翻訳ミステリー読者賞とは

  • 翻訳ミステリー読者賞とは
翻訳ミステリー読者賞は、翻訳ミステリーを愛する人であれば、職業性別年齢を問わず参加できる賞です。翻訳ミステリー大賞シンジケートがおこなっている、翻訳ミステリー大賞の読者企画として立ち上げました。
年末恒例のミステリランキングにしても、翻訳ミステリー大賞にしても、投票という形で参加できるのは一部の例外を除いては、作る側の人たち(作家、編集者、書評家)です。シンジケートの後援で2010年から翻訳ミステリー読書会が全国でおこなわれるようになり、そこに参加している一般のメンバーから「もっと読者の意見を反映した賞があってもいいよね」という意見が出て、シンジケートのご理解を得ることができ、実現の運びとなりました。

  • 翻訳ミステリー読書会とは
翻訳ミステリー大賞シンジケートの後援で、2010年からおこなわれています。現在全国14箇所(札幌、仙台、福島、金沢、
埼玉、千葉、東東京、西東京、横浜、名古屋、大阪、神戸、福岡、熊本)で定期的に開催されています。読書会の告知はシンジケートのサイトに掲載されます(Twitterなどでも告知されます)ので、チェックしてみてください。どの会場も、参加人数に制限がありますので、早めのお申し込みが吉です。
また、どの地域でも、読書会の後に懇親会が催されています。各地、内容は様々ですが、多くは居酒屋でわいわいやる感じで、参加者間の交流を広げるよい機会になっています。シンジケートのサイトに、各地の読書会のレポートが掲載されています。読書会の雰囲気がおわかりいただけると思いますので、興味のある方はご覧ください。
また、上記以外の地域でもぜひ読書会を開きたい、という方もいらっしゃるかと思います。シンジケートで相談に乗ってもらえますので、まずはシンジケート事務局にお問い合わせください。

Comments