全国各地に伝わる河童や天狗の話。小さいころから絵本やアニメで見てたので、姿かたちはこうあるべきって勝手に思ってる。でも実際に生きてるところは見たことないんだよねぇ。黄色い河童や青い天狗とかはいないんだろうか。たまにそんなことを考えるのも楽しいです

このページはブログ(九州大図鑑)で紹介した妖怪にまつわるネタや空想上の生き物、さらにはUMAに関する物ををまとめたものです。地域に伝わる伝承や民話を知るとさらに面白いよ



【 河童 】



河童の瓦とお墓河童の墓河童の駅舎



河童のミイラ河童の手のミイラ河童の手のミイラ



河童の手のミイラ狛河童河童の捕獲



河童の郵便ポスト河童の橋河童の橋



河童の橋河童の橋河童の橋



顔ハメ河童のマンホール河童のマンホール


【 鬼 】
   
   








妖怪
人知では解明できない奇怪な現象または異様な物体。ばけもの

あやかし
海上に現れる妖怪。あやかり。海幽霊。転じて、怪しいもの。妖怪変化

河童
想像上の動物。水陸両生、形は四・五歳の子供のようで、顔は虎に似、くちばしはとがり、身に鱗甲あり、毛髪少なく、頭上に凹みがあって、少量の水を容れる。その水のある間は陸上でも力強く、他の動物を水中に引き入れて血を吸う


天つ神に対して、地上などの悪神・邪神。伝説上の山男、巨人や異種族の者。恐ろしい形をして人にたたりをする怪物。もののけ。想像上の怪物。仏教の影響で、餓鬼、地獄の青鬼・赤鬼があり、美男・美女に化け、音楽・双六・詩歌などにすぐれたものとして人間世界に現われる。後に陰陽道の影響で、人身に、牛の角や虎の牙を持ち、裸で虎の皮のふんどしをしめた形をとる。怪力で性質は荒い

幽霊
死んだ人の魂。亡霊

天狗
深山に棲息するという想像上の怪物。人のかたちをし、顔赤く、鼻高く、翼があって神通力をもち、飛行自在で、羽団扇をもつという


【 広辞苑 】