Home

広大な北海道の在宅療養を支える訪問看護ステーションのための、情報発信と相互支援ネットワーク構築を目指すサイト


このサイトについてのご意見、お問い合わせは E-Mail:dovinursnet@googlegroups.com へお寄せください。
https://sites.google.com/site/dohoukan/home/FB_FindUsOnFacebook-114.png

詳細は上記バナーをクリック

 

北海道の訪問看護ステーション


※平成23年度の介護保険サービス事業所指定状況データに基づいて、リストを更新しました。記載事項に誤りがありましたら、お手数ですが dovinursnet@googlegroups.com  宛 メールでお知らせください。

役員会からのお知らせ


訪問看護ステーション等の変更・基準等に関する届出

北海道厚生局


平成 28 年度診療報酬改定に係る関係省令・通知等 (H28 /3 /4 日時点)

  • 平成 28 年度診療報酬改定について(通知) ※関係省令・通知一覧表
  • 平成 28 年 3 月 4 日 保発 0304 第 10 号
  • 訪問看護療養費に係る指定訪問看護の費用の額の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について(通知)
  • 平成 28 年 3 月 4 日 保発 0304 第 12 号
  • 訪問看護療養費に係る訪問看護ステーションの基準等の一部を改正する件(告示)
  • 平成 28 年 厚生労働省告示第 57 号
  • 指定訪問看護事業者の指定を受けることができる者の一部を改正する件(告示)
  • 平成 28 年 厚生労働省告示第 58 号
  • 訪問看護ステーションの基準に係る届出に関する手続きの取扱いについて(通知)
  • 平成 28 年 3 月 4 日 保医発 0304 第 15 号
  • 指定訪問看護の事業の人員及び運営に関する基準について(通知)
  • 平成 28 年 3 月 4 日 老発第 0304 第1号 保発第 0304 第 14 号
  • 指定訪問看護事業者の指定を受けることができる者について(通知)
  • 平成 28 年 3 月 4 日 老発第 0304 第 2 号 保発第 0304 第 15 号

社会保険診療報酬支払基金北海道支部の照会窓口



介護保険最新情報(道ホームページ)
介護保健サービス事業者の指定等各種手続きに関する情報源
※ 【注意】:報酬改定に関する情報は、最新のものを根拠となる条文や通知等と照らし合わせてご活用ください。
以下の参考図書等もご参考。
  • 訪問看護実務相談Q&A(全訪看)
  • 訪問看護お悩み相談室(財団)
  • 訪問看護業務の手引(社会保険研究所)


最近投稿された What's New

  • 道が障がい者就労支援推進計画の施策推進に係るアイデアを募集 北海道のホームページによると、道は、平成24年3月に策定した北海道障がい者条例に基づく「第2期障がい者就労支援推進計画(北海道働く障がい者応援プラン・第II章)」をより効果的に推進するため、広く道民から具体的な取組に関するアイデアを募集する。応募要領は以下を参照。実施要領別紙様式1(アイデアシート)別紙様式2
    投稿: 2013/01/11 20:52、Sasaki Masahiko
  • 新型の便秘薬ルビプロストンが登場 新型の便秘薬ルビプロストン(アミティーザ®)慢性便秘症の適応を持つ初の薬剤で、長期間投与が可能で耐性が生じにくいのが特徴。酸化マグネシウムが使えない、腎機能が低下した患者にも使用できる。便秘症には、食生活の改善を含めた生活習慣改善の指導に加え、センノシド(商品名プルゼニドほか)などの刺激性下剤や、酸化マグネシウムなどの塩類下剤などを使った薬物治療が行われている。しかし、これらの薬剤を使った治療では、長期連用による習慣性や高マグネシウム血症や電解質バランスの擾乱など、問題も多かった。アミティーザ®(一般名ルビプロストン)は、小腸粘膜上皮細胞に発現するCIC-2クロライドチャネル(CIC-2)の局所性活性化物質であるプロストン化合物 ...
    投稿: 2012/11/28 5:06、Sasaki Masahiko
  • 「人生90年時代」に転換を決定―政府が閣議決定 H240907  政府は7日の閣議で、中長期的な高齢者施策の指針となる新高齢社会対策大綱を決定した。働き方などについて「人生90年時代」を前提とした仕組みに転換 させる必要があると指摘。意欲と能力のある高齢者には、社会を支える側に回ってもらうよう意識改革を図ることなどを打ち出した。  大綱は「高齢者が経験と知識を生かして活躍できる社会を目指す」と明記。高齢者を対象とした雇用機会の確保や再就職の支援を図るとしている。ボランティアなどを通じ、公共的なサービスを提供する「新しい公共」の担い手として活動できる環境整備も進める。 【大綱の本文】http://www8.cao.go.jp/kourei/measure/taikou ...
    投稿: 2012/11/18 4:47、Sasaki Masahiko
  • 厚労省難病対策専門家委員会が中間報告 H24/08/16 患者の数が少なく治療法がない難病の患者への支援策について、厚生労働省は、現在56の難病に限って対象にしている医療費助成を大幅に広げ、症状が重い患者を重点的に支援するなど、抜本的に見直すことを決めた。(平成24年8月16日、厚生科学審議会疾病対策部会難病難病対策委員会(難病の治療に当たる医師や患者団体による専門家会議)の中間報告)厚生労働省は年内にも医療費の助成対象となる難病の種類や、拠点病院の条件などを決める方針。難病は数百種類あり、国内の患者は少なくとも750万人に上ると推計されている。しかし、医療費の助成は、特に治療が難しい56の難病に限られ、ほかの難病の患者からも支援を求める声が上がっている ...
    投稿: 2012/08/17 22:08、Sasaki Masahiko
  • 札幌医大が膵がん細胞を標的とした新しい抗がん治療法を開発 【研究発表】膵がん細胞を標的とした新しい抗がん治療法の開発に成功http://web.sapmed.ac.jp/jp/news/press/03bqho00001wi0mr.html膵癌の現状【概要】膵癌は、現在本邦における癌死亡原因の第5位に位置し、年間約22,000人を超える死亡数が推計されており、年々増加の一途を辿っている。膵がんは浸潤性が高く、早期に転移しやすいことから手術不能例が多く、極めて予後不良な癌の一つである。【早期発見】早期発見はどのような治療よりも治癒率の向上に貢献するが、膵癌の場合、以下の様な理由で、早期発見・診断が難しく、見つかった時には既に進行し治療不能なケースが少なくない ...
    投稿: 2012/07/13 3:34、Sasaki Masahiko
1 - 5 / 74 件の投稿を表示中 もっと見る »



研修会最新情報

研修会名開催日
各種研修会情報」ページから 0 件のアイテムを編集日時, 開催日, 申込〆切順に表示しています。 もっと見る »


 

このサイトの趣旨

北海道訪問看護ステーション連絡協議会のメーリングリスト/インターネット利用検討評価プロジェクトにようこそ。

当プロジェクトでは、ホームページおよびメーリングリストの活用による当会運営の効率化について検討します。皆様の積極的な提案と議論を歓迎します。

  1. 役員会の情報共有と共同作業
  2. 地区連絡委員、企画委員、役員の間の情報交換とディスカッション
  3. ステーション運営上の疑問や課題解決のための相談の場
  4. 個人情報の取り扱い、およびセキュリティ
  5. 資料の共有(ホームページ上)
  6. 訪問看護師が日常業務で使えるポータルサイトの開発
 

最近投稿された活動報告

  • 北海道訪問看護ステーション連協 合同会議2017 1. 会議名: 合同会議 『北海道の訪問看護の未来と今について語る2017』2. 日 時: 2017年10月14日(土)17:00~20:00 (受付開始:16:45)3. 場 所: ホテルポールスター札幌 4Fラベンダー(札幌市中央区北4西6 )4. 趣 旨: 2017年度特別講演会において、日本看護協会副会長・齋藤訓子氏から道連協会員に向けて以下が提示されました。【訪問看護に期待する機能】①利用者の生きる力 ...
    投稿: 2017/10/18 16:32、Sasaki Masahiko
  • 道連協新任管理者研修2017 テーマ: 「訪問看護は所長で育つ!」     ~自分も事業所も元気に成長!訪問看護ステーション運営のコツとツボ教えます。~講 師: 角田直枝先生(茨城県立中央病院・茨城県地域がんセンター看護局長・がん看護専門看護師)日  時: 平成29年10月14日(土)13:00~16:00(12:30~受付開始)会  場: 札幌国際ホール8F (札幌市中央区北4条西4丁目)研修の目的高齢多死時代に向かう昨今、地域包括ケアにおいて医療と生活をつなぐ中心的な役割を担う訪問看護ステーションへの期待が高まっている。訪問看護ステーションは小規模な事業体であり、在宅経験や経営管理経験が少ない管理者も多いことが課題になっている ...
    投稿: 2017/10/18 16:10、Sasaki Masahiko
  • 日看協 齋藤訓子副会長の特別講演を聴いて (H29/06/10 道連協特別講演会) 社会福祉法人刀圭会訪問看護ステーションりんどう管理者 高川真路美(帯広市)地域医療構想、療養病床の移行等、2025年に向けての説明と共に、訪問看護ステーションがどんどんでき潰れる時代、看護の質確保にむけ、日看協へ現場の声を届けてほしいとの熱いメッセージをいただいたと感じました。質疑応答の中で、人員不足、ターミナルケアの実情等切実な相談があり、「訪問看護は頭脳労働です。自分達だけでなんとかしようと考えず、ヘルパー、病院看護師等の資源を巻き込んでマネージメントする事が大切」との励ましが胸に残りました。お忙しい中、貴重な講演ありがとうございました。平成29年6月16日
    投稿: 2017/07/01 17:26、Sasaki Masahiko
  • 平成29年度 総会・特別講演会 アンケート集計結果 開催日時:平成29年6月10日(土) 13:00~16:00開催場所:札幌国際ホール参加者数:139名 アンケート回収数109名(回収率78.41%)【研修の内容について】 自由記載 (抜粋)平成30年に向け、タイムリーな話題だと思います。行政の動きへの知識。介護報酬算定についてのお話もあってよかった。訪問看護のありかた、課題がわかりやすかった。(6名)最新情報が聞けたことがよかった。報酬改定に向けて ...
    投稿: 2017/06/24 0:38、Sasaki Masahiko
1 - 4 / 4 件の投稿を表示中 もっと見る »

最近投稿された訪問看護TIPs

  • 採血時、末梢静脈ルート確保時の末梢神経損傷 発生頻度静脈穿刺に伴う神経損傷は、軽傷を含め6,300回に1回の頻度で発生しているとの調査結果がある。神経損傷の回復に1ヵ月以上を要する重症度の高いケースは20,500回に1回、永久損傷のケースは150万回に1回の頻度で発生しているそうだ。(Newman BH,Waxman DA, "Blood donation-related neurologic needle injury:evaluation of 2 years-worth of data from a large blood center", Transfusion ...
    投稿: 2014/08/15 16:20、Sasaki Masahiko
  • 呼吸器ケア・メモ~喀血と冷罨法~ 喀血時には胸壁に冷罨法が用いられることが多い。ヒポクラテスの時代から、出血したときには冷却が有効であると考えられていたらしい。現代の病棟でも看護師は、喀血があれば冷罨法を実施している。その根拠は、冷却によって血管自体が収縮したり、組織温度が低下し、ヒスタミンやプロスタグランジンといった血管を拡張させる物質の生成を減少させるためと考えられている。喀血時の冷罨法の効果は、現時点では医学的根拠がはっきりしない。冷罨法は、止血カスケード(凝固因子の連鎖的な活性化により止血に至るまでの一連の機序)を悪化させるという報告は多いものの、止血に有効であったという報告はほとんどない。即ち、喀血したときに冷罨法が有効かどうかは ...
    投稿: 2014/07/20 20:54、Sasaki Masahiko
  • 訪問看護療養費等に係る実施報告の為の整理票(案) 訪問看護療養費等に係る実施報告は毎年7月1日平成26年度診療報酬改定では、訪問看護療養費等に係る実施状況報告書(下記様式)を毎年7月1日に各都道府県の厚生局に届け出る必要がある。https://drive.google.com/file/d/0B6NEtsG1X0MXd1VrTjVjeW84ZG8/edit?usp=sharing日本訪問看護財団の整理票いざ報告する直前になって過去1年分のデータを集計するのでは大仕事になるので、毎月コツコツメモしていくような整理票が日本訪問看護財団から提案されている。(下記の記事参照)https://sites.google.com/site/dohoukan ...
    投稿: 2014/06/20 4:21、Sasaki Masahiko
  • 最近の糖尿病治療薬 SGLT2阻害薬の副作用情報 日本糖尿病学会がSGLT2阻害薬の使用に関するRecommendationを公表日本糖尿病学会「SGLT2阻害薬の適正使用に関する委員会」は、SGLT2阻害薬が発売されてから約1ヵ月が経過し、副作用が報告されたのを受け、SGLT2阻害薬の適正使用を呼びかけるRecommendationを公表した。 (2014年6月)RecommendationSU 薬等インスリン分泌促進薬やインスリンと併用する場合には、低血糖に十分留意して、それらの用量を減じる(方法については下記参照)。患者にも低血糖に関する教育を十分行うこと。高齢者への投与は、慎重に適応を考えたうえで開始する。発売から3ヶ月間に65歳以上の患者に投与する場合には ...
    投稿: 2014/06/16 3:26、Sasaki Masahiko
  • 最近の糖尿病治療薬 SGLT2阻害薬の小耳情報 SGLT2 阻害薬とはSGLTは、sodium glucose co-transporter)の略で、「ナトリウム・グルコース共役輸送体」と呼ばれるタンパク質の一種。体内でグルコースやナトリウムを細胞内に取り込む役割を担っている。SGLT2は、腎臓の近位尿細管に存在し、グルコースを再吸収する働きを担う。健康な人では、SGLT2の働きによって、グルコースのほとんどが再吸収され、尿糖は排泄されないが、SGLT2の再吸収能を超えた高血糖状態では、分のグルコースが尿糖として排泄される。ところが、糖尿病ではSGLT2の発現が増加してグルコースの再吸収が亢進し、高血糖を維持するような悪循環が作られている。SGLT2阻害薬は近位尿細管でのグルコース再吸収能を低下させるので ...
    投稿: 2014/06/16 3:26、Sasaki Masahiko
1 - 5 / 35 件の投稿を表示中 もっと見る »



 

最新の口コミ情報

  • 平成27年度札幌市訪看ST協議会 総会・研修会 H27/05/23 総会日時:平成27年5月23日(土) 13:30~13:50 場所:北農健保会館 大会議室 (札幌市中央区北4条西7丁目1-4)研修会日時:平成27年5月23日(土) 14:00~16:15場所: 同上 (総会後小休憩の後、開演)目的:最期まで自分らしく生きるとは何か、本人、家族の意思決定の支援を学ぶテーマ ...
    投稿: 2015/04/16 3:33、Sasaki Masahiko
  • 防災情報の収集先 札幌市のハザードマップ札幌市土砂災害危険箇所http://www.city.sapporo.jp/kikikanri/higoro/fuusui/dosha_kiken.html札幌市洪水ハザードマップhttp://www.city.sapporo.jp/kikikanri/higoro/fuusui/ssh_map.html札幌市中小河川洪水ハザードマップhttp://www.city.sapporo ...
    投稿: 2014/09/14 16:55、Sasaki Masahiko
  • 厚別区 心の健康特別講座 H26/02/19 平成25年度 厚別区自殺対策事業  こころの健康特別講座こころのサイン 見逃さないで!~皆で支えるこころの病・精神科医からのメッセージ~日時:平成26年2月19日(水) 13:30~15:30場所:厚別区民センター2F 区民ホール(札幌市厚別区厚別中央1条5丁目3-14)講師:伊藤 かほり 氏 (新さっぽろメンタルクリニック院長・精神科医師)参加費:無料、申込不要定員:200名 ...
    投稿: 2014/01/16 2:43、Sasaki Masahiko
  • 平成25年度介護サービス事業者集団指導 H26/01/24 日時:平成26年1月24日(金) 14:00~16:00 (13:30開場)場所:札幌市民ホール大ホール内容:実地指導結果等を踏まえた留意事項について業務管理体制について生活保護法における介護機関の指定等について介護労働者の労働条件等について(労働基準監督署より)高齢者福祉施設の火災対策について福祉輸送について(北海道運輸局より)対象者:事業所ごとに管理者または代表者1名資料と出席票:下記URLからダウンロード。出席票は予め記入して持参し、当日提出する。http://www.city.sapporo ...
    投稿: 2014/01/16 2:46、Sasaki Masahiko
  • 【参加報告】指定訪問看護事業者の集団指導 H25/10/18 集団指導実施の次第北海道厚生局と北海道保健福祉部健康安全局国保医療課長寿医療グループの共催による集団指導が下記要領で実施された。日時:平成25年10月18日15:00~17:00場所:かでる2・7 8F 820研修室対象:石狩振興局および札幌市管内の訪問看護事業所の内、1/3の事業所 (案内を送付した事業所のみ)資料1 指定訪問看護事業者の集団指導の実施について(通知)当日の配布資料資料2 医療保険制度と訪問看護資料3  診療報酬改定H24 Q&A資料4  H240326保発0326第6号(抜粋 ...
    投稿: 2013/11/10 17:54、Sasaki Masahiko
1 - 5 / 55 件の投稿を表示中 もっと見る »
 



FB:DoHokan