第15回定例研究会

日時:2015年3月14日(土)
場所:法政大学市ヶ谷キャンパス

・ 日時:2015年3月14日(土)13:30~17:00

・ 場所:法政大学 ボアソナードタワー11階 BT1104番教室いつもと違う教室です。ご注意ください。下記会場案内をご参照下さい。)

・ 事前登録:人数把握のため事前に下記問い合わせ先までご連絡をお願い致します。

問い合わせ,申込み先:
  電気通信大学 猪原敬介
  E-mail: kei.inohara@gmail.com

・ プログラム

1)研究発表(口頭発表一人20分,発表者氏名敬称略)

猪原敬介(電気通信大学)

<タイトル>
日本語コーパスにおける部首と関連した言語出現の統計的規則性

<アブストラクト>
 日本語には2000字を超える常用漢字があり,母語として日本語を学ぶ子どもにとって,これは本来大きな困難である。しかし実際には多くの子どもは問題なく漢字を学習していく。この学習を支える要因の一つとして,漢字に含まれる部首が想定されている。これまでの先行研究は部首と意味との関係について主観的な評定をさせるという方法論によってこのことを検討してきたが,本研究は大規模日本語コーパスの解析および計算機シミュレーションにより,客観的な指標によって部首の効果について検討した。実験1では,同じ部首を持つ漢字同士が類似した文および段落に出現する傾向があることが明らかになった。実験2では,同じ部首を持つ漢字を含む名詞は,類似した動詞をその後に伴う確率が高いことが明らかになった。これらの結果は,子どもが学習時に触れる日本語の中に部首と連動する言語出現の統計的な規則性が埋め込まれており,そのことが子供の学習を助けている可能性を示唆している。

小山内秀和(京都大学)

<タイトル>
聞き手の知識状態による発話量調整は心の理論と関連するか?

<アブストラクト>
 本研究は,聞き手と知識を共有しているときにみられる発話量の減少が心の理論能力と関連するかを「ストーリーテリング課題」 (古見他, 2014) を用いて検討した。その結果,参加者の発話量は聞き手と違う物語を読んだ条件よりも同じ物語を読んだ条件で減少したが,心の理論能力との関連は見られなかった。

梶井直親(法政大学)

<タイトル>
アニメ理解過程に影響する状況的次元の検討

<アブストラクト>
 本研究は,イベントインデックスモデルの枠組を用いて,アニメ理解に影響する状況的次元について検討した。また,ストーリーアニメとギャグアニメの2つのジャンルの作品を用い,ジャンルの違いについても検討した。その結果,ストーリーアニメとギャグアニメでは,それぞれ異なる状況的次元の変化が,理解過程に関わっていることが示された。また,補助的変数のうち,BGMの終了が,両ジャンルにおいて理解過程に関わっていることが示唆された。つまり,アニメを視聴する際には,BGMが終了した時をキーとして,状況モデル更新を行っている可能性が考えられる。今後,アニメ理解については,BGM以外の音響効果や,映像の修辞など,さらなる変数の影響について検討する必要がある。

津村将章(九州産業大学)

<タイトル>
物語広告のクリエイティブに関する研究

<アブストラクト>
 本研究では、これまで物語に関して研究が蓄積されている3つの分野(物語理解・物語論・脚本論)を統合し、マーケティングROI(return on investment)の観点から物語広告について分析を行うものである。さらに、ROIが高い物語広告のクリエイティブをどのように制作するのかについて提言を行うことを目的としている。 分析の結果、ROIが高い物語広告は次のような特徴が見られた。1.目標、葛藤・困難の描写。2.達成・解決の描写。3.違和感の描写と解消。これらの知見をもとに、ROIが低い物語広告への提言を行った。

根本勇也(法政大学)

<タイトル>
身近なネガティブ感情に対する筆記の影響

<アブストラクト>
 本研究の目的は,自身の身近なネガティブ感情を筆記することによって,筆記者の感情にどのような効果をあたえるかを,対立する2つの仮説を立てて検討することであった。実験は大学生を対象に,映像刺激を見て自分が感じた気持ちを筆記するネガティブ感情筆記群,映像刺激とは関係のない文章を書き写す作業を行う中性話題筆記群,筆記作業を行わずに静かに待機する無筆記群の3群に無作為に分けた。各群の多面的感情状態尺度の回答を分散分析によって比較した。その結果,多面的感情状態尺度の下位尺度の1つである抑うつ・不安項目群において,実験操作後にネガティブ感情筆記群が中性話題筆記群より有意に高くなり,非活動的快項目群において,ネガティブ感情筆記群が無筆記群より有意に低くなった。身近なネガティブ感情について筆記を行うとネガティブ感情が高まり,ポジティブ感情が低くなる傾向が示され,日常的な場面で筆記を行う場合に注意が必要なことがあると示唆された。


2)特別講演(1時間)

柴崎秀子先生(長岡技術科学大学)

<タイトル>
L2読解モデルの構築-L1能力はL2読解のどこにどのように影響するか-

<アブストラクト>
 120名の日本人高校2年生を対象に実験を行い,作動記憶容量,L2語彙知識,L2文法知識を説明変数とし,一般的な内容のL2テキスト及び特殊な内容のL2テキストを従属変数とするSEMによるモデルを構築した。さらに,L1リテラシー(この場合は国語の総合能力)を変数に加えたところ,適合度の高いモデルが構築された。同時に,L1リテラシーがL2語彙能力の説 明変数であること,L1リテラシーが高い読み手はL2読解における推論能力が高いことが示された。このことから,英語の語彙数を増やすには国語の能力が必要であること,特殊な内容の英語テキストを推論能力を使って理解するにも国語の能力が必要であることが示唆された。
 本発表では,実験を行う際に起こる問題に対する対処についてもお話ししたいと思います。


3)懇親会(自由参加)

・ 参加費:無料(研究会終了後,親睦会を計画しています。こち
らは実費あるいは会費制とします。)

会場案内:

法政大学市ヶ谷キャンパス

  ボアソナードタワーは,市ヶ谷キャンパス内の26階建てのビルです。
  エレベーターはオレンジ(低層階用)と青(高層階用)の2種類あります。
  どちらもご利用できますが,青いエレベータの方が便利です。
  そのまま直接,11階のBT1104教室までお越しください。
  守衛所等で受け付けなどは必要ありません。
  なお,緊急の連絡先は,03-3264-9382(福田由紀研究室直通),
  03-3264-5024(実験室付属の準備室)です。
  http://www.hosei.ac.jp/hosei/campus/annai/ichigaya/access.html
  http://www.hosei.ac.jp/hosei/campus/annai/ichigaya/campusmap.html



(以下は,発表者募集時の案内)

【発表時間】
 質疑を含めて20分(発表希望者が増えれば,15分になる可能性あり)

【タイトル・アブストラクト】
 関心のある研究者の方になるべく多く参加して頂くため,開催日の3週間前まで(2月21日(土)24時まで)に,発表のタイトルとアブストラクトを私宛に提出をして頂き,学会メーリングリストなどにて周知を行うことにしています。ただし,発表者の方のご都合もありますので,タイトルは「仮でも良いので提出」,アブストラクトは「可能であれば提出(短くても良い)」となっております。

【要旨】
 タイトル・アブストラクトに加えて,研究発表会では,以下のような要旨をA41枚で提出して頂くことになっています。

・ 発表論文集を作成しますので、発表原稿(pdf)を下記連絡先までお送りください。
・ 原稿の書式等は、認知心理学大会発表論文集のものに準じ、A4用紙一枚とします。
・ 特定のテーマは設けませんので、何らかの意味でディスコースに関連すると思われるものなら何でも結構です。
・ 当日は,この発表原稿を印刷したものを配布します。基本的には,その他の配布資料はなしの予定です(必要な場合は仰って下さい)
・ 当研究部会ウェブサイトに発表題目と発表者名を掲載予定です。ご了解をお願い致します。

 タイトル・アブストラクトは3週間前までの提出ですが,こちらは(できれば)1週間前の3月7日(土)24時までにご提出ください。〆切が厳しい場合はご相談ください。