新着情報 (ホームページ全面改訂予定)

 
 

                              株式会社 ディ・イ・エフ    DEF Corp

                                         URL: http://www.d-e-f.co.jp

 

           
 
 
             "Science without religion is lame. Religion without science is blind." - Albert Einstein
 
                              https://www.youtube.com/watch?v=3BzKKIMKKTo       (日本とユダや関係)
 
 
 
 
 
 
 
 
株式会社 デイ・イ・エフ 社章          
   (D・E・F  Corp)
 
                                                   *社章由来:全事業全員集合 !
    社章制定 平成22年8月8日               多分野開発のオンリーワン企業を目指す!
                                                                                             (We drive for Only-one Company of Many Development)!
          大阪商工会議所会員                             Techno  Leverageによる辛抱努力  (一隅を照らす
                                                        {面 壁 九 年} {天 空 海 闊
弊社の経営理念の所縁
    日本神仏の聖地 (共生・感謝・奉仕) (SymbiosisAppreciationService)
                                           から始まる 一日一善 を願う!
比叡山延暦寺  http://www.hieizan.or.jp/         ←クリック
  
2014年7月22(火:Tuesday)改訂   revision                                      
 
 
 弊社の事業取組への社員行動指針
 
社員の義務&責任&心得(TA)

1)           社会の成立ちを知る。データーマイニングの活用。

2)           自己探求、得意な事より好きな事を行う。

3)           人、物を見る目を養い、直観力を高める。

4)           思考=人生構築基礎、 感情=人生コントロールで生じる。

5)           何事も、いかなる分野でもセールスの達人になる。

6)           達成感はイメージと潜在意識の目標設定で決まる。

7)           多くの人と共生し、行動を起こし、達成させる。

8)           共生協力が物事の成り立ちと知る。

9)           世界観、宇宙観を広め、人生の豊かさ意識を高める

  10)     速やかな自己決定の勇気を持ち、行動力と決断力が成功の力。

  11)     世代に関係なく夢を抱き、実現への努力と信念を養う。

  12)     {成功と栄光、無気力と失望}共に自己責任と意識改革で生まれる。

  13)     一人の人間の力の大きさ、偉大さを早く知り、その目的に邁進。

 

お金の五原則(CMA)

1)           たくさん稼ぐ。

2)           賢く使う。

3)           確実に守る。

4)           投資し、確実に殖やす。

5)           余った資金は合法的に社会還元させ分かち合う。

 

セールスの五原則(TQM)

1)           造った物は絶対売る。

2)           信頼される人柄になる。

3)           造った物のイメージを事前に描き、感情をこめて訴える。

4)           該当商品・サービスに完璧な知識を持つ。

5)    最後の契約へのテクニックを育てる。

 

ビジネス五原則(DC)

1)           納得と勝ち得るビジネス。

2)           手懸けたビジネス成功の全てを知る。

3)           小さくスタート、短期間で大きくしない。

4)           儲かるシステムを作る。

5)           誰でも操作できるシステムを作り、世の中に役立たせる。

 
弊社の未来五遵守(DCF)
    1)     内部資金留保新規事業の研究継続
       2)       事業部代表は事前期間設定輪番交代制
       3)  日本国内外企業連携グローバル事業化
       4)  株式上場、社員研修と企業総合力の強化
       5)    社員基本は個人能力発揮、実績主義、豊かになる権利確保
 
  ◎WIRED VISION - アカルイ”未来を考えるニュースサイト     http://wiredvision.jp/
      

             
 新着情報をまとめてお届けいたします。
新エネルギー開発(特許出願早期審査中)  (特願2012-260317)(平成24年11月9日)
                                                                                                            (特開2013-128397)(平成25年6月27日)
                                                                                                             (特願2013-250721)(平成26年2月4日)(分割出願)

           資金手当完了予定  :平成26年4月(SPC企業設立)(某投資機構)
試験プラント着手予定:平成26年6月(順次全国事務所開設予定)(東京、大阪、広島、愛媛、福岡、札幌、沖縄
新エネルギー海のマグネシュウム利用発電システムへの企業組合参加案内。
 
発電プロジェクト企業組合(全員出資株主方式)を設立いたします。
     参加を希望される企業及び個人の方は御問合せください。(参加募集予定口数:500口、一口:50万円)(別途:諸手続費用有)
 連絡先:E-mail:info@d-e-f.co.jp  TEL/FAX:06-6678-6771  株 ディ・イ・エフ (手続:金融機関及び法律事務所関与)
 平成264月(企業組合設立)・平成2710月(第一号パイロットプラント完工目標)
     平成284月(電力自由化開始)・(全国地域発電事業予定:年間ヶ所計画)(第一次10年計画:25ヶ所)
     電力供給先(企業、一般家庭、商業施設、鉄道等々)
     発電用エネルギー源は自社精錬マグネシュウムの燃焼、海外輸入不必要、精錬用副次資材産業廃棄物利用、CO2排出微少
     開発当初電気使用料は10~12円/kWhを電力規制改革後は事業盛業時7~8円/kWhの価格設定予定。
     此のプロジェクトは安心、安定、安価、安全な電力供給が目的で、日本国内電力供給事情が画期永続的に変化します。
今後日本のTPPへの加盟後、日本国存亡に関わる最も大事国策は「金融、エネルギー、食糧、医療・医薬、通信」の常時健全確保
     その中で、エネルギーの自国生産確保最優先される課題です。安定・安心・安全・安価のエネルギー供給を行ってこそ技術立国
日本世界へ未来永劫責任が果たせる。年間化石燃料輸入経費(原料、輸送経費、貯蔵管理費等々)約5~6兆円が我々のプロジェ
     クトで節減できれば、逼迫した国家財政への助けになる。一方このプロジェクトメリットは、精錬から生まれるマグネシウム多目
     的利用による新産業と多大な雇用が創出できる。(ガス代替エネルギー、宇宙産業資材、電源キャパシタ、医療用産業等々)
マグネシウム精錬には多大な電力(化石燃料利用)を必要とする為、之まで発電用熱源としてマグネシウム燃焼利用が不可能であった。
     我々のプロジェクトは未だ日本国内で3%しか利用されていない発電熱源代価がゼロの無尽蔵「地熱発電電力」を利用して、日本国内
     の多地域で大々的にマグネシウム精錬を行う。熱資源確保は日本国土周辺にある「海」から常時汲み上げ、常時電解槽精錬する。
     海中に含有されているマグネシウムは1,800兆トン(世界公知数量)で、常時、地球内外部から海に補充されている。マグネシュウム
     資源を有限資源として、現行地球上での化石燃料使用に換算した場合、採可年数は実に「10万年」、石炭、天然ガス、石油、ウラン
     シエールガス、メタンハイドレード等々は殆どの採可年数50~150年で、マグネシウムのエネルギー熱源利用が最大の福音である。
◎  地球温暖化[CO2]排出は、このプロジェクトでは皆無である。プロジェクトで精錬されたマグネシウムを既存火力発電所に熱源供給する。
◎ 試験プロジェクト実施に要する期間は、既存国内技術の(システム)化で2年以内に可能。但し、経産省、国交省、環境省、厚労省等の
     規制緩和が必要。
 
◎ プロジェクトにより供給される「電力使用料金予定価格」は現行の21~25円/kWhが8~9円/kWhの予定。

    

          http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S54/S54HO049.html

                       エネルギーの使用の合理化等に関する法律

                                          (昭和五十四年六月二十二日法律第四十九号)~(平成二五年五月三一日法律第二五号)

 

               http://www.niro.or.jp/n_chart/index.html


◎    新マグネシュウム文明開化予測 (10年以内)        https://www.facebook.com/groups/276416942543350/   (海のマグネシウム利用発電)

  
燃えないマグネシュウム開発! https://www.youtube.com/watch?v=pXVae1QrOvI

  
     原発排出放射線物質含有汚染水処理システム(特許出願申請)

     原発排出放射線物質含有汚染水にゲル化剤混入し、中程度のゲル化に加工し、その加工物を特殊燃焼炉に投入し、4,000度以上で焼却処分し、汚染

     水の原発排出放射線物質を同時に燃焼昇華させる。

     原発排出放射線物質含有汚染水ゲル化物質大型を燃焼させる特殊焼却炉は、従来既成技術に基づく大型焼却炉を制作し、原発排出放射線物質含有汚

     染水ゲル化物質専用焼却炉(試験炉1基当り処理量100トン/)とする。処理区域内に最低20基設置)

     これらの大型特殊焼却炉を、汚染水貯蔵施設付近に20基以上設置し、原発排出放射線物質含有汚染水ゲル化物質の処理を行う。

     ①    :特殊焼却炉消耗資材は、国内地下埋蔵の石炭精製から製造する。

     ②    :原発排出放射線物質含有汚染水ゲル化物質は出来るだけ乾燥化させ、燃焼炉投入に適応させる。

     ③    :大型特殊焼却炉稼働に多大な電力を必要とする為、「安定・安心・安価」な電力供給が必要な為、専用大型特殊発電プラントを新設し、電力供給 
      を行う。

     ④    :燃焼炉の燃焼温度を2,800度以上とする。(殆どの放射性汚染物質が焼却昇華させる)

     ⑤    :既設原子炉への【地下水流入】は、周辺地域にウエルポイント工法で流水の事前汲み上げ、薬液注入で完全止水を行い、その場所から原子炉設置
      場所迄、地盤薬液注入で地盤補強を行う。
    ⑥ :全量汚染水処理期間 処理プラント設置後、本格稼働で3年間
 
       ⑦ :このままタンク内の汚染水を放置すると、タンク外壁鉄部腐食、接合部の止水パッキン劣化で、大量の汚染水が流出し、太平洋に流入、海洋汚染
       必至。環太平洋に大きな放射能汚染、海洋深層水に乗って、インド洋二も汚染が広がる。世界的補償問題が起こる。

 

 

  政府関連(予算書・決算書 ホームページ)

        l         http://www.bb.mof.go.jp/hdocs/bxsselect.html

 

      政府予算内容

     http://www.geocities.jp/fwkg2534/page_5.html

 

            

   l         http://www.gatesfoundation.org/Pages/home.aspx

 

       

     http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&aq=1h&oq=&hl=ja&ie=UTF-  8&rlz=1T4ADBR_jaJP311JP311&q=%e8%8a%b1%e4%ba%95%e9%   

     87%8d%e5%8b%9d

 

        ● 「少子高齢化社会に於けるバリアフリーの問題点」

http://www.fuzita.org/authorspage/barrierfree/barrierfree0.html

 

       ●  「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」

http://www.mlit.go.jp/barrierfree/transport-bf/shinpou/jyoubun.html

   

 

 ① 1月14日の日刊工業新聞に掲載されました。

クリックで拡大
 
     「交通バリアフリー」「ハートビルバリアフリー」対応 自社開発「車椅子移動円滑化」特許取得登録機器
 
                  {安 車 蒲 輪}   {一 粒 万 倍}    {融 通 無 碍
 
 ②隙間段差解消機器機器名:ルートキャッチ)(旧名称シューレーター試作設置画像を公開いたします
 
 
IPB社:特許査定評価(出現率15%)認定
本格生産開始! 隙間段差解消機器(機器名:ルートキャッチ)(旧名称シューレーター
展示用公開仮設架台への設置クリック
 
 
クリック
 隙間段差解消機器(機器名:ルートキャッチ)(旧名称シューレーター)稼動用仮設架台
 
クリック
 隙間段差解消機器(機器名:ルートキャッチ)(旧名称シューレータ試運転用仮設架台車椅子スロープ稼動状
 
 
クリック
 
    ◎ ルートキャッチ旧名称シューレーター 動画  
   (機器全体形状については動画上機器は融雪地域の大型で、都市交通、ハートフルビル等のバリアフリー中、小型機器ご注文に応じます)
 
  掲載写真は隙間段差解消機器(機器名:ルートキャッチ)(旧名称シューレータ試運転用仮設架台正面車椅子ス
  ロープ稼動状
 
安全、安心、安定」を目指す「車椅子移動介助機器
弊社の機器主要構造部には「安全、安心、安定」に末永くご使用していただく為、炭素繊維強化合成樹脂を採用し、
弾性率、強度、熱的特性等の物理的性質を有効に利用し、また機器重量軽減等、昨今一般的各種製品に要求さ
れている性能を力学的物性の計画値をクリアーさせ、より安全な合理的、経済的な機器に致します。
多くの障害者、高齢者等の方々が、より容易に「車椅子移動」を行える機器類の開発製造を今後も続けてまいります。
老若男女、幼児から高齢者、健常者から障害者が互助精神を高めよりよい社会を創りましょう。
 
 
  ◎都市交通用 (JR,民鉄、地下鉄、簡易軽便鉄道etc)
     幅:900~1000mm
 奥 行:800~900mm
 機械高:380mm<
 車椅子乗降スロープ勾配 10°> 最大25°
     乗降スロープ両端車椅子車止め装着
     乗降スロープ許容載荷重 150kg~280kg
乗降スロープ乗降稼動時間 8秒
乗降スロープ乗降操作 手元有線コントローラー、機器操作専従者(介護法による義務化)(新規雇用対象)
     乗降スロープ乗降操作は列車運行を最優先とし、操作確認システム機器必要
     乗降スロープのメンテナンス月1回(メンテナンス整備)
     乗降スロープ、量産タイプ:売値240万円 □(機器設置
     乗降スロープ機器設置には、別途土建費用が必要。(通常150万円) □合計費用  ¥390万円(通常価格)
     乗降スロープ設置は、国、地方自治体、事業者それぞれ1/3負担、国、地方自治体の交付金、事業者自己負担
     弊社と協業契約協定を締結した「一般商社」及び「製造メーカー」等での販売。
通常納期:機器約1ヶ月、設置工事:通常1週間
 
 
   ③ピーカレータ旧名称ホスター)試作機器の画像を公開いたします
                IPB社:特許査定評価(出現率0.5%)認定    (世界初、日本発)
(本格生産開始! 国内外説明は詳しくJETRO-TTPPに掲載中)
 
クリック
 
改造新型機器公開(ピーカレータ旧名称ホスター外観デザイン改良予定:・安全性・安定性確保)
エスカレーター乗入水平保持時間0.2mmsec)
                     世界初、日本大阪発    車椅子介護機器
 
 

     (Coment to Particular)

   Convenient equipment that has not existed in the world yet  horizontally-time:0.2mmsec)

      The invention of this equipment is a made-in-Japan product of the world first.

      The appearance rate of this patent is 0.5%.

      This equipment is used for the escalator wheelchair going up and down

      The movement to the vertical direction because of the wheelchair becomes very convenient

 
                             ←クリック
 (ピーカレータ機器用電源急速充放電キャパシタ電源装着(10分充電、50分連続昇降往復回数12往復)
 
         
 
 
 
  平成22年12月、より「安全・安定・安心」な「機器提供」普及を目指し量産準備開始
 
←動作イメージ図(上る場合)クリックで拡大
←動作イメージ図(下る場合)クリックで拡大
 
 
エスカレーター盤床上「車椅子搭載」稼動状態(稼働中は介助員必要)
 
 
 
 
 ピーカレータに搭載された車椅子は稼働中のエスカレーター盤床上に寸時に水平を維持し、又ピーカレータ自体のエスカレーター盤床上
脱落転落を防止する為、同時にピーカレータの自在キャスターの電磁制御ブレーキが作動し、搭載された車椅子完全保持状態で昇降介助を行う。
 
 
    ピーカレータ昇降動態動画  
       ①     http://www.youtube.com/watch?v=CxrubCJpP3c  
                                                                 
              

              「世界初、日本発」の「エスカレーター用車椅子昇降介助機器

               この機器が設置される事で、車椅子利用者がよりバリアフリーな環境を確保できる

                機器名:ピーカレータ(旧名称ホスター)

 

                   World firstJapan made it for the first time

                         Equipment to make wheelchair go up and down by escalator use

                         As for this equipment, more barrier-free environment for the wheelchair user can be done

                                                                   Safety, Stability,Relief, Equipment
 
       ◎「ルートキャッチ」「ピーカレータ」機器説明パンフレット
 
                                                                                                 
 
  国、地方自治体、事業者は(車椅子利用者移動円滑化)機器設備設置の法的責務を担う
 *上記福祉機器本格生産開始(平成26年5月~)
                 
     
                                                                       
                                   
 
新型急速充電器開発完了

小型電子機器への乾電池不要新型充電器が開発された。

新素材電解質利用で驚異的充電効率が約5倍性能アップされる。

販売価格:一次充電器+充放電蓄電池セット ¥21,000-円

(乾電池不要、10年間使用可能)

◎ LED 1灯使用 二次充電器1台と懐中電灯(アルカリ電池単3×3本)

急速充放電機器とアルカリ電池使用懐中電灯の通常利用費用比較

(アルカリ電池連続点灯可能時間5.5時間対応比較)

 

◎ 二次充電器特性

一次充電器   AC100V    0.58A

二次充電器   DC4.5V    6A

*一次充電器に二次充電器をセットする。

*2~3分で二次充電器が満充電になる

 二次充電器のW数は27W

    現在商用電源電気料金は従量制一般家庭標準価格 15KWhで\319.20-円

    二次充電器への当該電気代金3分間充電で0.6円点灯持続時間15時間以上

    繰返充電可能回数:7000-回~13000-回(一日1回充電として最低19年間使用可能)

    初期機器購入費用代金:20,000-円/1台

    0.6円/2≒0.3円(5.5時間)の電気代金---------------A

 

◎ アルカリ電池特性(単3)×3本

*アルカリ電池市場価格 (34-円~96-円)/1本当

*価格平均60-円とした場合DC4.5Vにした場合必要電池3本×60-円=180-円(アルカリ電池3本分)----------B

AB経費比較

   二次充電器はアルカリ電池特性(単3)×3本は使用経費は実に1/600で済む、

   年間365日間使用した場合の電気代金比較は

    二次充電蓄電池利用の場合:110-円/1年

アルカリ電池の場合:65,700-円/1年

         二次充電器使用の場合

    一次充電器一台に対して二次充電器は必要台数として10台を併用可能。

この場合の二次充電器の価格は8000-円とします。

 「高齢者、身体障害者用簡易携帯電話試作開始」


() デイ・イ・エフ  URL:http://www.d-e-f.co.jp

                        E-mail: def-hanai@ktf.biglobe.ne.jp

 

 

   The Bill & Melinda Gates Foundation   (ビル・ゲイツ)

    福祉機器製作協力企業団体伊藤機械設計・安川電機・辻プラスチックス・イプロス・JETRO・JR6社
                                                           民鉄15社・大手商社・社会福祉協議会諸団体・機械設置企業・他 
 

  

   財団法人日本品質保証機構(JQA)   http://www.jqa.jp/

  
   公的福祉関連サイト http://www.shakyo.or.jp/links/fukusi.html
 
 
   スウエーデンの福祉          http://www.swedishqualitycare.jp/
 
                                                                    http://www.sweden-jiss.com/link.html
 

 

   特定非営利活動法人 日本シーティング・コンサルタント協会  http://seating-consultants.org/top/news.html

 

  

   パンテラー・ジャパン                            http://www.panthera-japan.jp/index.html

 

 

    日本理化学工業株式会社(障害者の為の企業)    http://www.kawasaki-net.ne.jp/vtr/kgk/nihonrikagaku.html

 

  

  交通バリアフリーWEB  http://cgi.search.biglobe.ne.jp/cgi-bin/search-tb51?jc=%B8%A1%BA%F7&q=%B8%F2%C4%CC%A5%D0%A5%EA%A5%A2%A5%D5%A5%EA%A1%BC&lo=23&fo=1 
 
 
  機器販売計画隙間段差解消機器・機器名:シューレーター
            (エスカレーター車椅子昇降介助機器・機器名:ホスター
   1)初期目標 (平成22年度~平成25年:30,000-台)
   2)通年目標(月産1000-台)
   3)海外生産拠点確保

 
 ④ 新規事業計画
   A: (仮称)北大阪粒子線施設プロジェクト計画
        北大阪粒子線医療施設プロジェクト{企画企業:(株) デイ・イ・エフ / BMS (株)}
       大阪粒子線治療プロジェクト事業計画完了計画着手:平成23年度,事業完成予定:平成26年9月)
    及び同プロジェクト隣接高層分譲住宅(28階ー243戸併設予定)
   国(総務省、厚生労働省、国土交通省)、大阪府、大阪市、日本原子力研究所、大阪大学、神戸大学、岡山大学、常翔学園、近畿大学、
JR西、全日空、関西空港、関西電力、NTT、主要建設JV、三菱重工、三菱電機、日立製作所、きんでん、林原生物化学研究所、優良薬品企
  業、BMS, デイ・イ・エフ、プロジェクト事業投資資金120億(政府系金融、国内主要金融機関、外資)
    (上記法人、団体、企業は参加予定企業、法人)
     
     日本国内診療治療希望者、海外診療治療希望者(関西空港活性化)(外資系任意保険利用可能
 
    待機診療治療希望患者は既に関西地区で2500人(平成22年度5月)、
       本プロジェクトは既設稼働中の「兵庫県粒子線医療センター」に順ずるがIGRT型「トモセラピー機器6基導入」と
   主たる医療機関として、大阪大学、神戸大学、岡山大学、常翔学園(大阪工大)、近畿大学等の参加、特に岡山大学は
   世界で初めて発見開発された生化バイオ「誘導体」投与で、正常細胞の保護治療を併用し、施術効果向上を目指す。
   ガン原発部や転移部の限局性病巣部での外科治療が困難な症例、外科的治療を望まない患者に大変有効
   な治療方法を併用治療する。脳腫瘍、頭頚部腫瘍、肺癌、悪性中皮腫、食道癌、直腸癌、乳癌(乳房温存療法)、子宮頸癌、前立腺癌、      
       膵臓癌、血管芽細胞腫、胆嚢癌、白血病、胆管癌、悪性リンパ腫、複数リンパ転移進行癌、各種固形癌の各部リンパ節転移、                  
       転移性骨腫瘍 等の有効治療癌症例に最適多数部位転移癌には時間、経費負担があり、完治には主治医師と事前治療プログラム作成を
       要す。健康保険適用もある。
   現行治療費最低概算:6クール(入院治療)で360万円以上で、患者様態により異なる。(一部社会保険適用)
   治療費は2010年4月から治療費も限局した固形癌ならば保険診療が可能。照射治療予定では、1回照射10割負担(33,000-円)
   患者所得に差異があるが、今後は、概ね月負担金額は(9万~3万円)自己負担が予想される。
 
特に粒子線治療入院前後の「入院待機準備、術後一時治療」(専門介護養生施設併設)予定。
   現在国内では「トモセラピー」稼動施設は2011年6月時点で18ヶ所(北海道~九州)
 
 
   「トモセラピー」の機器特徴:画像誘導放射線治療(IGRT)画像情報確認+治療を1台で行える。
   体表面のマークを指標にする位置照合でなく、照射する度にCT撮影を行いCT画像との照合を常に行い正確な位置への照射を行う。
   また、強度変調放射線治療(IMRT)を行うため、照射方法は360°全回転する事で、がん病巣の大きさに逐一対応が可能(打ち抜き照射対
   応)また「トモセラピー」の加速器の1回転(360°患部周りを回転)中、51方向(他機器は7-9ヶ所)からの放射線放出ポイントがあり、多方向か
   ら照射が可能で患部周辺正常細胞組織を透過する放射線線量を少なくしながら、がん病巣への照射線量集中線量が高く設定でき、正常細
   胞へのダメージを抑制し、短時間で患部治療ができる。
 
   「トモセラピー」は、他の放射線治療装置(陽子線、重粒子線を含む)との最大の差は、体内の複数病変に対し一連の治療過程で対応可能
   非進行期癌の患者にとっては、放射線被爆による急性毒性軽減が可能であり、進行癌患者にとっては、他の放射線治療器で治療不可能な
   病態と患部部位に対応が可能である。
   但し、「トモセラピー」は万能治療機器ではない、適応外の部位や癌、放射線治療全般の有害事象(副作用)が全くなくなるわけではない。
   一定期間照射(6-7週間)集中照射治療に対応できる患者自身の体力が必要である。
 
   ● ベルギーIBA社   http://www.iba.be/gateway
 
        l      ヘルスケアライブラリ |病院・薬・サプリメントの情報   http://www.health.ne.jp/library/index.html

       

 l   ビタミン一覧          http://vitamine.jp/bita/index.htm

 





  絵画売却案内
    
       (売却商談中


 B:急速小型充放電新蓄電池開発プロジェクト
   ◎ 村田製作所と協業契約完了(2010/2/10)     http://www.murata.co.jp/
         (新開発二次電池関連)当社既開発資材利用新商品開発(特許出願準備)
         (某移動体通信企業連携低料金新システム開発)
 
          ◎ 中部電力     新蓄電池主要資材提供    http://www.chuden.co.jp/
 
                ● 平成22年11月中旬開発着手予定 (急速小型充放電キャパシタ)
 
           常翔学園   大阪工業大学    http://www.oit.ac.jp/
  
:次世代情報通信研究開発を目指す.
                 量子情報通信は大量のデータを盗聴や改ざんから守りながら高速に伝送する究極の通信手段です)
    光通信に取って代わる量子情報通信技術の量子符号化技術は量子力学で突き詰めた究極の通信方式
    小型衛星携帯端末の開発及び情報管理
          地上/衛星共用携帯電話システム事業化へ参画
    *量子通信手段目的
    日常生活における用途としては、医療分野が考えられます。たとえば、個人の医療検査情報を複数の医療機関に、プライバシーを 
    安全に保護しながら照会し、的確な診断や治療を迅速に受けることが可能になるでしょう。また、直接目に見えないところでも、
    ネットワーク社会の安心と安全を守る先端技術。
    *http://www.edge.org/3rd_culture/bios/randall.html   (リサ・ランドール)
 
    D: 新規事業提携予定
 
          
   E:不動産開発、アセットマネージメント事業参入準備
           許認可関連業務申請開始、(建設業務含む)
           大型ホテル、公共施設等の「受益権」「実体不動産」売買仲介交渉に参加
 
        ○  PM&AM事業プロジェクト企画計画業務
           (仮称)「大阪市中央区複合ビル計画案」

                           計画概要

                           地下3階~地上24階(現計画
「駐車場付置義務地域」として「地階駐車場」「タワーパーキング」88台

「ホテル出入口」「事務所出入口」と「一階店舗」(1,379.49㎡)

「事務所部分」は、2~6階(6,221.80㎡)

「社員食堂」「ロビー」付置
「危機管理関連施設」「緑化施設」付置
「ホテル」9~21階(室数:300室)(11,153.10㎡)

 [スカイレストラン]「宴会場」20階に付置

 総施工床面積:26,183.25㎡(7,920.43坪)

             事業プロジェクト実行予定期間(自:2011年9月~至:2014年3月)
         関係企業準備協定完了(2011年9月)
 
 

* DEF Corp 不動産事業参画に関する展開手法

 

 

  建設分野と他産業との関連を見極め不動産総合マネージメントをグローバルに行い

 進んで海外事業へ参画。特に[アジア:インド、ベトナム、アフリカ:ザンビア、南ア、ケニア

 ウガンダ、中東トルコ,ウズベキスタン,ブラジルetc]に注力予定。(公共、民間工事、資源開発)

 

 ①    事業主との新たなパトーナーとなる。

   建設(建築、土木)、不動産において、与えられたあらゆる分野の解決を

   他産業専門分野と協業し、弊社の実行力をプロジェクトの解決に臨む。

    プロジェクト目標実現

事業企画コンサルタント[自社及び他社協業、多業種参画]

プロジェクトマネージメント[金融(投資、融資)(PM,AM)]

コンストラクションマネージメント[建設企業選定、施工管理、竣工検査、引渡し]

 

不動産有効活用。

    不動産投資コンサルタント(不動産鑑定士、金融アナリスト)

保有財産活用、遊休地再利用 既存建造物の再利用、REIT活用(転用価値増加)

ストックマネージメント建造物調査(地盤調査、耐震調査、再利用価値、用途)

 

DEF 設計グループの活用(担当者専任責任成果制度)

       自社設計部活用(平成24年度創設予定)

       専門家集団(建築計画及び実施調査・実施設計・設備設計・地域折衝etc

         協業集団(施主希望設計グループ・プロジェクト最良成果向上プロジェクトグループ形成)

 

       プロジェクト体制立場

    アドバイザー・事業主代行・自社及び協業集団

 

     コンストラクションマネージメント

            事業主の試みるプロジェクトの社会的意義確立へのホスト規模、方向性の決定

            事業主の立場として、

 ①       業務の簡素化(発注業務、事業組織充実、社員立場の明確性)

 ②       業務の質的確立(計画の再確認、品質管理、監督検査充実)

 ③       コストバリュー(コストの透明化、工事手法の妥当性・決定、工事費削減)

 ④       プロジェクト運営(適正化、PJスケジュール検証、コスト、工期短縮、複合工事実施と調整)

 ⑤       環境管理(事業主の社会的責任、資産保全、プロジェクトの環境アセス)

 ⑥       不動産投資有効性確認(今後の不動産投資戦略、保有資産効率化・保全・社会責任)

 

    建設企画から運用スタート経緯

 ①    企画当初:(プロジェクトの実現性検証、マーケテイング・市場調査・市場分析、与件整理・不動産調査、事     業主意見打診etc)

 ②    計画初期:(施主の意見整理、設計条件整理、施主希望のマスタースケジュール、コストマネージメント、プロジェクト要件確認、事業性判断支援)

 ③    設計段階:(設計意図の実現、コスト・品質の事前決定と予算整合性確認、基本設計提示、実施設計契約予定、実施建物コスト提示、最終事業性判断支援助言etc)

    ④ 発注・工事契約:(実勢市場価格の確認・発注戦略立案、見積徴収、見積内容審査及査定、価格交渉支援、請

           負契約締結支援etc)

 

      ⑤  施工段階:(プロジェクト運営協業協定書締結、品質管理、コスト管理、工程管理、「監理業務履行報告、

      工事請負契約履行状況管理、設計変更監理、常時施工実施確認、品質確認、安全保全監理etc)

      ⑥  運用段階:(保全・維持管理徹底確認、維持管理計画策定、築後経年管理確認、施工業者指示、修繕計画の

      策定、常時ライフサイクルコストの検討確認etc)

      ⑦    不動産投資、保有、遊休地資産の再利用提言(保有資産活用の効率的活用、有効利用計画策定助言etc

 

 

Development technique concerning D・E・F Corp real estate business participation

 

The relation between the construction field and another industry is done and the ascertainment real estate synthesis management is done globally.

It willingly participates in foreign operations. Especially, Asia: India, Vietnam, and Africa: Zambia, South Africa, and Kenya、Uganda..Middle East..Turkey..Uzbekistan、Brazil..concentration..schedule.(public and private construction and Resource Development)

 ① It becomes new [pato-na-] with the entrepreneur.

   In construction (construction and engineering works) and the real estates, the solution of all given fields

     Industrial another specialized field, cooperation [shi], and our ability to get things done is faced to the solution of the project.

   Project target achievement

     Business project consultant its company, other companies cooperation, and participation of multi-industry

     Project management finance (PM,AM) (investment and financing)

     Construction management construction enterprise selection, execution management, completion inspection, and delivery

 

 ② Real estate effective use.

  *  Real estate investment consultant (real estate appraiser and financial analyst)

     Holdings use, recycling unused land recycling existing building, and REIT use (diversion value an increase)

     Stock management building investigation (ground survey, earthquake-proof investigation, recycling value, and usage)

     Use of D・E・F design group (person in charge full-time responsibility result system)

 

 ① Its own design part use (foundation schedule in 2012 fiscal year)

     Specialist group (architectural plan and execution investigation, design for execution, equipment design, and regional negotiation etc)

     Cooperation group (donor hope design group project best result improvement project group formation)

 

② Project system standpoint

     Adviser, entrepreneur agency, its company, and cooperation group

 

  

 Construction management

  

    Host scale to establishment of social meaning of project that entrepreneur tries and decision of directionality

    As entrepreneur's standpoint

 ① Simplification of business (clearness of ordering, business organization enhancement, and employee standpoint)

 ② Qualitative establishment of business (reconfirmation, quality control, and supervisor inspection enhancement of plan)

 ③ Cost value (validity, decision, and construction expense reduction in making of cost and transparent construction technique)

 ④ Project management (making properly and PJ schedule verification, cost, term of works shortening, compound construction execution, and adjustment)

 ⑤ Environmental protection (entrepreneur's social responsibility, property maintenance, and environmental assessment of project)

 ⑥ Real estate investment effectiveness confirmation (real estate investment strategy and holdings efficiency improvement, maintenance, and social responsibility in   

    the future)

 

 Operation start details from construction project

 

 ① Project..at first..project..feasibility..verification..marketing research..marketing analysis..donne..reason..real estate..investigation..entrepreneur..opinion..percussion.

 ② Planning initial: (master schedule of opinion arrangement of donor, design condition arrangement, and donor hope, cost management, project requirement   

     confirmations, and business judgment support)

 ③ Design stage: (prior decision of achievement and cost and quality of design intention and budget adjustment confirmation, basic design presentation, execution design 

     contract schedule, execution building cost presentation, and final and business judgment support advice etc)

 ④ Order..construction..contract..free currency market..price..confirmation..order..strategy..plan..estimate..collection..estimate..content..examination..price 

     negotiation..support.

     (Negative contract conclusion support etc)

 

 ⑤ Construction stage: Project management cooperation agreement book conclusion, quality control, cost management, process control, and management business  

     implementation ..(report)

     Construction undertaking contract implementation situation management, design change management, and construction execution confirmation, quality  

     identification, and always safety maintenance management etc)

 ⑥ Operation phase..maintenance..operation and maintenance..thoroughness..confirmation..operation and  

     maintenance..plan..decision..old..pass..yr..management..confirmation..construction..trader..instruction..mend..plan.

     Decision and always examination confirmation etc of life cycle cost)

 ⑦ Real estate investment, possession, and recycling proposal of unused land property (efficient use and effective use plan decision advice etc of holdings use)

 

 

             

金融工学 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E8%9E%8D%E5%B7%A5%E5%AD%A6
           

              社団法人 日本証券投資顧問業協会

       l         http://jsiaa.mediagalaxy.ne.jp/image/br.gif

              為替相場 - リアルタイム チャート - ポンド/

       l         http://www.forexchannel.net/realtime_chart/gbpjpy.htm

                        日経経済指標
                                  http://top.bcdn.jp/up_image/nikkei/1001i_135x100.gif
 
                        各国金保有高(日本は2005年以降アメリカFDRからアメリカ国債購入優先指示)
                              ●      http://www.garbagenews.net/archives/1170283.html 
 
                                            http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/ecodata/pdfs/k_shihyo.pdf
                        
米大手企業 Cushman & Wakefield 
 
          ●    http://www.cushwake.com/cwglobal/jsp/globalHomeSSO.jsp
 
 
                       (社 外 契 約 事 項)
                ①    顧問弁護士契約 弁護士法人高橋総合法律事務所 (代表社員 弁護士 高橋悦夫) 平成22年12月2日
             Adviser lawyer office Practicing Attorney Law person

                       Takahashi synthesis law firmSenior partnerMr,Etuo Takahashi)2010/Dec/2

              

                      ②  顧問税理士事務所(新規設定中)

                              Adviser licensed tax accountant office

 
  
 
    
 
 
     F: 輸出入食品及び雑貨国内外販売及び現地生産拠点展開(既契約済、契約及び商談中内容)
    ◎自由貿易協定(FTA)(良い物を世界に) 
 
               *対日自由貿易締結関係国一覧対中国は締結されていない
               9A#.E6.97.A5.E6.9C.AC.E3.81.AEFTA.E6.88.A6.E7.95.A5
 
           ◎欧州自由貿易連合(EFTA)
 
  ●    アメリカ    食品、日用雑貨、機械, 化学薬品
  ●    中南米     食品、日用雑貨、機械, 化学薬品
  ●     スペイン   IT関連機器(携帯急速充電器etc)機器生産工場選定 
 
         オリーブ油メーカと輸出入業務協業契約                              
                            http://www.molinodequiros.es/index.php?lang=en

         オリーブオイル専門用語辞典  http://www.speranza.jp/senmon.html

 

          ビタミン一覧  http://vitamine.jp/bita/index.html

           
 ●     ポーランド   日本製雑貨、薬品及びポーランド製衣服等輸出入協業業務契約
                                         EU販売用:機器工場選定
       カナダ     食品相互輸出入協業業務契約 
 ●    アルゼンチン 食品、雑貨、機械等輸出入協業業務契約商談中
 ●     エジプト     食品、雑貨、機械等輸出入協業業務契約
 ●     アフリカ(ケニア、タンザニア、ウガンダ、ザンビア、モロッコ、セネガル)
 ●    インド      INDO NIHON BOEKI(携帯電話用急速充放電システム国内展開)  
                                                   Vista Associyates Limited (http://www.vista.in/)(太陽蓄電利用街路灯設備)
             ネパール         Apex Enterprise(太陽蓄電利用街路灯設備:一部ODA)
   ●    UAE・トルコ商談中

 

 (参考) JETRO(日本貿易振興機構)弊社掲載事業商品H24,5) 

       (日本語:Japanese)     (英語:English)に関しましては、日本語ページ左上(English)をクリックしてください。

    ①http://www.jetro.go.jp/ttpp/JAN.CR06_JAN?id=1115835&corner_id=111

    ②http://www.jetro.go.jp/ttpp/JAN.CR06_JAN?id=1114754&corner_id=111

    ③http://www.jetro.go.jp/ttpp/JAN.CR06_JAN?id=1092541&corner_id=111

    ④http://www.jetro.go.jp/ttpp/JAN.CR06_JAN?id=1083733&corner_id=111

    ⑤http://www.jetro.go.jp/ttpp/JAN.CR06_JAN?id=1074765&corner_id=111

    ⑥http://www.jetro.go.jp/ttpp/JAN.CR06_JAN?id=1068603&corner_id=111

    ⑦http://www.jetro.go.jp/ttpp/JAN.CR06_JAN?id=1064811&corner_id=111

    ⑧http://www.jetro.go.jp/ttpp/JAN.CR06_JAN?id=1041591&corner_id=111

    ⑨http://www.jetro.go.jp/ttpp/JAN.CR06_JAN?id=1039915&corner_id=111

    ⑩http://www.jetro.go.jp/ttpp/JAN.CR06_JAN?id=1037458&corner_id=111

 

    現在地球上飛行中航空機

http://www.flightradar24.com/CPA846

 

  現在地球上航行中の船舶

        http://www.marinetraffic.com/ais/jp/default.aspx

 

 

 

G: D・E・F 研究所(シンクタンク)(辛苦集団)

各年次計画(異業種分野、異業種開発)

                        http://www.eso.org/public/news/eso0

                        http://iopscience.iop.org/0004-637X  

          

           日本代表科学  http://www.civic.ninohe.iwate.jp/100W/index01.html

                                         http://www.asagumo-news.com/news/201011/101111/10111103.html

 

  Archive Gallery: The Electric Car, 1916-Present

By Jason Zigelbaum Posted 7.23.10 at 2:20 pm 2 Comments

IMAGE 1 OF 17

 > TheHybrid: August 1916

 

August of 1916 was our first issue to cover a hybrid gasoline-electric automobile. The car combines the “utility of both a gasoline and an electric automobile”. In lieu of pedals, a lever was used to control the throttle. The result was a dual-passenger car that was, even in 1916, marketed for its fuel-efficiency.

Read the full story: A Gasoline-Electric Automobile

 

                  http://www.plausiblefutures.com/

  

     ●    IEEE Xplore - Hom       http://ieeexplore.ieee.org/Xplore/guesthome.jsp?reload=true

 

     WIRED VISION - “アカルイ”未来を考えるニュースサイ        http://wiredvision.jp/

 

     世界に影響を与える団体組織 (政治、軍事、金融、エネルギー、食料、医療、通信、文化教育etc)

*

    (日本国における政治家、官僚、企業、国民は大きく影響を及ぼす世界システムを改めて熟知する)

      * http://www.victoriaregalia.com/cgi-bin/web_store.cgi

 

                *  http://syouhou.iza.ne.jp/blog/entry/549859/

 

                * http://www.anti-rothschild.net/aboutus.html

                                                                                          

                            上記リンク (http://www.anti-rothschild.net/link/link.html

                *http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/36/d9/give_me_your_opinion/folder/530598/img_530598_7918816_0?1285483753

                              中国の策謀(日本国土が2050年、中国の(省)に組み込まれています)

     

                 *尖閣列島は先島列島に含まれる日本固有の領土(施政権、行政権等日本国家主権が及ぶ領土)

                                              http://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/thumb/8/88/Okinawa_pref3-1.png/800px-Okinawa_pref3-1.png

 

  ●     国立国会図書館-National Diet Library

                                        http://www.ndl.go.jp/index.html

 

イグノーベル賞 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%B0%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E8%B3%9E

             

     ●      地震情報 - 日本気象協  http://tenki.jp/earthquake/

 

     ● NICT 宇宙天気情報センター        http://swc.nict.go.jp/contents/

   

     ●    北カルフォルニア日本人会

           The Japan Society of Northern California    http://www.usajapan.org

 

  ●  和歌山県海外県人会案内 

 

http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/022100/kokusaikouryu/kenjinkai.html 

 

      (参考)

      Magazine-Web  http://web-jp.ad-v.jp/data/423991/640-480_2.gif

               

 

  

 

 

 

  

 

    ※当新着情報のページは本格ホームページ改訂までのものです。
 
ホームページはこちら
株式会社 ディ・イ・エフ  http://www.d-e-f.co.jp/                         
 
 (D・E・F Corp)
 
Copyright (c)2010 株式会社ディ・イ・エフ, All rights reserved.
サブページ (1): URL:/site/defosaka/home-2
Comments