建築家山口文象+初期RIAアーカイブス
制作:伊達美徳

 山口文象(+RIA)アーカイブスは、これまで収集した建築家山口文象と彼が1953年に創立したRIA(現 ㈱アール・アイ・エー)に関する資料を、整理したものである。
 山口文象に関する資料の多くはRIAが保管している。
 ここに掲載するのは、かつて『建築家 山口文象 人と作品』(1982)及び『新編 山口文象 人と作品』(2003)を刊行するにあたって収集した者に加えて、伊達がその後に収集したものや、山口文象やRIAについての論考等を掲載している。
 2011年6月に山口文象のアーカイブスとして始めたが、2013年11月から初期RIAについても掲載することにした。(伊達美徳)
https://12070186-a-62cb3a1a-s-sites.googlegroups.com/site/dateyg/bunzo-archives-1/1962RIA10th.jpg?attachauth=ANoY7cpw3ZeSYkaeAp0kh9G9kNxfeEuhQ_dL9F6tAarjEphPvTTpXDyANqlXdvVFYW-GVz0hxj2fKTPakgknVqHVi6TgNq3pEAVfklMQ110PcEwwBZZ66JzYJlX8NQ3govKflbSoA7HfS7NshnaSpo-DVGaaF8W5a_GGZ6DI1va5CiHZrwdv4SmhZo-cpfaYMtJUvw9gjkflNd4YCTgpTVU8Gr2mFppa-0I7CPfRYKvMhV1-JFM0W5I%3D&attredirects=0
初期RIAメンバー(1962年 前列左から二人目は池辺陽氏でRIAメンバーではない
 

●山口文象+初期RIAアーカイブス項目 
最新修正・追加掲載2018年1月5
 
 Ⅰ.山口文象+初期RIAの軌跡
 
 

Ⅱ.山口文象+初期RIA主要建築作品等 
 
1923~30  創宇社建築会
1924~34  橋梁デザイン
1924~27  分離派建築会
1926   東京朝日新聞社社屋(東京・中央区)
1927   
日本橋白木屋(東京・中央区)
1927   山崎商店(処女作)
1929   仲田勝之助邸
1930   ウクライナ・ハリコフ劇場コンペ応募(創宇社建築会)
1931   
菊池一雄アトリエ
1933   小泉八雲記念館(松江)
1933   藤川勇造アトリエ
1934   日本歯科医学専門学校(東京・新宿区)
1934   北鎌倉の茶席・宝庵(旧関口邸茶席・鎌倉)
1936   梅月堂(山形)
1936   番町集合住宅(東京・麹町区)
1936   小林邸(東京・大田区)
1936   前田青邨邸(鎌倉)
1936   山崎発電所及び早川取水堰堤(箱根、小田原)
1939   F邸(東京・大田区)
1940   山口文象自邸(東京・大田区)
1940   林芙美子邸(現・林芙美子記念館、東京・新宿区)
1948   高松近代美術館(高松)
1948   広島平和記念カトリック聖堂コンぺ(準佳作)
1949   総同盟会館・全繊同盟会館(東京港区・青雲荘の隣り)
1950   久が原教会(東京・大田区)
1953~60  RIA初期の建売住宅(3Kハウス、白雲観光、近鉄学園前、登美が丘ほか)
1954   
聶耳の碑
1954~88  神奈川大学横浜キャンパス(横浜)
1955~  家具デザイン
1959   大森教会(東京大田区)
1959   朝鮮大学校(小平)
1964   新制作座文化センター(八王子)
1971   是の字寺海竜院(岡崎)
1973   平安教会(京都)
1973   町田市郷土資料館(現・博物館、町田)

Ⅲ.山口文象+初期RIA  著述・対談・講演
  
1924  制作する心「分離派作品集第三」)
1925  ・創宇社建築展(「マヴォ」1925年第7号)
1925  ・住宅地に建てられる店舗(「店舗及住宅」1925年12月号)
1927  ・橋を語る
(「工芸時代」9月号)
1928  ・Internationale Neue Baukunst
ヒルベルザイマー著翻訳「アトリエ」9月号)
1929    明日の建築へ
(「アルト」4月号)
        ・新興建築について(「近代生活」1929.12月号)

1928~30・論文三部作
                  「新建築に於ける唯物史観」「合理主義反省の要望」「新興建築家の実践とは」
1932  ・欧州建築夜話(「建築科学」11月号)
1933  ・1933年を回顧する
(「新建築」12月号)
1935  ・明日の住宅は?
(「住宅」1月号)
1936  ・堰堤随感
(国際建築9月号)
1938  ・ブルーノ・タウトの死
(「セルパン」1938.3月号)
1938  ・民家風の一住宅 絵と文(「住宅」1938年?月号)
1946  ・『集合住宅の記録』(ブルーノタウト『Siedlungs-Memoiren』1933翻訳)
                 (講演記録1948年2月8日新日本建築家集団歴史研究部会報告 東大建築家教室にて)
1949  ・講演・創宇社建築会について(明治大学講堂にて)
1952  ・我々の問題としてのローコスト住宅(「新建築」10月号)
        ・朝日
住宅相談室(「婦人朝日」連載)
1953  ・住宅志言(「新建築」11月号)
        ・住宅
(朝日新聞社)
1954  ・座談会・庶民住宅をどうするか
(「新建築」4月号)
1955  ・昨日・今日そして明日へ(「新建築」10月号)・RIAレポート  
        ・
鼎談・戦前から戦後へ(山口、三輪、植田「建築文化」1955.9))
1956  ・RIAレポート
1957  ・家具はだれのものだ
(建築文化3月号)
1962  ・対談・都市計画にヒューマンスケールを
(川添登「建設ニュース6月号」) 
       ・対談 戦前戦中戦後
(「建築」1962.6月号)
       ・ハイマートローゼ(「室内」1962.7月号)
       ・RIA特集
(「建築」1962.6月号)
1964  ・芝居小屋(「建築」1964.3月号)
       ・前衛建築家の宙かえり
(「新建築」1964.6月号)
1966  ・プランニングにおける思想性(「新建築」1966年3月号)
1967  ・対談・下町かたぎの建築家
(日本短波放送、海老原一郎)
1968  ・思想と現実の狭間における建築家の意識(「都市住宅」12月号
1969  
ワルター・グロピウス(「建築家」1969 秋号 日本建築家協会)
      ・座談会 分離派・中央電信局・山田守
(「建築記録中央電信局」1969)
1971  ・
座談会:建築と演劇(「現代建築家全集11:山口文象とRIA」三一書房)
1972  ・
講演・建築はどうなる(「建築家」1972年夏季号 日本建築家協会)
      ・講演・建築学生は何を学ぶか
      ・対談・山口文象1929-1932(「近代建築の目撃者」佐々木宏1977)
1974  対談・「生活空間の創造」ワルターグロピウスについて
(「建築雑誌」1974.11)
1975  ・対談・兄事のこと
(「建築をめぐる回想と思索」長谷川尭1976)
      ・対談・建築を作る
(JIA会館にて 聞き手:佐々木宏)
1978  ・地域に根をおろした建築を(「建築士」)
1978  ・追悼(植田一豊 1978年6月1日 山口文象葬儀)
1985
  ・一九五三年の山口文象・山口文象私論序説(植田一豊1985/02)

 
Ⅳ.伊達美徳による各種論考・紹介・作製資料

【論考】018/01/31NEW
  モダニストとして売り出し始めた1934年に山口文象が設計した茶席建築は京都の名茶室の写し
  まちもり散人が長年蒐集の山口文象関係資料全てをRIA山口文象資料庫に納めた
     山口文象が滞欧した1930~32年頃のベルリンにおける世情とグロピウス事務所のこと 
コラム:山口文象とブルーノ・タウトの出会いータウトの日本日記から(2015/08)
  1933年から1936年まで日本にいたタウトとその間の山口文象との意外な関わり方
コラム:未来が明るかった頃:奈良の西郊にできたモダン建売住宅・その1(2015/03)
     1956年奈良西郊近鉄あやめが池地区で住宅博覧会開催、山口文象はモダンコンクリ建売住宅出展

コラム:山口文象設計の総同盟会館・全繊会館を“発見2014
  1936年に建った青雲荘の隣りに戦後1949年に建った労働運動の拠点の施設
論考:J・コンドル和風建築と山口文象モダン建築の出会い(改訂2校)2014
  近代日本の社会主義出発と労働運動拠点の設計はコンドルから山口文象に引き継がれた
  1936年、日本労働運動指導者・松岡駒吉は設計者としてなぜ山口文象を選んだか
  2014年5月27日、友愛労働歴史館での講演に使用した画像
  東京都港区芝にある同じ敷地内に戦災で焼けるまで隣あっていた対照的な二つの建築
  山口文象自邸は今はピアニストの子息が住み、春と秋にサロンでピアノコンサートを開く
  山口文象が起した「住宅のRIA」から「都市のRIA」へ建築家の職能新展開の論考 
  山口文象たちが1953年に創設したRIAは2013年には60年,記念誌を刊行
  1931年の彫刻家菊池一雄アトリエは山口が無名時設計のモダンデザインで池辺陽増築 
  このサイトに掲載している山口文象論考の中から厳選して自家製DTP本を作った
  1936年は山口文象のピークの年、山形市七日町に梅月堂がモダンな姿で登場
  観光地箱根の玄関口あたりにある山崎発電所と取水ダム
  東京中央郵便局が改築されるが、原設計者は吉田鉄朗ではないと山口文象は異論
  建築家小町和義氏は山口文象の戦中戦後をよく知る…山口は戦争に加担しなかったか
   山口文象とその時代略譜、1963年に建った演劇集団の根拠地の建築群は今、

  モダニズム旗手建築家は戦争で逼塞、戦後の再出発から終焉までを克明に追う
  建築家・山口文象の建築・ポスター・家具等(抜粋)のデザイン一覧 
  建築家・山口文象と初期RIAを研究する人のための文献資料等の表題一覧 
  山口文象・植田一豊・三輪正弘・近藤正一らによる各種論考、最近のRIA出版物まで
  「新建築に於ける唯物史観」、「合理主義反省の要望」、「新興建築家の実践とは」
  1982年「建築家山口文象人と作品」(RIA)を上梓、21年ぶりに新資料評伝出版
  創宇社建築会創立メンバー竹村新太郎氏が語る近代建築運動の現場
  「住宅のリア」時代に取り組んだ戦後庶民戸建て住宅設計は400軒を越えた

【評伝】山口文象(2003年版)
   大工棟梁の家に生まれ助走、離陸、飛翔そして止揚と建築家の道を行く
   創宇社建築会をおこして近代建築運動にまい進した二人の軌跡
   自然の中の造形にかかわったデザイナーとエンジニアたち
   自然との調和ではなく黒部峡谷美と対峙する建築。表題コラム他にも多数。
   松江と富山に小泉八雲ゆかりの建築、東京に林芙美子邸、両作家と山口の接点は?
 

Ⅴ.山口文象(+RIA)関連外部サイト
 
Ċ
まちもり散人,
2012/03/24 4:45
Ċ
まちもり散人,
2011/06/12 7:21
ċ
まちもり散人,
2009/12/06 23:30
Ċ
まちもり散人,
2011/06/10 23:50
Ċ
まちもり散人,
2011/06/10 23:41
Ċ
まちもり散人,
2011/06/11 0:01
Ċ
まちもり散人,
2011/06/10 23:42
Ċ
まちもり散人,
2011/06/10 23:57
Ċ
まちもり散人,
2011/06/11 2:08
Ĉ
まちもり散人,
2015/10/19 23:49
Ċ
まちもり散人,
2015/07/07 15:45
Ċ
まちもり散人,
2014/07/19 4:28
Ċ
まちもり散人,
2014/07/19 20:52
Ċ
まちもり散人,
2011/06/10 7:13
Ċ
まちもり散人,
2011/06/13 21:11