Androidアプリ‎ > ‎

Peafowl

Peafowl綺麗なデザイン多機能を目指したTwitterクライアントです.
Androidのバージョンは4.1から6.0まで対応しています.

ダウンロードはこちら

現在のPeafowlのバージョンは1.5.0です.

機能紹介

複数アカウントの対応

メイン画面の右上のメニューの「アカウント」を押すと,アカウントのダイアログが表示されます

  • 現在使用していないアカウントを押すとそのアカウントに切り替わり画面が再起動されます
  • 現在使用していないアカウントを長押しするとそのアカウントを削除できます
    • 削除の前に確認のダイアログが表示されます
  • 自分のアカウントを押しても何も起こりません
  • 「アカウントを追加」を押すと自動的に認証画面へ移動します
    • もし認証をキャンセルしてアプリに戻りたい場合は「メイン画面に戻る」ボタンを押してください

タイムライン

  • ホームのタイムラインはデフォルトでUserStreamが有効になっています
    • 設定から無効にすることができます
    • UserStreamが無効になっている場合,もしくはホーム以外の画面の場合は下へ引っ張るとタイムラインを更新できます
  • 左右にスワイプで他の画面に切り替えることができます
    • また左から引っ張ると出てくるメニューと連携しているので,そこからも切り替えられます
  • 表示する画面は設定で変更することができます.対応しているのは以下の画面です
    • 返信
    • いいね
    • リスト
    • ユーザーのツイート
  • ユーザーアイコン
    • 普通に押すとそのユーザーの詳細画面へ移動します
    • 長押しするとフォローやブロックなどのイベント一覧がダイアログとして表示されます
    • リツイートのユーザーアイコンも同様です
  • ツイートの画像
    • 押すと大きな画面で画像or動画を見ることができます
  • 上記以外の場所を押すとツイートに関するイベントの一覧がダイアログ(下記参照)として表示されます
    • 引用されたツイートを押しても同じダイアログが表示されます
  • 片思いの表示にも対応しています
    • デフォルトではオフになっているので,表示したい方は設定から有効にしてください
  • ミュートにも対応しています
    • 以下のタイプで細かく設定することができるので,間違ってミュートされることはほぼありません
      • すべて
        • 全てのタイプで対象の文字が含まれているかどうかチェックします
      • テキスト
        • 下の4つのタイプ以外のテキストに対象の文字が含まれているかどうかチェックします
      • URL
        • URLに対象の文字が含まれているかどうかチェックします
        • 短縮されたツイートは短縮前(展開後)のツイートをチェックします
      • ハッシュタグ
        • ハッシュタグに対象の文字が含まれているかどうかチェックします
      • スクリーンネーム
        • スクリーンネーム対象の文字が含まれているかどうかチェックします
      • クライアント名
        • クライアント名に対象の文字が含まれているかどうかチェックします

ツイートのダイアログ

  • いいねやリツイートなどの基本的な機能は実装しています
  • 「引用されているツイートを開く」
    • 引用ツイートがあった場合,そのツイートでダイアログを開き直します
  • 「引用してツイート」
    • ツイート画面に移動し,【QT: @スクリーンネーム: ツイートの本文】という形でテキストを自動的にセットします
  • 「パクる」
    • ツイートの本文をそのまま送信します
  • 「コピー」
    • 以下の内容についてコピーできます
      • ツイートの本文
      • ツイートのURL
      • ツイートしたユーザーのID
      • クライアント名
      • クライアントのWebサイトのURL
  • 「ミュート」
    • ダイアログが表示され,テキストエリアにはツイートの本文がセットされます
    • 「クライアント名を自動的にセット」
      • ミュートのタイプ「クライアント名」を選択した際に,自動的にクライアント名をテキストエリアにセットします
      • デフォルトでチェックが付いています
  • 「ブラウザで開く」
    • ツイートのURLをブラウザで開きます
  • 「修正して再投稿した後、これを削除」
    • ツイート画面に移動し,ツイートの本文を自動的にセットします
      • 画像はセットされません
    • 送信に成功すると元のツイートを削除します
    • いわゆる編集機能です
    • アカウントを変更することができるので,ツイートを投稿するアカウントを間違えてしまった場合にすぐに別のアカウントにツイートを投稿しなおすことができます
  • スクリーンネーム(@…)
    • 普通に押すとそのユーザーの詳細画面へ移動します
    • 長押しするとフォローやブロックなどのイベント一覧がダイアログとして表示されます
  • ハッシュタグ(#…)
    • 普通に押すとそのハッシュタグで検索して,その結果画面に移動します
    • 長押しするとイベント一覧がダイアログとして表示されます
  • URL
    • 普通に押すとそのサイトへ移動します
    • 長押しするとイベント一覧がダイアログとして表示されます

ツイート画面


  • 返信元ツイートやスクリーンネームなどの返信するにあたって必要な情報は自動的にセットされます
  • スクリーンネームとハッシュタグは上部のメニューから簡単に挿入することができます
  • 端末内の画像だけではなく,その場でカメラを起動して撮った画像をすぐに追加することができます
  • ツイートの内容は下書きに保存することができます
    • 画像は保存できません
  • ツイートするアカウントを切り替えることができます
    • どのアカウントでツイートするかは左上のユーザーアイコンで判断できます
  • ハッシュタグを固定することができます
  • ハッシュタグ・URL・スクリーンネームを自動的に判別して色を変更します

簡易投稿モード

  • 左の画像のようにオプションメニューから「簡易投稿モード」にチェックを入れると,右下の投稿ボタンが消えて,画面下部にツイートボックスが表示されます
    • このボックスは常に画面に表示されます
  • ツイート画面と同じように,テキストを入力してツイートを送信できます
  • 左のドロップダウンアイコンをタップすると,右の画像のようにアイコンが表示され,様々な機能を利用することができます
    • 左から数えて3つ目まではツイート画面と同じ機能です
      • 添付した画像の扱いも同じです
    • 左から数えて4つ目は下書きの挿入,5つ目は下書きの保存です
  • モードの状態はアプリを終了しても記憶されます

ユーザーの詳細画面

https://sites.google.com/site/cyanoa0504/android/peafowl/user_detail1.png https://sites.google.com/site/cyanoa0504/android/peafowl/user_detail2.png https://sites.google.com/site/cyanoa0504/android/peafowl/user_detail_night.png?attredirects=0
デフォルトの状態 下へのスクロールに合わせて滑らかに上部が変わります

  • ユーザーアイコンを押すとそれを大きな画面で表示します
  • 自分のリストにユーザーを追加・削除することができます
    • 新たにリストを作成することもできます
  • プロフィール中のURL・スクリーンネーム・ハッシュタグはそれぞれ押すとイベントが発生します
    • URL
      • 普通に押すとそのサイトへ移動します
      • 長押しするとイベント一覧がダイアログとして表示されます
    • スクリーンネーム
      • 普通に押すとそのユーザーの詳細画面へ移動します
      • 長押しするとフォローやブロックなどのイベント一覧がダイアログとして表示されます
    • ハッシュタグ
      • 普通に押すとそのハッシュタグで検索して,その結果画面に移動します
      • 長押しするとイベント一覧がダイアログとして表示されます
  • 左がユーザーの詳細情報,右がユーザーのツイートです
    • 左にある「いいね」のカードを押すと,右でユーザーがお気に入りにしたツイートを見られます
    • 左にある「ツイート」のカードを押すと,右でユーザーのツイートを見られます
  • 「フォロー」「フォロワー」カードを押すと,それぞれユーザー一覧を別の画面で表示します
  • 場所のカードを押すとイベント一覧がダイアログとして表示されます
  • ホームページのカードを押すとそのサイトへ移動します
  • ホームページのカードを長押しするとイベント一覧がダイアログとして表示されます
  • もしあれば,ユーザーのリスト一覧やヘッダー画像を見ることができます
  • ユーザーのページをブラウザで見たり,共有したりすることができます

プロフィール編集

https://sites.google.com/site/cyanoa0504/android/peafowl/profile_edit.png https://sites.google.com/site/cyanoa0504/android/peafowl/profile_edit_night.png?attredirects=0
  • 自分自身のユーザー詳細画面からプロフィール編集画面に移動することができます
  • 名前・記述・場所・ホームページ・アイコン画像・ヘッダー画像・背景画像を変更することができます
    • 名前を入力していないor各文字数の制限を超えている場合は編集を完了することができません
    • 背景画像をタイルするかどうかも決めることができます
    • 背景画像の変更は正しく反映されない可能性があります
      • Twitterの公式Webサイトで反映されているかどうかご確認ください
    • 各画像については制限があるので,上部のハテナアイコンをタップしてヘルプをご確認ください
  • 編集が完了してもすぐには反映されない可能性があります
    • 編集処理は完了しているので,再度編集作業をする必要はありません
    • .本アプリを再起動していただくと確実に反映されます

リスト一覧

https://sites.google.com/site/cyanoa0504/android/peafowl/list.png https://sites.google.com/site/cyanoa0504/android/peafowl/list_night.png?attredirects=0
  • 自分のリスト一覧だった場合,右上に「+」マークが表示され,そこから新しくリストを作成することができます
  • ここのユーザーアイコンも上記で書いたように押すとイベントが発生します
  • リスト名やリストの説明文は長押しで選択することができます
  • 「追加されているユーザー」「保存しているユーザー」を押すと,それぞれユーザー一覧を別の画面で表示します
  • リストのIDをコピーすると,メイン画面の設定をする際に簡単にそのリストを追加することができます
    • 後述の『メイン画面の設定』をご参照ください

ユーザー一覧

https://sites.google.com/site/cyanoa0504/android/peafowl/users.png https://sites.google.com/site/cyanoa0504/android/peafowl/users_night.png?attredirects=0
  • 右上の歯車マークを押すとフォローやブロックなどのイベント一覧がダイアログとして表示されます
  • ヘッダー画像・ユーザーアイコン・名前・スクリーンネームのいずれかを押すと,そのユーザーの詳細画面へ移動します
  • プロフィールは長押しで選択することができます

検索

https://sites.google.com/site/cyanoa0504/android/peafowl/search.png https://sites.google.com/site/cyanoa0504/android/peafowl/search_night.png?attredirects=0
  • 公式で提供されている検索オプションをほぼ全て取り入れました

ダイレクトメッセージ(DM)

  • 受け取ったDM一覧・送ったDM一覧をタブで切り替えて見ることができます
  • 動作はツイートと大体同じです
    • 返信する時は返信元のDMがセットされたり下書きを利用することができたり…
  • 動画の場合は,動画のURLをブラウザで開きます
    • ブラウザでログインされた状態の場合に,動画を見ることができます
  • DMを書く画面では一度決めたDMの宛先を変更することができます

トレンド

  • ナビゲーションドロワーの「トレンド」をタップするとトレンド画面(左の画像)に遷移します
    • 下のアイコンは左から,検索・コピー・共有,の機能を利用することができます
  • 一番上まで表示した状態で,下へスワイプするとトレンドを更新できます
    • トレンドは5分おきに更新されます
      • 更新時に前回の更新から5分経っていない場合は,更新されるまでの残り時間をメッセージで表示します
  • アカウントを変更したりアプリを終了したりすると,取得したトレンドがリセットされます
  • 右上の場所編集アイコンをタップすると右の画像のようにダイアログが表示されます
    • 国と地域を変えることで,トレンドの対象地域を変更することができます

動画再生画面

https://sites.google.com/site/cyanoa0504/android/peafowl/video_play.png https://sites.google.com/site/cyanoa0504/android/peafowl/video_play_night.png
  • 動画の再生・一時停止・シークができます
  • 「読み込み元」を選択すると,読み込む動画のURLを変更でき,より高い(低い)クオリティの動画を選ぶことができます
    • デフォルトは一番低いクオリティの動画を読み込んでいます
    • この機能は,端末とOSバージョンに依存しており,選んだ読み込み元では再生できない場合があります
      • どの読み込み元を選択しても動画を再生することができない場合はご連絡ください
    • Gif動画の場合はこの項目は表示されません
  • 「画質を変更」を選択すると,動画の画質を変更することができます
  • 「音質を変更」を選択すると,動画の音質を変更することができます
    • Gif動画の場合はこの項目は表示されません
  • 「保存」を選択すると,ファイル名を決めて,再生している読み込み元から動画をダウンロードして保存します
    • 同じ名前のファイルがすでに存在している場合は,システムによってファイル名が自動的に変更されます
      • 例えば,「test.mp4」というファイルがすでにある場合は,「test-1.mp4」というファイル名で保存されます
        • どのようにファイル名が変更されるかは端末・OSバージョンによって差があると思われます
    • ダウンロードの進捗状況はステータスバーに表示されます
      • ネットワークなどの問題で動画をダウンロードできない場合は,その間だけ表示されません
        • 問題の解決後に再度表示されるようになります
    • ダウンロード中に通知領域をタップすると動画のダウンロードをキャンセルすることができます
      • キャンセルする前に確認ダイアログが表示されます
    • ダウンロードが完了後に通知領域をタップすると端末のダウンロードアプリを開きます
  • 「ループ」にチェックを入れると,動画の再生終了時に自動的にまた再生します
  • どの機能に関しても,動画の再生状況に関係なく使うことができます

設定

  • メイン画面の設定画面(後述)へ移動することができます
    • そこではアイテムの追加・削除や並び替えなどができます
  • ミュートの設定画面へ移動することができます
    • そこではミュートの追加・削除や他アカウントとの同期などができます
  • 保存したハッシュタグの設定画面へ移動することができます
    • そこではハッシュタグの保存・削除やタイムラインからの抽出などができます
  • 片思いの表示をするかどうか選択できます
    • デフォルトではオフです
  • 右上のメニューから片思いの状態の更新をすることができます
    • 処理が終わる前にアプリを終了しようとすると確認のダイアログが表示されます
      • 処理が終わると「片思いリストの取得が完了しました」というメッセージが表示されます
    • その時アプリを終了しても情報の取得がキャンセルされるだけなので大きな影響はありません
  • リツイートする際に確認するかどうか選択できます
    • デフォルトではオンです
  • パクる際に確認するかどうかを選択できます
    • デフォルトではオンです
  • 暗いテーマに切り替えることができます
    • 設定画面を閉じるとすぐに反映されます
  • 動画の自動再生を有効にすることができます
    • デフォルトではオフです
    • 動画再生画面にはこのオプションはありません
  • 不適切なコンテンツ(画像)にモザイクをかけ大きな画面で表示する際に確認するかどうか選択できます
    • デフォルトではオンです
  • UserStreamで受け取るメッセージを選択できます
    • デフォルトでは全てのメッセージを受け取ります
  • メイン画面でスリープ状態への移行を防ぐかどうか選択できます
    • デフォルトではオフです
  • Peafowlについての情報を見ることができます

メイン画面の設定

https://sites.google.com/site/cyanoa0504/android/peafowl/main_setting_screen.png https://sites.google.com/site/cyanoa0504/android/peafowl/main_setting_screen_night.png?attredirects=0

  • 設定した画面一覧を見ることができます
  • アイテムの右端のアイコンを長押しするとアイテムの順番を入れ替えることができます
  • アイテムの右端のアイコン以外の場所を長押しするとそのアイテムを削除することができます
    • 確認ダイアログが表示されます
  • 上部の「+」マークをタップすると自分が作成or保存したリストの一覧がダイアログで表示され,選択したリストを複数追加することができます
    • 画面に「いいね」や「リプライ」がなければそれらもダイアログに表示されます
    • アイテムの追加によって画面に表示されるアイテム数が4を超える場合は,画面数の上限(後述)を解除してない限り,エラーのメッセージが表示されアイテムを追加することができません
  • 右上のアイコンをタップすると以下のような機能が利用できます
    • 自分で入力して追加
      • スクリーンネームを入力する場合は以下の2つの方法でアイテムを追加することができます
        • スクリーンネーム(リスト)
          • 入力したスクリーンネームのユーザーが作成or保存したリストの一覧がダイアログで表示され,選択したリストを複数追加することができます
        • スクリーンネーム(タイムライン)
          • 入力したスクリーンネームのユーザーのタイムラインをアイテムとして追加します
      • リストIDでは,名前の通り,入力したリストIDに対応するリストを追加します
        • リスト一覧の画面でリストIDをコピーできるので,組み合わせてご利用ください
    • 他アカウントとの同期
      • 選択したアカウントの画面設定を現在のアカウントに適用します
    • 初期状態に戻す
      • 画面のアイテムを「リプライ」と「いいね」の2つに設定します
    • 画面数の上限を解除
      • 本アプリでは,「画面数を増やしすぎた結果,アプリを正しく起動できなくなりどうしようもなくなってしまった」という状況を防ぐために画面数に上限を設け,ホームを含めて5つの画面まで表示する,という風にしました
        • そのため自由に追加できるアイテムは4つまでとなります
      • しかし,画面を5つ以上表示したい,という場合は,このオプションにチェックを入れると上限を解除することができます
      • チェックを外すとまた上限が設定されるので状況に合わせてお使いください

その他

  • 他のアプリから共有機能を使ってPeafowlのツイート・DM画面を呼び出すことができます
    • 例えば,ブラウザで見ているWebサイトを共有するときにPeafowlを選択することができます
  • バージョン45以上のChromeがインストールされていると, PeafowlからスムーズにWebサイトを見られます
    • これは外部ブラウザアプリを開く代わりにChromeを内部で使うような形でWebサイトを開くからです
      • Peafowlから開いたWebサイトもChromeの履歴に残ります
    • 多くの場合,表示にかかる時間が短くなりますし,移動もスムーズでストレスが溜まりません
  • フィードバックを送信できるようにGoogle フォームを作成しました.リンクはこちらです
    • 匿名で送信できるのでお気軽に送信していただけると嬉しいです
    • アプリ内からでもリンクに飛ぶことができます