楽しいお買い物

その1

うちの近所のスーパーは、何でか横に大きい客が多い。

横に大きいって、日本人で「太ってる」人とは、レベルが違う。日本で「ものすごー太ってる」人でも、ここのスーパーに来たら、「あれ?私って痩せてるやん」て、でったい思う。日本人の肥満では、まだまだ修行が足らん。ゆっとくけどお父さん、誉めてないで。

カートにもたれかかって、ヨタヨタ歩く人も多いが、あんまり太りすぎると、たかだかスーパーの買い物やのに、それが歩けやん。店備え付けの電動カートに乗って、買い物する。

大きいカート、それなりに大きい座席。ほやのに、後ろから見ると、おっちゃんやのおばちゃんやののお尻の肉が、座席の左右から「だらーん」て垂れ下がっている。

面白い!面白すぎる!

その2

こんな楽しいお出かけ、黙って歩くのは勿体ない。しかし、ぶつぶつ独り言ゆいもて(言いながら)歩くと、アヤシイおばさんになる。

よって買い物は大抵、いやがるボーイズを無理やりお供に連れて行く。

「目の前にいてるおばちゃんのお尻見て見て。いくら何でも大きすぎやで、何でこんなになるまで手ー打てへんかったんかなあ」

「ママ、聞こえるよ!」

「かめへんかめへん(大丈夫、大丈夫)、だーれも日本語なんて分かれへんのやから」

その3

くっだらん話始めたら、「もーどーにも止まらない」(カッコのところ、歌ってけー)

「ねーねー、回文の最高傑作って知ってる?」

「このきのこ」

「よだれだよ」

「ちゃうちゃう、『エクアドル人信じるドア食え』やんか」

「どーゆー意味?」

「意味なんてない、ママの敬愛する『恐るべきさぬきうどん』に載ってたん」

「くっだらなあ~い」

「もー、ほんなことゆったら、君たちのおっぱいもみもみするろー」

「ちょっとママ、そんな恥かしいこと言うのやめてって!」

「えーやん、減るもんやなし」

-ほしたら、私のすぐ近くにいてた、電動カートに乗ったアメリカ人のおじいさんが

+ほしたら、私のまーはた(すぐ近く)にいてた、電動カートに乗ったアメリカ人のおじいさんが

その4

「スイマセーン、コノ上のタナのカンヅメ、トッテクダサーイ」

「……」

「……」

「話の内容、でんぶバレバレとか…?エクアドル人も?おっぱいもみもみも?」

「だからやめてってぼくたち、言ったじゃん!おじいさん、クスって笑ってたよ!」

「早よカンヅメ渡して、走って逃げよ」

どすどすどす、ばたばたばた

このスーパー、当分行けやんな…私って何か、こんなんばっかり…



Comments