ニュース‎ > ‎トピックス‎ > ‎

東京は、どれぐらいの危機に長期間さらされるのだろうか? オーストリア気象局ZAMGの放射性物質の拡散予想

2011/03/30 6:13 に -GreenPost-しなやかな技術研究会 が投稿   [ 2011/04/17 20:44 に 恒任東士 さんが更新しました ]
都知事選の公約の中で明確に原子力発電に対する姿勢を明らかにして争点化してほしい。それが、不思議なタブーになりつつあるとしても、

 東京都民は、現在の短期的なものすごい危機(万が一には都民全員頓死?)、さらにどれぐらいの危機に長期間さらされるのだろうか?

 最初は、国や国の機関、電力会社のいうことを重視していた人々も、どんどんそれらの情報が、かなり”対応キャパを越えてしまった故に、まるめられている情報”だということに気づき始めている。そして、周囲にその情報を求める、デマがはびこる危険性は限りなく高まっている。国や国の機関、そして自治体には正確で、正直な懸念こそが、それらを収める唯一の道であることに気づいてほしいものです。

 前にドイツの気象協会の”放射能雲予報”を紹介したとき、このマイナーなサイトのアクセス数はかなりの数になりました。

東京にすでに放射能雲が到達?-----crisis311,2009/10/16 

 今度は、オーストリア気象局ZAMGの放射性物質の拡散予想がホームページにアップされました。I-131に特化した放射能雲予報です。
・ZAMG - Aktuelle Informationen  
Aktuelle Lage nach Unfall in Fukushima (Update: 30. März 2011 10:00)


20110330_fuku_i131bild1_bild2_gr
-----image(Abbildung: Ausbreitung der Wolke uber Ostasien heute und morgen 12:00 UTC
c ZAMG) : 上記サイトより


Utc110401fr1200_220110330_fuku_i131bild3_gr
-----image : いずれもUTC 4/1 12:00-日本時間21:00の放射能雲の予測。左-ドイツ、右、オーストラリアの気象協会発表。

 こうした発表は、日本に滞在する自国民および日本人のためだということです。気象庁や日本気象協会は、こうした予想を出すことはないと見られています。その理由は?
 自国民の健康に長期にわたり影響を与える、この情報をあなたは、ほしいですか? それとも、現在の大本営発表で満足ですか? 私は、必要だと思います。(t_t)

参考
・wikipedia : 日本標準時

・放射線物質拡散予想
Comments