氷河・氷床研究室

氷河・氷床研究室ウェブサイトはこちら

研究概要

氷河・氷床の変動および熱動力学に関する研究(Ralf Greve,杉山慎)


 数10年を超える長い時間スケールにおいて、氷河と氷床は地球気候システムの変動に重要な役割を 果たしています。地球に存在する淡水の90%以上が氷河・氷床に蓄積されており、もしそのすべてが 融解して海洋に流れ込めば、約70m の海面上昇に加えて海洋や大気の循環に大きな影響が予想されます。 温室効果ガスの排出によって温暖化する地球の将来を知るために、氷河・氷床の変動を理解することが きわめて重要だといえます。
 私達のグループでは数値シミュレーションや野外観測によって、過去の氷河・氷床変動を再現し、その 将来を予測することを目的に研究を進めています。氷床の熱動力学モデルを駆使した研究では、氷期- 間氷期サイクルにおける北半球の氷床変動、南極氷床の過去と現在の変動、温暖化によるグリーンランド と南極氷床の将来変動の予測などが主要な課題です。このような数値モデルは、南極やグリーンランド、 高山域で掘削された氷コアの年代決定にも応用されています。 


 また、氷河・氷床の変動をコントロールする氷の流動、氷河水文、質量収支などを理解するため、 アルプス、カムチャツカ、アラスカ、パタゴニアや南極において、野外観測を実施しています。得られた 観測データは、数値計算や室内実験などを援用して解析をおこないます。さらに新しい研究領域として、 火星の極氷冠や、氷で構成されていると予想される木星の衛星エウロパなど、地球外の氷体にも取り組んで います。



氷河・氷床コアの物性・化学特性と古気候・古環境の復元研究(飯塚芳徳)


 氷床コアは数10万年に及ぶ地球の気候・環境変動史を記録しています。私達のグループではX線や 可視光線の光散乱測定技術を駆使したミクロな視点からこれまでにない氷床コア解析を進めています。 近年、氷床コアに含まれる溶存性不純物が直径数μmの塩微粒子として存在していることを発見しました。 溶存性不純物は気候・環境変動史の有力な記録媒体であり、その存在形態が解明されたことは世界中の 氷床コア研究社会に大きなインパクトを与えています。



連絡先

杉山 慎 教授(Shin Sugiyama)

  1. E-mail:sugishin(アカウントの後ろに@lowtem.hokudai.ac.jp をつけてください。)


教員

Ralf Greve 教授(Ralf Greve)

  1. 研究内容
  2. Dynamics and thermodynamics of ice sheets and shelves







杉山 慎 教授(Shin Sugiyama)


  1. 研究内容
  2. 氷河氷床に関する野外観測、数値計算、室内実験







飯塚芳徳 助教(Yoshinori Iizuka)


  1. 研究内容

  2. 雪氷学、氷床コア、古気候復元








学生

  1. 浅地 泉(修士2年)

    山本淳博(修士2年)

    網野智美(修士2年)

    柴田麻衣(修士1年)

    福本峻吾(修士1年)

    山根志織(修士1年)

    波田俊太郎(修士1年)




卒業生


  1. 箕輪昌紘(平成28年度博士取得)

       Frontal ablation of Glaciar Perito Moreno, a lake-terminating glacier in Patagonia

    榊原大貴(平成27年度博士取得)

       Ice front variations and velocity changes of calving glaciers in the Southern Patagonia Icefield and northwestern Greenland

    大藪幾美(平成26年度博士取得)

       Chemical compositions of past soluble aerosols reconstructed from Greenland and Antarctic ice cores

  2. 福田武博(平成25年度博士取得

  3.    Variations  in the terminus position, ice velocity and surface elevation of the Langhovde Glacier, East Antarctica

    佐藤 建(平成24年度博士取得)

       Dynamics of the Antarctic ice sheet with coupled ice shelves

    津滝 俊(平成22年度博士取得)

       Changes in ice flow regime under the influence of proglacial lake formation in an alpine glacier

    金森晶作(平成19年度博士取得)

       Interpretation of detailed density profiles of alpine ice cores as past environment proxy signal



    古川峻仁(平成28年度修士課程卒)

    グリーンランド南東ドームコアの水安定同位体比解析

    森本直矢(平成28年度修士課程卒)

    ネパールヒマラヤ・トランバウ氷河における1980-2016年の表面標高変化

    松野智(平成28年度修士課程卒)

     グリーンランド北西部における氷床から海洋への融解水流出

    片山直紀(平成27年度修士課程卒)

     グリーンランド北西部におけるカービング氷河の表面高度変化

    大橋 良彦(平成26年度修士課程卒)

     グリーンランド氷床北西部における高濁度海水域の変動

  4. 齋藤 潤(

    平成26年度修士課程卒

     グリーンランド北西部における氷帽の表面高度変化

    丸山未妃呂(

    平成26年度修士課程卒)

  5.  グリーンランド北西部カナック氷帽における表面高度変化、質量収支、流動速度

  6. 岡本 彩加(平成25年度修士課程卒

  7.  NGRIP氷床コアを用いた過去300年間の不揮発性微粒子の化学組成

    箕輪 昌紘(平成25年度修士課程卒)(博士課程在学中)

     南パタゴニア氷原ペリートモレノ氷河とアメギノ氷河の末端変動と表面標高変化 

    榊原大貴(平成24年度修士課程卒)(博士課程在学中)

     Ice front variations and velocity changes of calving glaciers in the Southern Patagonia Icefield

    大藪幾美(平成23年度修士課程卒)(博士課程在学中)

     Termination Iにおける南極ドームふじ氷床コアに含まれる水溶性微粒子の化学組成

    刀根賢太(平成22年度修士課程卒)

     ネパールヒマラヤ・ヤラ氷河における近年の氷厚および流動変化

    槌本 陽(平成21年度修士課程卒)

     南極ドームふじ基地の表面雪に含まれる不揮発性微粒子の化学組成分析

    福田武博(平成21年度修士課程卒)

     A numerical glacier flow model for dating an ice core drilled at Aurora Peak, Alaska

    吉澤 猛(平成21年度修士課程卒)

     スイス・ローヌ氷河末端部における表面融解量の空間分布

    戸井田武(平成20年度修士課程卒)

     アラスカ・ランゲル山雪氷コア中の酸素・水素同位体比とその古気候学意味

    西村大輔(平成19年度修士課程卒)(博士課程在学中)

     Changes in surface flow speed over the past 100 years, Rhonegletscher, Swiss Alps

    佐藤 建(平成18年度修士課程卒)

     カムチャツカ半島ウシュコフスキー山アイスコアによる過去250年の気候復元