値とされた攻防の実際に役に立つか否か、つまり実用性(武術性)の観点から東アジアの武術・武道を見直し、進むべき道を模索しようとする点にある。

The East Asian Martial Arts (EAMA) exists before our eyes in various mirror images, such as competition, the ascetic practices in life, entertainment, business and so on. The main objectives of this conference are (1) to reconsider EAMA from the perspective of "practicability" or "utility", which is an essential value in martial arts or budo, and (2) to explore the path that each EAMA may follow. 

✔︎開催ブログラム(Program):“東アジア武術/武道の未来” - 武術性と応用性の探究

主催:東アジア武術・武道研究フォーラム

共催:早稲田大学スポーツ科学学術院

場所:早稲田大学東伏見キャンパス

連絡先工藤龍太:ryutak77@gmail.com

開催日2017年9月10日(日)

                                             入場無料です。どなたでも参加できます。みなさまのご来場をお待ちしております。

                                             (資料を入用の人は資料代1000円で頒布しますので、お申出ください。)                                              


▶️開会式.:9時15分開始  司会:射手矢 岬(教授)

 主催者・来賓挨拶

基調講演:志々田 文明

                                                                         なぜ武術性を問うのか? 武術・武道研究の根本問題


▶️シンポジウム1:日本武術・武道における武術性の問題


基調講演:大保木輝雄「問題提起:武術の実用性とその応用


加藤純一「日本の剣術・剣道における形技法と競技技法の実用性について」

中嶋哲也「柔術・柔道史おける武術性の問題」

佐藤忠之「鍔迫り合いに見る剣術と柔術の接点」

 

▶️演武会:東アジアの武術の魅力

*中国武術,日本剣術, 日本柔術, 剣道


▶️招待講演:

ローマン・M.カリーナ教授(アーカイブズ・オブ・武道 編集長)

 

                                  ▶️シンポジウム2:中国武術における武術性の問題(13時20分 開始)


                                  基調講演:池本淳一「問題提起:誰の、何のための武術か?―官/民間の武術性をめぐる闘争」


荘嘉仁「散打競技の歴史:戦前」

鄭旭旭「散打競技の歴史:戦後」

朴周鳳「韓国の武術における武術性の問題」


▶️招待講演

デンコー・レグリ(マサリク大学教授) 

                                                                              "The actual utility on martial arts in Europe”

 

▶️パネルディスカッション:

                                                                          現代社会における武術のフロンティア:継承と維新の弁証法


横地浩紀・池本淳一「武道具マーケットの縮小とそのグローバルな再生プラン」

高無宝良「ニューメディア・セミナー文化と武術」

池本淳一「武術と観光・地域」

コメンテーターからの質問


▶️ポスター発表


実行委員会事務局スタッフ

◯工藤 龍太 (Ph.D 早稲田大学)

◯湯浅 有希子 (Ph.D 帝京平成大学

◯劉 暢 (博士課程2年)

◯佐藤 皓也 (博士課程2年)

◯周 明哲 (修士課程1年)

*本会議は科学研究費基盤(B)[研究代表者志々田文明]の支援を受けています

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~               East Asian Martial Arts International Conference 2017 


Opening ceremony (Chair: Prof. Misaki Iteya)

                Keynote address: Fumiaki Shishida: 

                “Why is the actual utility a problem in martial arts studies?”


Symposium 1:  The problem of actual utility in Japanese martial arts and budo

               

Keynote address: Professor Teruo Oboki: 

                                                                                                                    “The actual utility of kata and competition in Japanese kenjutsu and kendo


                                 Junichi Kato: Actual utility of the technique of kata and competition in Japanese kenjutsu/kendo

                                          Tetsuya Nakajima: The problem of actual utility in Japanese jujutsu/judo history

                                 Tadayuki Sato: The point of contact between kenjutsu and jujutsu showed in Tsubazeriai


Performance session


Invited lecture 1:

                                 Prof. Roman M. Kalina: 

                                                                                      "Heritage and the future of East Asian Martial Arts in the development of preventive and therapeutic agonology."


Symposium 2The actual utility in East Asia martial arts

               

Keynote address: Junichi Ikemoto:

                                                                                                                   “For who and for what are martial arts: From the struggle about the actual utility between public groups and private’s”


Prof. Zhuang Jiaren: The actual utility in Chinese martial arts (The history of Sanda: Before 1980s)

Prof. Zheng Xuxu: The actual utility in Chinese martial arts (The history of Sanda: After 1980s)

Dr.Park JooBong: The actual utility in Korean martial arts (focus on Taekwondo and Taekkyon)


                                Invited lecture 2:

                                          Prof. Zdenko Reguli: The actual utility on martial arts in Europe


                                Panel discussion

                                                                                                                          The new trend of martial arts in contemporary society: The dialectic with succession and Restoration


                                 Hiroki Yokochi & Junichi Ikemoto: From the perspective of tools of martial arts

        Takara Takanashi: New-media / seminar culture and martial arts

                                 Junichi Ikemoto: Martial arts, tourism, and community


  Poster presentation

 

                                 Stuff

                                   ◯Ryuta KUDO (Ph.D, Waseda University)

                                 ◯Yukiko YUASA (Ph.D, Teikyo Heisei University)

                                 ◯Chang LIU (2nd year of Ph.D program)

                                 ◯Koya SATO 2nd year of Ph.D program

                                 ◯Mingzhe ZHOU (1st year of Master program)


常設活動(Standing Activity)

本フォーラムは、科学研究費基盤研究(B)(15H03067.研究代表者:志々田文明)の補助金によって運営されています。主な活動として、以下の研究会、合宿研究会、また研究情報発信を行っています。

1.武道・東アジア武術論研究

○原則として毎月、第1土曜日

○世話人:大保木輝雄・志々田 文明 

事務局:早稲田大学東伏見体育棟2階202 西東京市東伏見2-7-5 早稲田大学75号202教室

連絡: 工藤龍太(総括):ryutak77@gmail.com

    佐藤 皓也: koya.sato.saidai@gmail.com

    劉 暢chch89_liu@hotmail.com

*これまでの研究会は本ページ左側「例会」をクリックして確認してください。


○アクセス:西武新宿線「東伏見」下車歩5分。改札口を右折し、正面にあるマグドナルドのビル(早稲田大学ステップ22)を左に見て道路右側に沿って直進、一本目の信号を渡った右手の3階建て校舎です。

2.合宿研究会

○原則8月あるいは9月

世話人:大保木輝雄・志々田 文明

事務局:工藤龍太(総括):ryutak77@gmail.com

      佐藤 皓也: koya.sato.saidai@gmail.com

      劉 暢chch89_liu@hotmail.com

早稲田大学東伏見体育棟2階202


研究会の設立趣旨(2015年)

日本には多くの武道(武術)がありそれぞれ固有の歴史と思想を主張している。それらは武道の多様性を示すように見える半面、各武道はそれぞれの殻の中に割拠して技術的にも精神的にも交流は乏しい。これは武道を総合的に考えて理解する上で研究上の大きな制約となって武道・武術研究の発展を妨げている。我々は武道の核心が武術の技術性にあること、つまり「実用性」にあるという共通理解に立って日本及び東アジアの武術・武道を研究の対象として措定する。我々は以上の認識に立って、武術・武道の技術的・教育的・文化的思想について研究・討論するために本研究会を設立する。