大気陸面相互作用研究室

大気陸面相互作用研究室ウェブサイトはこちら

陸域における大気-植生-雪氷の3圏相互作用


 地球上の寒冷陸域においては、森林などの植生圏や積雪・凍土などの雪氷圏と大気圏の間での熱・水・物質の循環が、気候や植生・雪氷の状態を強く支配しています。私達は、それらの循環の強さや様式が実際にどうなっているのかをとらえ、またそれがどんな要因によって決定され、さらに今後どう変化して行くのかを知るために、気象・水文・生態にまたがり、野外観測や数値シミュレーションなどを併用した多角的な研究を行います。その中から、最近特に力を入れている研究をスナップショットでご紹介します。陸面による大気冷却の基礎プロセスである地形効果や乱流過程、またそれらに対する森林の影響などを調べています。


連絡先


渡辺 力 教授(Tsutomu Watanabe)

  1. E-mail:t-wata(アカウントの後ろに@lowtem.hokudai.ac.jp をつけてください。)


教員

渡辺 力 教授(Tsutomu Watanabe)

  1. 研究内容

  2. 植生大気間の相互作用に関する研究

  3. 森林の熱収支やCO2フラックスのタワー観測

  4. 植生乱流や植物動態の数値シミュレーション

  5. LESモデルを用いた熱収支インバランス問題の解明






下山 宏 助教(Kou Shimoyama)

  1. 研究内容
  2. 陸域地表面と大気間の熱・水・物質循環過程の解明

  3. 大気境界層における二酸化炭素濃度の変動に対する観測研究

  4. 水平一様な地表面上に発達する不均一乱流場の解析

  5. 北海道の自然に関する気候学的研究
       (母子里は何故氷点下40度以下まで冷えたのか??)





川島正行 助教(Masayuki Kawashima)

研究内容
•メソ降水システムの力学に関する数値モデリング
•ドップラーレーダーデータ等を用いた解析



学生

加藤和輝(修士2年)

福田朔也(修士1年)


卒業生

清水大粋(平成24年度修士課程卒)

 理想化した盆地地形における夜間冷却過程に関する数値解析


島村 誠(平成22年度修士課程卒)

防雪林の林帯構造と防風防雪機能の関係