Python開発環境

講義「データサイエンス」の実習はPythonとそのライブラリを用います。そのため、Python開発環境(エディタ、実行など)を説明します。ユーザーの使いやすいものをお使いください。

Jupyter 
   公式HP: http://jupyter.org/
   Jupyterプロジェクトは,オープンソースの対話型コンピューティング(Interactive Computing)の開発を行うことです。この中に次の二つがあり,いずれもAnacondaに含まれています。
  • Jupyter Notebook:  ブラウザ上でエディット、実行を行います。ステップ・バイ・ステップに開発、逐次実行確認を行うのに適しています。使い方は本ページのサブページ"Jupyter Notebookの使い方"をご覧ください。授業では,主にこれを用います。
  • Jupyter Lab:  notebookに類似,マルチウィンドウやデバッグコードが可能,ただし2018年1月現在,まだ開発途中
    • 起動の仕方 コマンドプロンプト  > jupyter lab
    • https://news.mynavi.jp/article/zeropython-15/
  • 注意:両方とも,拡張子は”.ipynb" (iPython Notebook)であり,Pythonスクリプトに加えて,ドキュメント,式(LaTeX風),画像までを取り込んだファイルです。
Spyder
  HP https://pypi.python.org/pypi/spyder
  Pythonスクリプト”.py"を開発,実行,デバックできる統合環境で,Anacondaに含まれています。

SciTE
 エディタと実行が一体となり、能は少ないのですが、余計な手順が不要で気軽に使いやすく、私のお気に入りです。導入編は本ページのサブページ"SciTE"をご覧ください。

Visual Studio Code
 Microsoft社が提供でVisual Studioよりも軽快で、デバッグ機能、マルチ画面など豊富な機能を有しています。導入編は本ページに添付している”Visual_Studio_Code_導入.pdf”をご覧ください。

Pycharm
 Pythonユーザが昔からよく使用しているものです。実時間でのコードチェック・修正、デバック機能など多機能を有しています。

 開発者の中で根強い人気のある Vim(公式HP http://www.vim.org/)、統合開発環境 NetBeans( https://ja.netbeans.org/ ) , Eclipse + PyDev ( https://qiita.com/takeyamajp/items/03cb19ee24a0ec580d64  ) などがある。
Ċ
captain hashimoto,
2017/12/27 13:48
Comments