甲府で『喜びの歌』を歌おう!

【富士の国やまなし・国民文化祭参加事業】
 
  
 

多数のご来場ありがとうございました!

 
ベートーベン作曲 交響曲第九番“合唱付き”
音楽監督: 川上洋司(東京芸術大学教授,甲府一高出身)
期日: 平成25年8月25日(日) 14:00~
会場: コラニー文化ホール(県民文化ホール)
 
今年度(平成25年度)に山梨県で開催される国民文化祭の参加行事として,日本を代表する山梨県出身の声楽家・平野忠彦氏等を発起人として,第九を発表する準備を3年前から進めてきました。
音楽を通して,生きる喜びを感じあえるよう,また,垣根を越えた人々のつながりが,広く山梨県内の様々な分野の活性化の起点となることも願って活動を展開してきました。
音楽活動は老化防止にも役立つ効用があるとも言われており,元気な県民が豊かな山梨,住みよい山梨を作るとも考えられます。
合唱の経験のない方々、ドイツ語を勉強したことのない方々、楽譜を読めない方々も練習を繰り返すことによって歌えるようになりました。
オーケストラメンバーも県内のみならず県外からも参集し、練習を積み重ねてきました。
様々な思いのこもった素晴らしいハーモニーに仕上がりました。
多くの方々のご来場に参加者一同感謝しております。



平成25年8月25日 コラニー文化ホール
画像をクリックすると拡大表示されます。



平成25年8月24日 最終練習の風景
画像をクリックすると拡大表示されます。

平成25年8月18日の練習風景 
画像をクリックすると拡大表示されます。



平成25年8月4日の練習風景  山梨日日新聞掲載記事(掲載許可済み)
記事をクリックすると拡大表示されます。


管弦楽団: やまなし国民文化祭オーケストラ(甲府一高OB・OGとその仲間たち)
合 唱 団 : やまなし国民文化祭合唱団(甲府一高OB・OGとその仲間たち)








 



2)  参加者から演奏会後に寄せられたメッセージ 

●素晴らしい第九になりましたね。達成感と感動でいっぱいです。参加させていただいて本当によかったです。ありがとうございました。

●おかげさまで、最高の思い出ができました。まだ余韻に浸っています。音楽の美しさをオーケストラのすぐ近くで感じながら、すばらしいソリストの方々と同じステージで思い切り歌うしあわせ、2年前には夢でしかなかったのですがDREAM COME TRUE !

●長い 間 お世話に なりました。成功に 終わって 感激一杯です。

●昨日は充実した演奏会を実現してくださいまして、本当にありがとうございました。先輩に連れて行っていただき、片道5時間もかかる新潟へ戻るため、ご挨拶もそこそこに帰ってしまいました。どうぞこれからも、皆様方がキラキラした音楽活動ができますように、そして、可能ならばどこかの演奏機会にお会いできますように、期待しております。ありがとうございました。

●途中めげることも多々ありましたが、皆様に励まされ最後まで頑張って良かったです。私自身は未熟のままですが、やり終えた満足感充実感でいっぱいです。

●お疲れ様でした。皆さんは演奏に集中して、その一点に没頭だったでしょう。私はやや余裕がありましたのでこんなことを感じました。つまり、この光景は日本の現代、未来の社会の好ましい理想ではないかと。熟年が自らの精神世界の楽しみを追及し、ボランティアで、若者の活動できる社会を実現してあげることが出来ると。皆さんは今回のことでそのノーハウを手にしました。今回限りの、と思っていた方も自分が楽しみながら社会貢献が実現できることを実感されたのではないでしょうか。とりあえずおめでとうございました。皆さんの今後の生活は希望に満ちています。

●終わりました。よく暗譜出来たものと不思議なきがします。今は 充実感と虚脱感とない交ぜとなっています。佳い思い出となりましょう。たいへんな 労力でございましたですね。有り難うございました。深く深く 感謝いたします。

●第九、とても楽しかったです! はまって行く人々の気持ちがわかりました… 今、心にぽっかり穴が開いている感じです…本当に長い間、お疲れ様でした!

●お陰様にて楽しい第九合唱をする事が出来ました。第九、第九と明け暮れしていた日々が嘘みたいに静かな日常に戻りました。 ちょっぴり寂しいです。又、機会がありましたら声をかけて下さい。
 
 



3)  記念CDに寄せられたメッセージ

第九演奏会のCD 頂きました。 繰り返し聴きました。これが 私たちの演奏なのかと 感動です。  有り難うございました。  CDが送られてくるとは 思っても今せんでしたから とても 感動でした。 文明ですね。 ウォークマンに 移して貰います。 孫が やって くれます。   御礼迄。

いろいろとお世話になりましてありがとうございました。いい思い出になります。ご活躍ください。

事務局の皆様には、長期にわたり、お世話いただきありがとうございました。そしてご苦労様でした。大盛況だったのは、皆様のかげのお力のたまものと心から感謝しております。今日さっそく素敵なCDが届きました。これからゆっくり聴かせていただきます。良い思い出になります。皆様お体たいせつに!もうyoungではないと思いますので・・・。(当方も・)またお会いできる日までごきげんよう!ありがとうございました。

素晴らしい経験をさせて頂き、感謝しております。お送り頂いたCD、よい記念です。ありがとうございました!!

お送りいただきました国文祭第九のCD,ありがとうございました。大切な宝物になりました。

CDを受け取りました。有難うございました。聴くとなかなかの演奏です。参加させて頂いて懐かしさ、人との繋がり、絆を感じた
演奏会でした。又の機会を期待しています。

●CDをいただきました。また感激新たでした。暗譜など歌うことだけで精一杯、お役に立てませんでした。お手間をおかけして深謝です。ありがとうございました。

●昨日,記念CD頂きました。こんなことまでして頂けるんですねーーー。練習のたびに事務局の運営の素晴らしさに感心しておりました。皆さん仕事をお持ちでお忙しい方たちなのに、本当によくやってくださいました。私などは半年だけの参加で、何のお役にも立てなかったのに、皆さんは3年間!お疲れ様でした。今年一番の良い思い出を作ってくださって有難うございました。

昨日CDが届き、早速聴きました。立ちっぱなしでぶっ通し2時間、エアコンも効かないあの暑い暑い白熱レッスンを重ねて迎えた本番、生涯一度の感動と感激が甦ってきました。ソリストたちの歌声を客席で堪能したかった、という思いもかないましたし、合唱の各パートがまとまって聴こえていたことも確かめられました。ほんとうに、ソリストもすばらしい!!オーケストラもすばらしい!! CDの装丁とってもシックで素敵です。みんなみんな  GOOD  JOB !!!!!

この度は、本当にいろいろお世話になりました。CDまで送っていただき、嬉しいかぎりです。東京からの参加で、詳しいことも知らないままただ歌っていただけで、本番が近づくにつれ、実行委員の方々のご苦労がどんなものか知り、改めて頭が下がりました。お陰様で感動的な体験をさせていただきました。心から感謝申し上げます。

CDが届きました。ありがとうございました。聞いてみるとなかなかのものです。1ヶ月ほど前をまた思い出し、余韻に浸っています。オーケストラ、すばらしいですね。中に入っている表紙のようなジャケットと言うのでしょうか、その中には一人一人の名前も入っていて、うれしいかぎりです。事務局の方々が最後の最後ここまでやってくださるとは、いろいろ大変だったことでしょう。本当にお疲れ様でした。感謝しております。長い期間お世話になり、ありがとうございました。

演奏会までの1年間、本当にお世話になりました。当日は、前夜からほとんど徹夜で、甲府に向かいましたので、眠くて眠くて、本番中にも気が遠くなるくらいでした。

CDをいただき、すぐに聴きました。すばらしい演奏でした。合唱もほんとうにすばらしいできばえでした。もう一度涙を流して感激にふけっています。こんなに良い機会を与えてくれた皆様、松土さんや川上さん、伊東先生など多くのプロの方々に改めて御礼申し上げます。この年になって高校時代の皆様と第九という最高の芸術に触れられたことを、心より感謝いたします。季節は変われどもこの感激の熱さは一生忘れることはないでしょう。これからも第九の奥深い芸術性を少しでも理解できるよう探求していきたいと思っています。どうも有り難うございました。

長い間いろいろとお世話になりました。ありがとうございました。もう一度このような機会が合ったらと思いますがーーーーーーーきっと難しいのでしょうね?もう少し規模を小さくしてでも、また企画してください。この次もまた絶対参加します。

今日CD頂きました。素晴らしい企画をたててから成功裡に導いていただいた長い間事務局の皆さん本当に有難うございました。皆さんのご努力に敬意と感謝を申し上げます。直接お目にかかってお礼を申し上げるべきですがメールでお許しください。また何かの機会に集う事ができますことを願っています。有難うございました。


●大変お世話になり、ありがとうございました。オーケストラとソリストの方々と一緒に、大合唱団で演奏するのは最高の気分です。これからも合唱などの音楽活動を続けていきたいと思っています。機会がありましたら、是非お誘いください。また、素晴らしいプレゼント(CD)をありがとうございました。

●本日CD届きました。早速聴いています。素晴らしい…です。皆様のお仲間に入れて頂き演奏会に参加出来た事を嬉しく思っています。生涯の宝物になりました。またいつかお会いする機会がありますように…どうぞお元気で

先程、CDが届き、さっそく聞かせていただきました。久しぶりに、当日のことが思い出されました。緊張感と安穏で感動する余裕がありませんでしたが、今日はなぜかウルウルしてしまいました。良い思い出になりました。長い間、お世話になり、ありがとうございました。

今日、CD届きました!すっごく立派なCDで、嬉しくなりました♪ これから、聞いてみます。有り難うございました。

一生に一度あるかないかの機会をいただき本当に良い思い出になります。まだなんやかやと余韻が続いています。第九はまたやりたくなりますね。機会があったら呼んで下さい。

●素人の私達をご指導下さった先生方やご尽力戴いた事務局の皆様には衷心より感謝致します。良い思い出になりました。本当に有難うございました。

●演奏会だけでなく、練習を通じて多くの方々と交流が出来たことなど大変楽しく参加させて頂きました。有り難うございました! また新しい企画がありましたら、是非参加させて下さい!! 

●長い練習期間、いろいろとお世話になりました。上手下手は別として 当日は皆さんと気持ちひとつになり 演奏できたことは、私の大切な宝物です。ありがとうございました 心から感謝です。

こんにちは 本当に大変お世話になりまして、有り難うございました。お陰様でCDを聴いて感激しております

第九のCD無事に届きました。あっという間の2年でしたが、とても良い思い出となりました。いろいろとありがとうございました。厚くお礼申しあげます。


●すばらしいCDを送付いただきありがとうございました。私はまたまた感動しました。本当にどこの演奏?と思ってしまいました。これもご指導くださった先生達や練習場を提供してくださった先輩、皆様のお陰と感謝の気持ちでいっぱいです。本当にいい経験をさせていただきました。ありがとうございました。

●皆様の感想を読ませていただいて又新たに感動しました。合唱の東京と甲府の練習の回数をみて、我ながら、頑張ったんだなぁ!とびっくりしているところです。これも実行委員の皆様のおかげです。楽しい思い出になりました。CDも毎日嬉しく聞いてます。寝る時に聞くと2楽章で眠くなり、4楽章にたどり着けないので、4楽章をまず聞いてから、エグモントにもどって聞くことにしています。途中の拍手を聞くのが楽しみになりました。

●本日、無事にCDが到着いたしました。ありがとうございました。準備から当日の演奏まで、3年間もかかっていたのですね。本当にお疲れさまでございました。そして、素晴らしい夏の想い出を、ありがとうございました。

●記念CDをお送りくださり有難うございます。全体の演奏を聴いたのは初めてで、オーケストラがとても上手で感激しました。合唱もなんとか歌えて良かったと思います。私は思い切って参加して、こんな年でも新しいことに挑戦出来たことに皆さまに感謝です。本当に有難うございました。



4) DVDを受け取って

記念DVDが届いた日(5日)早速、仲間何人かで一緒に鑑賞しました。演奏会の当日はとくに欲しいとは思わなかったので申し込まなかったのですが、演奏途中で思わず起こった拍手の瞬間や、ソリストのみなさまの素晴らしい歌声を客席で聴きたかった・・・との思いから注文したのです。 みんな、自分の顔が写ると大喜び!大騒ぎ!! 生涯一度の感動、感激が甦り、その思いを分かち合えてとても楽しいひとときでした。 棺おけに入れて欲しい・・・とまで言う人も。。。 最後のタイトルロールでは全員の名前が載ったので、それを確認してみんな大興奮でした。 おまけに、練習風景も録ってくださっていて、カメラアングルや音響もプロの仕事だ、と納得しました。 GOOD JOB!!と思いました。

DVDが大好評でした。DVDを肴に飲み会になりました。当然ながら3楽章から画面に集中、4楽章では自分たちを発見して大はしゃぎでした。皆さん感動の余韻に浸っていました。



5)    活動記録等

    平成22年7月     甲府一高音楽部OB有志が北杜市に於いて合宿実施(羽村市自然休暇村 12名参加)。ミニ演奏会開催。 参加者より第九演奏会開催の提案あり。 

    平成23年3月     「甲府一高第九実行委員会」を仮の名称とし、平成25年の「第九演奏会」開催に向けて準備活動を開始する。

                4     実行委員会にて,平成25年度に山梨県で開催される「富士の国やまなし国文祭」に協賛して、甲府一高音楽部にとらわれず県内外の賛同者の自主運営企画として「第九演奏会」を実施することを決議。 
                         以後、新組織名を「喜びの歌を歌おう実行委員会」とし、オーケストラを「やまなし国民文化祭協賛オーケストラ」、合唱を「やまなし国民文化祭協賛合唱団」と呼ぶ。    
        発起人を 藤巻信夫、浅川豊夫、近藤幹雄、平野忠彦、林ひろみ、金森静子、澤田洋一、小池松寿の各氏に依頼、実行委員メンバーを充実し本格活動開始する。

                 7    県国文祭実行委員会より「富士の国やまなし国文祭応援事業」に承認される。

                 7    北杜市に於いて合宿実施(羽村市自然休暇村,30名参加)。 合唱・オーケストラ 第九練習実施。 ミニコンサートを開催し「第九演奏会」PR実施。 

                 7    WEBにて参加者の募集を開始。 

                10    合唱(甲府)本格練習開始。 甲府会場(株式会社ネオクラフト、ホール)

                12月    合唱(東京)本格練習開始。 東京会場(株式会社ブティック社、会議室)

                12月    川上音楽監督合唱指導実施、オーケストラ練習(甲府一高) 。終了後 懇親会実施 (常磐ホテル 33名参加)

    平成24年1月    オーケストラ練習開始。 甲府会場(須藤蔵) ,横浜会場(市場小) 

                 4月    「デモ演奏」合唱・オケ合同練習実施(ネオクラフト)

                 5    参加登録者全員に文書発送、参加者組織造りを図る。 

                 5月    オーケストラ(弦楽器)の集中練習(甲府市西公民館)  参加者28名 

                 5月    甲府一高同窓会において「デモ演奏」実施、PRに努める。(甲府富士屋ホテル 70名参加) 

                6月    コラニー文化ホール共催事業承認 

                7    オーケストラ合同練習(甲府市西公民館)  参加者45名

                8月    「富士の国やまなし国文祭提案事業」に承認される。

                8月26日  合唱合同練習・オーケストラ全体練習(甲府市北公民館)
                                発足式(常磐ホテル)  山梨放送・UTY取材。 参加者(オケ49名・合唱84名 )
                                参加登録者   計295
                                        合唱                      200名 
                    オーケストラ          95名 
                                                
               11    河口湖音楽祭に関する打ち合わせ実施  

    平成25年1月    参加申込者あて参加費納入依頼を兼ねた参加意思確認通知発送 

    2月14日 第一回合同練習 (文化ホール・リハーサル室)
                                    参加者 (オケ 53名・合唱 123名)

               5    参加者宛にチケット送付開始。 
                        国文祭提案事業助成金交付決定。 
                        甲府一高同窓会においてPRに努める。 
                        寄付金募集活動開始。 

               6    ポスター・チラシを県国文祭課を通じて県内公共機関宛送付。 

               7    コラニー文化ホール会場の視察・打ち合わせ
                        運営会社打ち合わせ、(有)企画工房びっくふぁいぶと委託契約。 
                        DVD制作会社㈱ユアーズレコードプロダクションの受入応諾。 
                        発起人・トレーナー宛招待状発送。 

                7月21日 第二回 合同練習 文化ホール・リハーサル室 
                            参加者 (オケ 62名・合唱 145名)

                8 4日    第三回 合同練習 (玉穂総合会館) 山梨放送取材。 
                            参加者 (オケ 52名・合唱 103名)

                8月18日    第四回 合同練習 文化ホール(大ホール) UTY取材。
                            参加者 (オケ 73名・合唱 186名) 

                8月24日    前日練習 大ホール
                            参加者 (オケ 90名・合唱 220名)

                8月25日    本番    
                            出演者    指揮・ソリスト    5名 
                                        合唱          221名 
                                オーケストラ           97名  
                                             計           323名 

                            来場者数 チケット半券  1,567枚   計1,600名弱


                           練習回数
                                オーケストラ        22回 
                                合唱 甲府会場     25回 
                                    東京会場  38回 


                9月30日    参加記念録音CDを参加者全員宛発送。 

                9月29日    喜びの歌を歌おう会 並びに同実行委員会 解散式実施 。

                                三年間の長きにわたりご支援・御協力ありがとうございました。 



 




リンク先:
 
甲府一高音楽部OB・OGとその仲間たち  https://sites.google.com/site/jiafuyigaoyinle/  (ログイン,パスワードが設定されています)



問い合わせ先: kfhs.music@gmail.com  
 
(2013.10.13.)