ホーム

News

2017.02.13 「スケジュール」の詳細を更新しました,ポスター発表のプログラムを「ポスター発表について」に掲載しました
2017.02.08 送迎バス乗り場の案内図のリンクを追加
2017.01.30 「ポスター発表について」を追加しました
2017.01.23 グループディスカッションにおける学際的問題例を掲載しました
2017.01.20 「アクセス」を更新しました
2017.01.04 参加申し込みの締め切りを延長しました
2016.12.20 「参加資格」を一部改定しました
2016.12.19 「テキストの配布について」を追加しました
2016.10.25 公開


主催

国立研究開発法人 科学技術振興機構 
 CREST「数学と諸分野の協働によるブレークスルーの探索」領域(web
 CREST「現代の数理科学と連携するモデリング手法の構築」領域(web
 さきがけ「社会的課題の解決に向けた数学と諸分野の協働」領域(web


趣旨

JST数学関連領域に参画している若手研究者同士の連携を強化するため,合宿形式の研究会を開催します.本研究会では,様々な学問的背景をもつ若手研究者が一同に会することで,数学に関係する学際的研究の萌芽を与える1つの契機となることを目指します.


概要

今年度は力学系理論を専門とし,学際的な問題へ力学系理論の応用を行っている國府寛司先生(京都大学)を講師に招き,分野を横断するいくつかの学際的問題について基礎的な部分から応用,発展に到るまで解説していただきます.そして提示されたいくつかの学際的問題から一つを選び,若手研究者によるグループディスカッションを行います.グループディスカッションでは合宿の時間内で結論を出す事は目指さず,合宿後も議論を続けていくことも想定しています.

具体的な問題例:
◆ 生命系から生ずる問題
1.生命はどのような意味で力学系か?
2.細胞分裂は非決定論的?Waddington の epigenetic landscape の描像は誤りか?
3.細胞分裂を含む力学系理論を作れるか?
4.皮膚の細胞動態は力学系か?

◆ 情報理論系から生ずる問題
1.時間変動するビッグデータの重要な問題と,それを力学系の問題としてどのように取り扱うか?
2.ダイナミクスに無関係と思われる問題にダイナミクスを見出すことで解決できないか?

◆ 力学系が利用可能だと思われる一般問題
1.分岐の概念を弱める(構造安定性より弱い安定性,学際的問題に適した分岐の概念)
2.脳のダイナミクスなどの大自由度力学系をどのように理解するか?カオス的遍歴で良いのか?
3.なんらかのダイナミクスから生じたデータだけから,ダイナミクス自体を復元することは可能か?

合宿初日は参加者全員の自己紹介,各チーム代表者による研究紹介,および有志者によるポスターセッションを設けます.二日目は國府先生によるレクチャー,グループディスカッション,中間発表.最終日はグループディスカッションの最終発表を行います.大事なことですが,本合宿でいう「若手」とは参加者の年齢に制限を設けるものではありません.多くのみなさま(もちろん学生のみなさまも含みます)の参加を歓迎します.


開催日時

2017年2月21日(火)~ 2017年2月23日(木)(2泊3日)


場所

休暇村 讃岐五色台(web) 
〒762-0015 香川県坂出市大屋冨町3042
Tel : 0877-47-0231


アクセス

当日会場へのアクセスは高松駅からの送迎バスをご利用できます.
今回,合宿参加者のために特別便をご用意しました.行きのメインの送迎は14:00発,もしもこれに乗れない場合は15:30発の定期便があります(合宿開始に間に合わない可能性があります).
帰りは15:30 13:30の送迎バスがあります.

行き(2/21)高松駅発:14:00,15:30 (定期便)
帰り(2/23)休暇村発:13:30

初日の合宿開始時刻は16時15分です.

14:00発,15:30発の送迎バスの乗り場の案内図はこちら

送迎バスの詳細は休暇村讃岐五色台アクセスページを参照ください.

*さきがけ領域会議より参加される方は奈良からの以下の乗り換え経路をご参考ください.
11:53 奈良
    奈良線みやこ路快速(京都行)
12:41 京都着
12:52 京都発
    |のぞみ25号(博多行)
13:55 岡山着
14:12 岡山発
    |マリンライナー37号(高松行)
15:05 高松着


スケジュール

詳細は以下の表に従います(仮の日程であり変更することがあります)
   2月21日  2月22日  2月23日




 
午前
 
7:00 - 9:00 朝食

9:00 國府先生によるレクチャー
    一般的な力学系理論の入門
    分野を横断するような学際的問題案の提示

7:00 - 8:00 朝食

8:00 一般諸注意
    最終報告(PPT使用,各班30分=20分発表+10分質疑応答)

10:20 10:40 レクリエーション(ぷちお遍路ツアー)

昼食

   
12:00 昼食
 









午後

12:00 受付開始(~16:00)

14:00 送迎バス高松駅出発

受付終了後15:00よりチェックイン

15:30 定期送迎バス高松駅出発

15:00 16:15 合宿開始

オープニング:本会の趣旨説明,講師の紹介,幹事の紹介,2日間の流れの説明,班分けの発表

16:25 自己紹介(1人1分)

17:00 各チームの代表者による研究紹介
 (参加者の中での各チームの代表者,1チーム10分)

12:50 写真撮影

13:00 グループディスカッション開始
    國府先生のレクチャーをうけて,問題案を班内で検討し,グループディスカッションのテーマを決定する

具体的な問題案:
◆ 生命系から生ずる問題
  1. 生命はどのような意味で力学系か?
  2. 細胞分裂は非決定論的?Waddington の epigenetic landscape の描像は誤りか?
  3. 細胞分裂を含む力学系理論を作れるか?
  4. 皮膚の細胞動態は力学系か?
◆ 情報理論系から生ずる問題
  1. 時間変動するビッグデータの重要な問題と,それを力学系の問題としてどのように取り扱うか?
  2. ダイナミクスに無関係と思われる問題にダイナミクスを見出すことで解決できないか?
  3. 力学系が利用可能だと思われる一般問題の例
◆ 力学系が利用可能だと思われる一般問題の例
  1. 分岐の概念を弱める(構造安定性より弱い安定性,学際的問題に適した分岐の概念)
  2. 脳のダイナミクスなどの大自由度力学系をどのように理解するか?カオス的遍歴で良いのか?
  3. なんらかのダイナミクスから生じたデータだけから,ダイナミクス自体を復元することは可能か?
14:00 テーマ紹介に関するショートプレゼンテーション(口頭もしくはホワイトボード使用,5分)

14:20 休憩

14:50 グループディスカッション


13:00 クロージング

13:30 送迎バス出発


 夕食


18:30 レストラン

18:30 レストラン
 
 


20:00  ポスター発表

21:00 ポスター発表および懇親会

23:00 就寝

19:30 進捗状況の報告(PPT使用で國府先生によるアドバイスや質疑応答,10分)

20:10 休憩

20:30 最終報告に向けてグループディスカッション,その後各班ごとに懇親会

23:00 就寝

 



参加資格

CREST「数学」,「数理モデリング」,「生命動態」領域,さきがけ「数学協働」領域に関係する研究者および学生であること.参加者のうちポスター発表をする方はポスターを持参すること.またグループディスカッションおよびポスターセッションに参加すること.CREST「数学」に所属されていたOBの方々の参加も歓迎致します.


申し込み

下記のアンケートフォームより参加申し込みを行ってください.締切は2016年12月27日(火)2017年1月15日(日)です.参加者確定次第,運営幹事よりご連絡いたします.

参加費

宿泊費(朝食・夕食付き):シングル 10,080円/一泊,ツイン 9,050円/一泊,トリプル 8,020円/一泊
懇親会費:3,000円(仮)


宿泊に関する注意事項

宿泊は原則相部屋となります.部屋割りやシングルルーム等のご希望には必ずしも沿えるとは限りませんが,もしも希望がございましたら,アンケートフォームにその旨をご記載ください.また,部屋数に限りがあるため,参加希望者多数の場合は調整いたします.予めご了承ください.定員超過の場合は各自で近隣の宿泊地をご用意ください.その場合は参加費を調整いたします.


運営幹事

秋山正和 北海道大学(栄チーム)
池松泰彦 九州大学(高木チーム)
伊藤賢太郎 広島大学(小林チーム)
関坂歩幹 明治大学(栄チーム)
高安亮紀 筑波大学(大石チーム)
田中吉太郎 北海道大学(栄チーム)


問い合わせ先:秋山正和 北海道大学 電子科学研究所
e-mail: akiyama `@' es.hokudai.ac.jp