■ お知らせ

ユニオンみえ シャープ派遣フィリピン人の解雇無効!

2016/03/26 5:23 に ken nakamura が投稿   [ 2016/03/26 5:29 に更新しました ]

 3月14日、津地方裁判所は、シャープ三重工場で働いていたフィリピン人労働者が解雇は不当だとして地位保全と賃金支払いを求めた仮処分申請について、派遣会社ジーエルに対して解雇は無効だとして賃金の仮払いを命じることを決定した。ユニオンみえは、シャープピノイユニティ(SPU)に結集するフィリピン人労働者とともに職場復帰を求めている。

 シャープ三重工場では昨年8月末にフィリピン人派遣労働者50人が経営悪化を理由にジーエルから解雇された。しかし、仮処分決定では「倒産が避けられないほどの必要性は認められず、解雇を回避する努力を尽くしたともいえない」として、解雇者の人選に合理性はなく配置換えも可能だったと判断した。

 ユニオンみえの広岡法浄書記長は「期間労働者の権利が認められた決定で、組合の完全勝利」とコメント。仮処分が認められた3名を含むSPUのフィリピン人労働者37名は、ジーエルや事実上の使用者「三重テック」などを相手に正式な処分を求めて津地裁に提訴する。(詳しくは、読売新聞毎日新聞の報道、ユニオンみえブログをご覧ください)

Twitter Facebook Hatena Google+

松本ユニオン ファミリーマートでストライキ!

2015/12/28 4:57 に ken nakamura が投稿   [ 2015/12/28 5:01 に更新しました ]

 12月23日、長野一般労働組合(松本ユニオン)は、ファミリーマート松本インター店で、3時間のストライキを決行しました。

松本インター店では、昼夜問わず、店内の管理・運営を一人ですべて行わなければならず、従業員の「一人勤務」体制を強要されています。このため、従業員は一人勤務により、休憩時間やトイレに行く時間もままなりません

松本インター店を含め長野県内3店舗が、(株)YUUKI(本社:長野県諏訪郡富士見町)により経営されている。荒井宏行執行委員長は「1人勤務が解消されずに休憩時間もないなど、労基法違反は明らか」と指摘しています。

 詳しくは、信濃毎日新聞をご覧ください。(写真は、松本地区労組会議データFile通算No.178より)

Twitter Facebook Hatena Google+

東京東部労組 ワタミ過労死裁判が和解成立

2015/12/10 4:34 に ken nakamura が投稿   [ 2015/12/10 4:42 に更新しました ]

 ワタミグループの居酒屋「和民」で、当時26歳の正社員が過労自殺した会社側の責任について、ご遺族の両親がワタミや創業者の渡辺美樹(当時の社長で現在は参院議員)らに損害賠償を求めた訴訟は、12月8日に東京地裁で和解が成立しました。

 「ブラック企業」の象徴となったワタミに対し、ご両親が勇気をふるって立ち上がった訴訟であり、また、ご両親が組合員である東京東部労組が支援を行ってきました。

 和解では、被告側が業務に起因する自殺と認めて謝罪したうえで、未払い残業手当や損害賠償金を支払って、労働時間の正確な把握など再発防止策を取ることとなり、ご遺族側の意向に沿った内容となりました。

 東部労組・須田光照書記長は「従業員をひとりでも過労自殺に追い詰めると、会社の経営自体が成り立たないということが現実になった」と訴訟の意義を強調しています(朝日新聞)。詳しくは、ブログ「労働相談センター・スタッフ日記」記者会見の動画をご覧ください。(写真は上記ブログ「ワタミ過労死裁判勝利解決についての声明」より)
Twitter Facebook Hatena Google+

東京管理職ユニオン、アマゾンジャパン労働組合を結成。

2015/11/08 0:50 に ken nakamura が投稿   [ 2015/11/08 0:54 に更新しました ]

 11月4日、東京管理職ユニオンは、記者会見を行い、インターネット通販大手「アマゾンジャパン」で労働組合を結成したことを発表しました。

 ユニオンは、アマゾン・ジャパンが業務改善計画(PIP)を用いた退職勧奨を問題視し、PIPの廃止を求めています。達成困難な課題を示したり、90日間で課題を達成できなければ降格や解雇を受け入れるよう書面で承諾を求めたりするケースが起きています。労組結成に参加した従業員は、「何を改善すれば良いか聞いたが、『自分で考えろ』と言われただけだった」、「自己批判をさせ、絶えず『(会社を)辞めた方が良いのではないか』などと圧力をかけられた」などと証言しました。

 今年8月には、
アメリカのニューヨーク・タイムズが、アマゾン本社の過酷な労働環境を報じた他、イギリス・フランス・ドイツ・ポーランドのアマゾン社でも労組がつくられていますアマゾンジャパン労組の結成は、朝日新聞日本経済新聞産経新聞時事通信などでも報道されました。(写真は、レイバーネットより。Created by staff01
Twitter Facebook Hatena Google+

コミュニティ・ユニオン全国交流集会inあいち、マスコミの報道

2015/10/03 3:38 に ken nakamura が投稿   [ 2015/10/03 3:48 に更新しました ]

埋め込み画像への固定リンク 9/26(土)~27(日)に愛知県刈谷市で開催された、「第27回コミュニティ・ユニオン全国交流集会inあいち」が、朝日新聞毎日新聞で報道されました。

 全国交流集会は、名古屋ふれあいユニオンなど、愛知・東海地域の地元実行委員会に支えられて成功をおさめることができました。全体集会で、中谷雄二弁護士と中京大・大内裕和教授が「社会的危機と対峙する労働運動を」のテーマで講演し、二日目は14の分科会で経験交流・討論を進めました。

キャバクラの労働相談、フリーター全般労組が紹介される

2015/10/03 3:12 に ken nakamura が投稿   [ 2015/10/03 3:47 に更新しました ]

イメージ 1 9/24付け朝日新聞で、「キャバクラ、横行する労働違反」と題して、フリーター全般労組の取り組みが紹介されました。

 記事では、キャバクラで給料の未払いや違法な控除などが横行していることや、派遣社員とダブルワークで週末にキャバクラで働いていた女性が、フリーター全般労組がつくる「キャバクラユニオン」とともに、給料の未払いを解決する団体交渉が紹介されています。労組メンバーが「相談者の8割以上が貧困だ。腎臓や肝臓を壊しても、労災認定も失業保険もない。履歴書にも空白期間が生まれがちで、転職しにくくなる実態もある」と指摘しています。

朝日新聞の記事 キャバクラ、横行する労働違反 給料未払いや違法な控除」
(写真は、キャバクラユニオン結成記者会見)
Twitter Facebook Hatena Google+

「頼れるコミュニティー労組」北海道のユニオンが紹介される

2015/10/03 2:40 に ken nakamura が投稿   [ 2015/10/03 2:48 に更新しました ]

ピースウォーク画像 9/22付け北海道新聞で、「頼れるコミュニティー労組」として、コミュニティ・ユニオン全国ネットワークの3つのユニオンが紹介されました。

 紹介されたのは、札幌地域労組北海道ウイメンズ・ユニオン札幌パートユニオン

 記事では、年収がカットされても企業別労働組合に取り合ってもらえなかった流通大手の労働者が札幌地域労組に加入し、団体交渉を通じて賃金カットの撤回と現状維持を確認した事例など、個人でも加入できるユニオンの強みが紹介されています。

北海道新聞の記事 「頼れるコミュニティー労組、相談次々 非正規増、労働環境悪化で」
(写真は、札幌地域労組のサイトより)
Twitter Facebook Hatena Google+

東京東部労組 東京メトロ駅売店の非正規労働者がストライキ!

2015/04/04 4:40 に ken nakamura が投稿   [ 2015/04/04 4:47 に更新しました ]

 4月1日、東京東部労組は、東京メトロ駅売店で働く非正規労働者(メトロコマース支部)のストライキを決行しました。

 メトロコマース支部は、正社員と全く同じ業務に従事しながらも、月の手取りは13万円台で、一時金にも大きな差をつけられ、退職金もないなど、賃金差別を受けてきました(現在、訴訟で争われています)。65歳の定年を迎えると生活に困窮してしまうため、3年前から定年後の雇用確保を求めてきましたが、東京地下鉄(株)の子会社・(株)メトロコマースは「検討中」との回答を繰り返すだけでした。

 そのため、東京東部労組はメトロコマース支部とともに、3月24日~27日に、東京地下鉄(株)本社前で座り込みを行い、4月1日に始業時から終日ストライキを決行しました。

 ストライキの様子は、毎日新聞でも取り上げられ、また、東部労組のブログでも詳しく報告されています(座り込みアピール行動:2日目3日目4日目4/1ストライキ闘争)。

Twitter Facebook Hatena Google+

2/28 ユニオン全国同時アクション「最賃いますぐ時給1,000円に!」

2015/03/09 19:41 に ken nakamura が投稿   [ 2015/03/09 19:45 に更新しました ]

【生きる働く】非正規 春闘で待遇改善を ユニオン「1人でも相談して」 2月28日(土)、「最賃いますぐ時給1,000円に! 生活できる賃金を!」ユニオン全国同時アクションを行いました。

 労働組合が
春闘で賃金アップに取り組む中、契約社員、パートタイマー、派遣スタッフなど、非正規雇用の賃金こそが底上げされるように、最低賃金の引き上げを訴えました。

コミュニティ・ユニオン全国ネットワークに集う各地のユニオンで、10都府県で18の統一行動を取り組みました。 (統一行動マップ http://goo.gl/Dmmn4U

 このうち、連合福岡ユニオンの行動は、昨年の賃金調査も合わせて西日本新聞に紹介されました。詳しい報告は、ブログ「Uni-Press.com」(その1その2)。

Twitter Facebook Hatena Google+

2.28 ユニオン統一行動「最賃いますぐ時給1,000円に!」

2015/02/21 23:35 に ken nakamura が投稿   [ 2015/02/22 0:11 に更新しました ]

2月28日(土) ユニオン全国同時アクション

「最賃いますぐ時給1,000円に! 生活できる賃金を!」


コミュニティ・ユニオン全国ネットワーク (統一行動マップ http://goo.gl/Dmmn4U

 昨年来「アベノミクスによって賃上げされている」といったマスコミ宣伝がされています。
 しかし、賃上げがされているのは大手企業の正社員が中心であり、パートやアルバイトなどの非正規雇用労働者の賃金は、ずっと最低賃金に張り付いています。
 現に街中にある求人誌を見て下さい。特にコンビニの求人募集は最低賃金がほとんどです。
 生活できる賃金実現のために、最賃引き上げ!時給即時1000円!の声を一緒にあげ、一緒に行動しましょう。

Twitter Facebook Hatena Google+

1-10 of 38