シンポジウム概要

【開催要項】
■シンポジウム名
「大学」×「技術」×「BOP」- 日本発、世界を変えるイノベーション
■ 開催日時・場所
2010年3月20日(土) 10:00 - 17:00
政策研究大学院大学 想海樓ホール
 ※会場へのアクセスはこちら
■ 主催
「大学」×「技術」×「BOP」シンポジウム実行委員会
■ 共催
政策研究大学院大学
■ 参加申込/お問い合わせ
参加申込、およびイベント、その他のお問い合わせは、左記のサイドバーのフォームよりお願いいたします。
申込期限は3月18日(木)24:00です。
 ※参加費は無料です。
 ※定員(250名)到達次第の締め切りとさせて頂きます。

【テーマ概要】
    BOPビジネスが注目されています。これは、世界の人々が貧困削減という地球規模の課題に対し、自ら何か出来ないかを考え始めている、ということです。こうした流れの中、日本の大学で学ぶ我々が何か出来ることはないかと考え、この企画が始まりました。社会全体に奉仕する大学の役割・日本の高い技術リソースを生かし、日本からも地球規模の社会貢献を出来ないか、その「思い」を「行動」に移したのが今回のシンポジウムです。
    本シンポジウムでは、米国の大学、日本の大学、産業界での先駆的な取組みを紹介し、皆さんが地球規模の社会問題解決に取り組むきっかけ作りをお手伝いしたいと考えています。我々(実行委員)も、問題意識を共有し、未来を創るという強い意志を持った個人の集合体として、今後も様々なリソースを繋げる役割を担っていきます。皆さんの意思をつなぎ、日本全体、さらに世界全体を変えるイノベーションが多く生まれることを願ってやみません。