業 績 一 覧
(冨田恭彦)


A.著書(単著)

 1.冨田恭彦
        『ロック哲学の隠された論理』
   勁草書房、1991年、261+ii頁

 2.冨田恭彦
        『クワインと現代アメリカ哲学』
   世界思想社、1994年、224+viii

 3.Yasuhiko Tomida
          Idea and Thing: The Deep Structure of Locke's Theory of Knowledge
          in Anna-Teresa Tymieniecka (ed.), Analecta Husserliana, 46 (1995), pp. 3–143.

 4.冨田恭彦
        『アメリカ言語哲学の視点』
   世界思想社、1996年、222+ix

 5.冨田恭彦
        『科学哲学者柏木達彦の多忙な夏──科学ってホントはすっごくソフトなんだ、の巻』
   ナカニシヤ出版、1997年、235

 6.冨田恭彦
        『科学哲学者柏木達彦の冬学期──原子論と認識論と言語論的転回の不思議な関係、の巻』
   ナカニシヤ出版、1997年、220

 7.冨田恭彦
        『科学哲学者柏木達彦の秋物語──事実・対象・言語をめぐる四つの話、の巻』
   ナカニシヤ出版、1998年、234

 8.冨田恭彦
        『哲学の最前線──ハーバードより愛をこめて』
   講談社現代新書、1998年、208

 9.冨田恭彦
        『科学哲学者柏木達彦の春麗ら──心の哲学、言語哲学、そして、生きるということ、の巻』
   ナカニシヤ出版、2000年、225

10.Yasuhiko Tomida
          Inquiries into Locke's Theory of Ideas
          Hildesheim, Zürich and New York: Georg Olms, 2001, xviii+212 pp.

11.冨田恭彦
        『科学哲学者柏木達彦の番外編──翔と詩織、あるいは、自然主義と基礎づけ主義をめぐって、の巻』
   ナカニシヤ出版、2002年、242頁

12.冨田恭彦
        『観念論ってなに?──オックスフォードより愛をこめて』
   講談社現代新書、2004年、219頁

13.冨田恭彦
        『対話・心の哲学──京都より愛をこめて』
   講談社現代新書、2005年、297頁

14.冨田恭彦
        『観念説の謎解き──ロックとバークリをめぐる誤読の論理』
   世界思想社、2005年、235+viii頁

15.冨田恭彦
        『アメリカ言語哲学入門』
   ちくま学芸文庫、2007年、321頁
        (『アメリカ言語哲学の視点』の改訂増補文庫版)

16.Yasuhiko Tomida
   The Lost Paradigm of the Theory of Ideas: Essays and Discussions with John W. Yolton
          Hildesheim, Zürich and New York: Georg Olms, 2007, xiii+220 pp.

17.Yasuhiko Tomida
          Quine, Rorty, Locke: Essays and Discussions on Naturalism
          Hildesheim, Zürich and New York: Georg Olms, 2007, xx+176 pp.

18.冨田恭彦
        『科学哲学者 柏木達彦の多忙な夏──科学がわかる哲学入門』
   角川ソフィア文庫、2009年、285頁
        (『科学哲学者柏木達彦の多忙な夏──科学ってホントはすっごくソフトなんだ、の巻』の改訂増補文庫版)

19.冨田恭彦
        『科学哲学者 柏木達彦のプラトン講義』
   角川ソフィア文庫、2009年、283頁
        (『科学哲学者柏木達彦の秋物語──事実・対象・言語をめぐる四つの話、の巻』の改訂増補文庫版)

20.冨田恭彦
        『科学哲学者 柏木達彦の哲学革命講義』
   角川ソフィア文庫、2010年、283頁
        (『科学哲学者柏木達彦の冬学期──原子論と認識論と言語論的転回の不思議な関係、の巻』の改訂増補文庫版)

21.Yasuhiko Tomida
          Locke, Berkeley, Kant: From a Naturalistic Point of View
          Hildesheim, Zürich and New York: Georg Olms, 2012; 2nd edn., revised and enlarged, 2015, xvi+239 pp.

22.冨田恭彦
        『観念論の教室』
   ちくま新書、2015年、238頁

23.冨田恭彦
        『ローティ──連帯と自己超克の思想』
   筑摩選書、2016年、306頁

24.冨田恭彦
        『カント哲学の奇妙な歪み──『純粋理性批判』を読む』(仮題)
   近刊

25.冨田恭彦
        『カント入門講義──超越論的観念論のロジック』(仮題)
   近刊


B.著書(共著)

 1.大森荘蔵・滝浦静雄・中村雄二郎・藤沢令夫・市川浩・加藤尚武・木田元・坂部恵・坂本賢三・竹市明弘・村上陽一郎編
        『新岩波講座哲学 第6巻 物質 生命 人間
   岩波書店、1986年、356頁
   担当箇所:III 物質系としての生命 2 因果律と目的論 130–151頁

 2.丸山高司・小川侃・野家啓一編
        『知の理論の現在
   世界思想社、1987年、291+ix頁
   担当箇所:II 知の地平 2 言語──概念図式の問題をめぐって 81–94頁

 3.竹市明弘・常俊宗三郎編
        『哲学とはなにか──その歴史と可能性
   勁草書房、1988年、317頁
   担当箇所:III 現代哲学の方法と立場 七 分析哲学 161–172頁


 4.新田義弘・丸山圭三郎・子安宣邦・三島憲一・丸山高司・佐々木力・村田純一・野家啓一編
        『岩波講座現代思想 第4巻 言語論的転回
   岩波書店、1993年、326頁
   担当箇所:二 言語論的哲学の展開 7 言語行為論とプラグマティクス 183–208頁

 5.牧野英二・中島義道・大橋容一郎編
        『カント──現代思想としての批判哲学
   情況出版、1994年、299頁
   担当箇所:3 現代哲学とカント ローティとカント 143–151頁

 6.宗像恵・中岡成文編
        『西洋哲学史〔近代編〕
   ミネルヴァ書房、1995年、286+22頁
   担当箇所:第4章 形而上学解体の動き(1) 1 ロック 89–94頁

 7.竹市明弘・金田晉編
        『久野昭教授還暦記念 哲学論文集
   以文社、1995年、562頁
   担当箇所:観念形成における自由と創造性──ロックの観念説再解釈に向けての一つの試み 47–68頁

 8.四日谷敬子・内藤道雄編
        『形象と言語──その哲学的背景と課題
   世界思想社、1997年、247+iv頁
   担当箇所:I  言語 1 言語論的転回再考──祭りのあとで 18–52頁

 9.Arno Baruzzi and Akihiro Takeichi (eds.)
          Ethos des Interkulturellen: Was ist das, woran wir uns jetzt und in Zukunft halten können?
          Würzburg: Ergon, 1998, 263 pp.
   担当箇所:I. Die Zukunft des Menschen "Anti-Relativismus und menschliche Kreativität bei Donald Davidson"
          pp. 30–39.

10.Tadashi Ogawa, Michael Lazarin and Guido Rappe (eds.)
          Interkulturelle Philosophie und Phänomenologie in Japan: Beiträge zum Gespräch über Grenzen hinweg
          München: Iudicium, 1998, 421 pp.
   担当箇所:"Colton on Cartesian Images" pp. 30–39.

11.野家啓一・村田純一・伊藤邦武・中岡成文・内山勝利・清水哲郎・川本隆史・井上達夫編
        『岩波新・哲学講義 3 知のパラドックス
   岩波書店、1998年、219頁
   担当箇所:II セミナー 2 言語論的転回と近代観念説 99–124頁

12.有福孝岳編
        『認識と情報──リレー講義録 総合人間学を求めて①
   京都大学学術出版会、1999年、277頁
   担当箇所:[第7講]観察と理解──科学哲学からのアプローチ 179–199頁

13.竹市明弘・渡辺雄三・早川勇編
        『心とコミュニケーション──精神環境の探求
   勁草書房、1999年、316頁
   担当箇所:II 精神環境の基礎知識と考え方《言語コミュニケーション》 一 言語コミュニケーションの基礎 c 翻訳と異文
   化理解──異文化理解の基礎となる好意の原理 159–166頁

14.Stephen Gaukroger, John Schuster and John Sutton (eds.)
          Descartes' Natural Philosophy
          London: Rutledge, 2000, 767 pp.
   担当箇所:Part IV Imagination and representation, 22d "Descartes, Locke, and 'direct realism'" pp. 569–575.

15.石黒武彦編
        『科学と人文系文化のクロスロード
   萌書房、2008年、185頁
   担当箇所:第3章 全体論・語彙・創造性──科学/そのしなやかなるがゆえに強靱な 43–67頁

16.Sarah Hutton and Paul Schuurman (eds.)
Studies on Locke: Sources, Contemporaries, and Legacy
   Dordrecht: Springer, 2008, ix+289 pp.
   担当箇所:15 "Locke's 'Things Themselves' and Kant's 'Things in Themselves': The Naturalistic Basis of 
   Transcendental Idealism" pp. 261–275.

17.飯田隆・伊藤邦武・井上達夫・川本隆史・熊野純彦・篠原資明・清水哲郎・末木文美士・中岡成文・中畑正志・野家啓一・
   村田純一編
        『岩波講座哲学 第14巻 哲学史の哲学
   岩波書店、2009年、278頁
   担当箇所:II 哲学史を読み直す 2 認識論史の終焉 171–195頁

18.S.-J. Savonius-Wroth, Paul Schuurman and Jonathan Walmsley (eds.)
The Continuum Companion to Locke
   London and New York: Continuum, 2010, xx+330 pp.
   担当箇所:4. Concepts "Number and Infinity" pp. 191–193.

19.Landall E. Luxier and Lewis Edwin Hahn (eds.)
The Philosophy of Richard Rorty
   Chicago and La Salle: Open Court, 2010, xxiv+756 pp.
   担当箇所:Part Two: Descriptive and Critical Essays on the Philosophy of Richard Forty, with Replies, II. The World
   Well Lost: Language, Representation, and Truth, 12 "Davidson-Rorty Antirepresentationalism and the Logic of the 
   Modern Theory of Ideas" pp. 293–309.


C.学術論文(単著)

 1.冨田恭彦
        「知覚表象説と分節音──ロックの言語説の諸問題から」
        『叡山学院研究紀要』第2号、1979年、87–98頁

 2.冨田恭彦
        「「対象」の問題──フレーゲの見解をめぐって」
        『哲学論叢』(京都大学哲学論叢刊行会編)第7号、1980年、33–41頁

 3.冨田恭彦
        「フッサール研究(1)──学問・学問論・純粋論理学」
        『叡山学院研究紀要』第3号、1980年、66–75頁

 4.冨田恭彦
        「ロックの単純観念のある統一的性格」
        『哲学』(日本哲学会編)第31号、1981年、135–143頁

 5.冨田恭彦
        「サール哲学のその後──精神哲学による言語哲学の基礎づけ」
        『理想』第590号、1982年、49–65頁

 6.冨田恭彦
        「単純観念と抽象──ロックの「観念の道」の一問題」
        『京都教育大学紀要』Ser. A, No. 63、1983年、59–70頁

 7.冨田恭彦
        「ローティ『哲学と自然の鏡』」
        『現代思想』第14巻第4号、1986年、138–143頁

 8.冨田恭彦
        「基礎づけか連帯か──アーペルに対するローティ擁護の試み」
        『思想』第743号、1986年、29–44頁

 9.冨田恭彦
        「直観・語彙・自己形成──西洋の「対話」のローティ思想における一つの帰結」
        『理想』第643号、1987年、35–44頁

10.冨田恭彦
        「ロックにおける経験的対象と物自体──「知覚のヴェール説」的ロック解釈に対する批判の試み」
        『思想』第787号、1990年、101–116頁

11.冨田恭彦
        「自然種名と二種類の本質──ロックと「新しい指示理論」」
        『人文』(京都大学教養部編)第36集、1990年、1–27頁

12.冨田恭彦
        「整合主義的創造活動としての哲学──分析哲学の将来に寄せて」
        『科学哲学』(日本科学哲学会編)第23号、1990年、1–9頁

13.冨田恭彦
        「反相対主義の一つのかたち──デイヴィドソンの解釈説が示唆するもの」
        『倫理学研究』(関西倫理学会編)第21集、1991年、74–84頁

14.Yasuhiko Tomida
   "A Phenomenological Interpretation of John Locke's Distinction between Sensible and Intelligible Ideas"
   Phenomenological Inquiry, 16 (1992), pp. 5–27.

15.冨田恭彦
        「分析性・規約・全体論──最近の資料に見るクワインとカルナップの初期の関係」
        『人文』(京都大学教養部編)第39集、1993年、1–16頁

16.冨田恭彦
        「反表象主義と自己形成」
        『理想』第651号、1993年、48–57頁

17.冨田恭彦
        「根本的翻訳と根本的解釈」
        『現象学年報』(日本現象学会編)第9号、1993年、65–79頁

18.冨田恭彦
        「経験論の再検討──その自然主義的枠組みをめぐって」
        『アルケー』(関西哲学会編)第2号、1994年、137–145頁

19.冨田恭彦
        「千角形と千面体──ロック解釈の練習問題」
        『京都大学総合人間学部紀要』第1号、1994年、1–11頁

20.冨田恭彦
        「超越論哲学と分析哲学──デイヴィドソン的反表象主義と近代観念説の論理」
        『哲学』(日本哲学会編)、第45号、1995年、47–59頁

21.冨田恭彦
        「「観念」の論理再考──デカルトにおける形而上学と自然学との間」
        『人間存在論』第1号、1995年、111–121頁

22.冨田恭彦
        「心像論的ロック解釈再考──エアーズに答えて」
        『京都大学総合人間学部紀要』第2号、1995年、33–44頁

23.冨田恭彦
        「言語論的観念論と近代認識論──ローティ・クワイン・エアーズ・ウィルソン・ロック」
        『人間存在論』第2号、1996年、81–90頁

24.Yasuhiko Tomida
   "The Imagist Interpretation of Locke Revisited: A Reply to Ayers"
Locke Newsletter, 27 (1996), pp. 13–30.

25.冨田恭彦
        「イギリス経験論と現代アメリカ哲学」
        『真宗総合研究所研究紀要』第14号、1996年、57–68頁

26.Yasuhiko Tomida
   "Quinean Naturalism and Modern History of Philosophy"
   Annals of the Japan Association for Philosophy of Science, 9, no. 3 (1998), pp. 27–34.

27.冨田恭彦
        「ロックの「観念」の論理空間・再考」
        『思想』第910号、2000年、63–84頁

28.冨田恭彦
        「心像論的ロック解釈の再検討」
        『思想』第920号、2001年、78–98頁

29.冨田恭彦
        「バークリの観念説の矛盾」
        『アルケー』(関西哲学会編)第9号、2001年、15–25頁

30.冨田恭彦
        「バークリ再考──ロックとの比較」
        『思想』第929号、2001年、99–116頁

31.冨田恭彦
        「バークリ再考(II)──物質否定論の諸前提」
        『思想』第936号、2002年、41–63頁

32.Yasuhiko Tomida
"Locke, Berkeley, and the Logic of Idealism"
   Locke Studies, 2 (2002), pp. 225–238.

33.Yasuhiko Tomida
        "Locke, Berkeley, and the Logic of Idealism II"
        Locke Studies, 3 (2003), pp. 63–91.

34.冨田恭彦
        「クワイン先生を回顧して──遅ればせの追悼文」
        『理戦』第75号、2003年、60–83頁

35.Yasuhiko Tomida
"Sensation and Conceptual Grasp in Locke"
   Locke Studies, 4 (2004), pp. 59–87.

36.Yasuhiko Tomida
"'Separation' of Ideas Reconsidered: A Response to Jonathan Walmsley"
Locke Studies, 5 (2005), pp. 39–56.

37.Yasuhiko Tomida
"Locke's Representationalism without Veil"
British Journal for the History of Philosophy, 13 (2005), pp. 675–696.

38.冨田恭彦
        「反本質主義・偶然性・社会正義──ローティの社会哲学再考」
        『同志社大学ヒューマン・セキュリティ研究センター年報』第3号、2006年、85–99頁

39.Yasuhiko Tomida
"The Lockian Materialist Basis of Berkeley's Immaterialism"
   Locke Studies, 10 (2010), pp. 179–197.

40.Yasuhiko Tomida
"Ideas without Causality: One More Locke in Berkeley"
   Locke Studies, 11 (2011), 139–154.

41.Yasuhiko Tomida
"Experiential Objects and Things Themselves: Locke's Naturalistic, Holistic Logic, Reconsidered"
   Locke Studies, 14 (2014), 85–102.

42.冨田恭彦
        「古典的経験論と自然主義」
        『人間存在論』(京都大学大学院人間・環境学研究科『人間存在論』刊行会編 )第21号、2015年、75–85頁

43.冨田恭彦
        「カントの超越論的観念論の歪んだ論理空間──『純粋理性批判』の自然主義的基盤・再考」
        『思想』第1100号、2015年、68–93頁

44.冨田恭彦
        「カントの「一般観念」説と図式論」
        『思想』第1108号、2016年、117–139頁

45.冨田恭彦
        「「ロックと言えばタブララサ」考」
        『人間存在論』(京都大学大学院人間・環境学研究科『人間存在論』刊行会編 )第22号、2016年、43–47頁


D.学術論文(共著)

 1.Yoshiko Takenaka and Yasuhiko Tomida
"Locke's Naturalism Reconsidered: From the Viewpoint of Modern Microphysics"
   in Yasuhiko Tomida (ed.), Locke and Kant: A Report of the JSPS Scientific Research 2005–2008 (Kyoto: Kyoto 
   University, 2009), pp. 25–35.

 2.木村由佳/冨田恭彦
        「「わたし」論・試論──ブーバー的視点の、発達心理学からの展開」
        『ヒューマンセキュリティ・サイエンス』(ヒューマンセキュリティ・サイエンス学会編)第6号、2011年、27–43頁


E.その他

【対談】
 1.W.V.クワイン/冨田恭彦
        「ある経験論的自然主義者の軌跡──クワインとの対話」
        『思想』第825号、1993年、4–30頁

【翻訳】
 1.J.ミッテルシュトラース「哲学か科学論か」(共訳 共訳者:安彦一恵)
        『思想』第667号、1980年、244–262頁

 2.ハインリッヒ・ロムバッハ「哲学の現在」(共訳 共訳者:門田克弘)
   竹市明弘編『哲学の変貌』岩波書店、1984年、133–162頁

 3.リチャード・ローティ「認識論的行動主義と分析哲学の脱超越論化」(共訳 共訳者:野村正直)
   竹市明弘編『分析哲学の根本問題』晃洋書房、1985年、360–401頁

 4.リチャード・ローティ「ポストモダンについて──ハーバーマスとリオタール」(単訳)
        『思想』第744号、1986年、126–143頁

 5.R.ローティ『連帯と自由の哲学──二元論の幻想を超えて』(単訳)
   岩波書店、1988年、289頁

 6.ミーラ・ヴィスワナサン「『いきの「構造」』の構造」(単訳)
        『理想』第643号、1990年、122–127頁

 7.リューディガー・ブープナー「カント・超越論的論証・演繹の問題」(共訳 共訳者:望月俊孝)
   竹市明弘編『超越論哲学と分析哲学──ドイツ哲学と英米哲学の対決と対話』
   産業図書、1992年、3–21頁

 8.リチャード・ローティ「超越論的論証・自己関係・プラグマティズム」(共訳 共訳者:望月俊孝)
   竹市明弘編『超越論哲学と分析哲学──ドイツ哲学と英米哲学の対決と対話』
   産業図書、1992年、23–67頁

 9.ディーター・ヘンリッヒ「挑戦者か競争者か──超越論的戦略に関するローティの報告について」
        (共訳 共訳者:望月俊孝)
   竹市明弘編『超越論哲学と分析哲学──ドイツ哲学と英米哲学の対決と対話』
   産業図書、1992年、3–21頁

10.W.V.クワイン「「二つのドグマ」を回顧して」(単訳)
        『思想』第861号、1996年、124–136頁

11.W.V.クワイン「観察文をたたえて」(単訳)
        『思想』第861号、1996年、137–147頁

12.ジョン・R・サール『志向性──心の哲学』(共訳 共訳者:坂本百大、藤本隆志、坂井秀壽、野矢茂樹、渡辺忠、大杉佳
   弘、信原幸弘、生源寺知二、山田友幸、鈴木登、安藤道夫、大沢秀介)
   誠信書房、1997年、401頁

13.リチャード・ローティ「予測不能のアメリカ帝国」(単訳)
        『ラチオ』01号、2006年、162–177頁

14.ノウアム・チョムスキー「単純な真理・難しい問題──テロと正義と自衛に関するいくつかの考え」(単訳)
        『ラチオ』02号、2006年、8–44頁

15.リチャード・ローティ『文化政治としての哲学』(共訳 共訳者:戸田剛文)
   岩波書店、2011年、282+8頁

16.リチャード・ローティ「科学としての哲学・メタファーとしての哲学・政治としての哲学」(単訳)
        『思想』第1106号、2016年、51–81頁