第1回翻訳ミステリー読者賞結果発表

翻訳ミステリー読者賞の結果をお知らせいたします。投票総数147、全投票作品数62でした。
1位に選ばれた3作品の翻訳者の方々には、2013年4月13日におこなわれた翻訳ミステリー大賞授賞式にて、図書カードと「猟奇の鉄人」さまご提供の古本福袋を贈呈いたしました。

全結果はPDFファイルにて配布いたします(下部のリンクからダウンロードしてください)。他にどんな作品が選ばれているのか、ブックガイドとしても十分使えるのではないかと思います。ぜひ読書計画のご参考にしていただければと思います。

※4月14日にアップしたPDFファイルに誤りがありました。現在、訂正版をアップしております。大変ご迷惑をおかけしました。

1位

『解錠師』スティーヴ・ハミルトン著/越前敏弥訳

『吊るされた女』キャロル・オコンネル著/務台夏子訳

『深い疵』ネレ・ノイハウス著/酒寄進一訳

4位

『占領都市 TOKYO YEAR ZERO II』デイヴィッド・ピース著/酒井武志訳

『毒の目覚め』S・J・ボルトン著/法村里絵訳

6位

『無罪 INNOCENT』スコット・トゥロー著/二宮磬訳

7位

『冬の灯台が語るとき』ヨハン・テオリン著/三角和代訳

8位

『罪悪』フェルディナント・フォン・シーラッハ著/酒寄進一訳

『少年は残酷な弓を射る』ライオネル・シュライヴァー著/光野多惠子・真喜志順子・堤理華訳

『粛清』ソフィ・オクサネン著/上野元美訳

『償いの報酬』ローレンス・ブロック著/田口俊樹訳

『わたしが眠りにつく前に』SJ・ワトソン/棚橋志行訳

なお、翻訳ミステリー大賞は、スコット・トゥロー『無罪』が選ばれております。
翻訳ミステリー大賞の結果については、こちらでご確認ください。

Ċ
dokushashou honyakumystery,
2013/04/14 20:53
Comments