50肩

その1


鉄の健康を誇る私。体調不良も、更年期障害も、なーんも無縁やと信じていた。



それはある日、とつでん(突然)きた。左の肩から背中から、とにかく痛いのである。それが日を重ねると、腕から指先までピリピリくるようになった。

勿論、こんなえ(こんなに)困ったことが起きるときは、お父さんは出張中である。


その2


こんなもん根性で治しちゃる!と思てたんやが、痛みは一週間経ってもダーラダラと続いた。

インターネットで調べると、「50肩」の症状にぴったり。ほんま、昔の人は上手に名づけするなあ。

歯医者以外、医者にはでったい行けへんと豪語していた私やが、痛くて痛くて、とうとう医者に予約の電話入れてしもた。ああ、私も人生負け組に成り下がったか...

って、医者に行くって、勝ち負けの問題か?


その3


行ったのは、近所の家庭医。受け付けで名前書いたら、おばちゃんがゆった。

「あなたの予約は明日なんだけど」

「何ゆってんのん、今朝電話したら、今日わ(今日)の2時に来いてゆわれたで」

「うーん、でも予約は明日になってるわよー」

「今日わは仕事早退してきたん。二日れんどく(連続)で早退なんてできやん」


その4

「ちょっと待って、調べるから」おばちゃんは、パソコンで何やら調べ始めた。

「あの~、あなたの生年月日を間違えて入力してあって、どうしてそうなったのか、明日の診療ということになってるの」

「なってるのって、私の知ったことかい。今日わ診て。いててて、肩痛あ~い」

まるで、ムチ打ちのフリしてる、当たり屋のチンピラである。

おばちゃんの顔には赤の油性マジックで「間違えて入力したの、私と違うもお~ん」て書いちゃあった。ふん、誰のミスか知らんけど、私一人どこかにねじ込むくらい、何とかせえよ。


その5


「あなたを担当するはすのドクターは、本日の勤務時間がたった今終了したから、今日の診察はもうできないの」ははあ~ん、だんぎょう(残業)代を払いたないとゆうことやな。

そこの家庭医は、経営者の医者と、他に二人、雇われの医者がいてる。経営者はいっつもエラソーにしてて、古くからのお得意さんしか診察せん

ほやけど

いちゃもんつけてるおばちゃんがいてて、その原因は受付のおばちゃんのミスで、雇ってる医者に残業代払いたないんやったら、そりゃもー経営者が診るしかないやろ。

「いててて、肩痛あ~い。今すぐ診て」文句くらい、なんぼでもゆうでえ~

しばーらくして、ようやく「経営者ドクターが診察します」とゆう話になった。わははは、素直に最初からそうすればよかったんやん。



その6

アメリカの医者では、まず身長と体重を測定してから小部屋に入る。そこに看護師が来て、体温と血圧を測り、症状を聞く。看護師が去った後、おもむろに医者が入ってきて、ま一回(もう一回)症状を聞いて、診察する。

その看護師は、何で経営者がしんだんもの(新参者)のおばちゃん担当することになったんか、いきさつを聞いてあったに違いない。血圧測りもて(測りながら)、私のコートがステキの、カーディガンのボタンがカワイイの、めっちゃ愛想してくれた。

続いて入ってきたドクターかて、気味悪いほどの笑顔。ほんで、これまた私のカーディガンがカワイイなど、無駄にお世辞ゆう。ふん、服ほめられたって嬉しないわい!治療代半額とかできやんのんか?


その7


「一週間くらい前から、左の肩から腕から痛いんです」

私の手ー上げたり下げたり、首あっち向けたりこっち向けたりしながら診察するドクター。

ほんまは「法事のときに、慣れやん正座を長時間して、足がしびれた状態の、腕バージョン」てゆいたかったんやけどな。

ドクターの顔には、これまた赤の油性マジックで「何でワシ、このおばちゃん診察するハメになったんや?」て書かれちゃあった。お得意さん以外診るの、ほんなに嫌なんか?

嫌なだけあって、人の話ロクに聞かん。ま、私もあんまり微に入り細に入り病状説明する方やないし、まあええか(そうか?)。診察方法も、出される薬も、なーんも質問せえへんのんで、私の小部屋滞在時間は1分30秒であった。

ドクターがゆった。「セラピーに行かなくても、この処方薬を10日も飲めば治ります」ほして、こわばった笑顔で、足早に立ち去った。

ま、ヤク飲むだけで治るんやから、ええとしよ。


その8


それにしても、かだら(体)はほんまに正直である。40代半ばから、ちゃーんと老眼が始まり、細かい字がさっぱり読めやんよーになった。若いころは「小さい字が読めやんって、どーゆーことかなあ」て思てたが、年はとってみやんと分からんもんである。こーゆーことなのである。

老眼、腰痛、50肩、難聴、白内障に緑内障とゆうのが、人として進むべき正しい道やそうである?ほして、人によってはもれなく、糖尿やったり、脳梗塞やったり、あれやったりこれやったり、いろんな症状と仲良くなるそうで。

さあ、お次は何が来るんや?ほんでもなあ、どんと来い!大体のことは、根性で治しちゃる!!

まだゆうか!







Comments