まだあるで うだい先生

まだあるで うだい先生 その1

先日、長男から「帰りがちょっと遅くなる」て連絡が。

高校の放課は、2時である。「ちょっと」とゆうからには、3時過ぎには迎えに行こうかなあと思てたんやが、「迎えに来て」と電話が来たのは5時過ぎやった。

「こんな時間まで、どうしたん?」

「それがさあ...」

まだあるで うだい先生 その2

歴史の先生、毎時間の最初は、何人かに歴史の質問をしたり、時事問題の質問したり、言葉の意味をゆわせたりと、いろんな質問をするのである。

その日、長男は質問された言葉の意味を答えられやんかった。ほたら先生、「今すぐ図書館に行って、言葉の意味を調べてこい!」てゆった。

「あの~先生、今日はこれからテストじゃあ?」

まだあるで うだい先生 その3

「君は、テストを受けて昔のできごとに答えるのと、まだ知らない新しい言葉を探求するのと、どちらが大切だと思う?」

長男はすかさず「テストです」てゆったんやが。

「そんな、昔のことを考えることにこだわってどうするのだ?さあ行け。図書館では、新しい知識が君を待っている!」

ここで議論しても無駄と思った長男。マッハで図書館へ走り、どうにかしてそれらしい本を見つけ、意味を調べて教室に戻った。10分ほど遅れたが、どうにかテストを受けないと。

と思いきや

まだあるで うだい先生 その4

「君は、言葉の意味を理解したか?」

「したと思います」

「『思う』?どういう意味だ?完璧に理解していないということだな」

「大体理解しました」

「君は、言葉の意味を理解するのに、本一冊でこと足りると思っているのか?もう一度図書館に行って、じっくり勉強してこい!」

まだあるで うだい先生 その5

「あの~、ぼくはテストを受けたいんですけど~」

「そんな目の前の小さなことにこだわるな!しょせん、昔のできごとの勉強だ。もっと大局を見据えろ!さあ、もう一度図書館に行くのだ!」

おいおい先生、君は一体何の教科の先生やねん!

まだあるで うだい先生 その6

半泣きで図書館に走った長男。どうにかして本を探し、意味を調べて、教室に戻った。

「どうだ、完璧に理解したか?」

「しました!」(「多分...」注・心の声)

その時点でもう、テストの時間はロクに残っていなかった。先生は静かに微笑んでゆった。

「大丈夫。あさっての放課後に、この教室に来なさい。テストを受けさせてあげよう」

まだあるで うだい先生 その7

とゆうわけで、二日後の放課後、長男は一人でテストを受けたとさ。

「でも、一時間もあればテスト終わるやん。何で5時まで学校にいてたん?」

「それなんだよー」

その日は例の、先生の「マイDVD上映会」の日やった。なので長男は、その上映会会場となった教室で、映画の音をBGMとしつつ、テストを受けたのである。ほんで、テストはさっさと終わったにもかかわらず、気の弱い彼は、とても「帰ります」とはゆえず(言えず)、そのまま教室にいてたとゆうわけ。

夏休みまで、あと二か月。この先生の授業を受けるのもあと少しである。ヤーレヤレとゆう気もするが、このうださと別れるのは、何かもったいない気がせんでもない。とゆうに、やぶさかでない。

Comments