清水滝参道にある地獄門

成田山久留米分院の地獄道


地獄極楽

芥川龍之介の蜘蛛の糸の世界が楽しめる地獄極楽。カンダタになりきり蜘蛛の糸(鉄の鎖)を伝い極楽浄土へ行けるのか。体験型アトラクションと六道の世界を学べます

蜘蛛の糸 (日本の童話名作選)

新品価格
¥1,680から


三宝寺のコンコン婆さん

三宝寺の閻魔大王と十王像

円龍寺にある閻魔堂

羅漢寺にある地獄極楽入口

三途の川のお婆さんが入口にいる。中には鬼の子のミイラの写真もあるが、わりと明るめなので怖くはない。絶景を楽しんだ後には極楽のなで犬が待ってます
高塚さん
別府地獄めぐり
雲仙地獄
 

地獄温泉

温泉好きな人の間では有名な地獄温泉。名前は地獄でも泉質は最高です。ちなみに混浴もあります

極楽温泉

おじいちゃんが温泉やお風呂にはいって「ごくらく・ごくらく」って言ってるシーンを想像します。閉鎖情報があるけどどうなんだろう?

極楽バス停
 
極楽橋
 
極楽橋

蓮華院誕生寺奥之院




 






地獄絵図で真っ先に思い浮かんだのが河鍋暁斎。月岡芳年や歌川国芳とかの作品もいいですよね


地獄
六道の一。現世に悪行をなした者が死後に苦果を受けるところ

極楽
極楽浄土の略

極楽浄土
阿弥陀仏の居所である浄土。西方十万億土を経た所にあり、全く苦患のない安楽な世界で、阿弥陀仏が常に説法している

天国
神・天使などがいて清浄なものとされる天上の理想の世界。キリスト教では信者の霊魂が永久の祝福を受ける場所をいう

六道
衆生が善悪の業によっておもむき住む六つの迷界。すなわち、地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天。六観音・六地蔵・六道の辻はこれに由来する

閻魔王
インド神話で光明・正法の神、のち、人類最初の死者であることから死の神として冥界を支配した王。仏教に入って一方、では六欲天の一となり、他方では地獄の主となり、一八の将官と八万の獄卒を従えて、地獄に堕ちる人間の生前の善悪を審判・懲罰するという。経典により、地蔵菩薩の化身といい、天部といい、異名も多い

脱衣婆
三途の川のほとりにいて、亡者の着物を奪い取り、衣領樹の上にいる懸衣翁に渡すという鬼婆

民間信仰
民間に伝承されている信仰

【 広辞苑 】