大気海洋相互作用研究室

大気海洋相互作用研究室のウェブサイトはこちら


研究概要

 我々は特に極域の大気と海洋の相互作用に着目して研究を行なっています。 研究手法は現場観測、実験、およびリモートセンシングデータなどの解析が主体であり、海面境界過程、 宗谷暖流の海流特性、南大洋の水塊特性、海氷の特性や生成過程など、極域で見られる様々な現象を研究の対象としています。


連絡先

青木 茂 准教授(Shigeru Aoki)

  1. E-mail:shigeru(アカウントの後ろに@lowtem.hokudai.ac.jp をつけてください。)


教員

青木 茂 准教授(Shigeru Aoki)

    1. 研究内容

    2. 衛星観測・現場観測データなどから、主に南大洋における大規模海洋 変動や水塊特性の長期変動を調べ、極域海洋と大気圏・雪氷圏との間 の水や熱・運動量収支とその変動特性について研究している。

  1. 豊田威信 助教(Takenobu Toyota)

    1. 研究内容

    2. オホーツク海南部の海氷の成長期の特徴を海氷サンプルなどの 現場データを用いて調べている。今後、更に季節海氷域における 氷盤形成過程に着目して研究を進める予定である。


学生


卒業生