2017年度雑誌会予定

2017/04/30 22:04 に Sumito Matoba が投稿
第1回 5月26日
 浅地(氷河氷床・M2), 簗場(水文気象・M2), 加藤(大気陸面・M2)
第2回 6月09日
 山本(氷河氷床・M2),網野(氷河氷床・M2), 福本(氷河氷床・M1)
第3回 7月07日
 柴田(氷河氷床・M1),福田(大気陸面・M1), 黒﨑 (環オ・M1)
第4回 7月21日
 羽月 (環オ・M1), 山根(氷河氷床・M1)
第5回 9月22日
 黒﨑(環オ・M1), 網野(氷河氷床・M2), 浅地(氷河氷床・M2)
第6回 10月06日
 福田(大気陸面・M1), 福本(氷河氷床・M1), 簗場(水文気象・M2)
第7回 10月27日
 羽月(環オ・M1), 柴田(氷河氷床・M1), 加藤(大気陸面・M2)
第8回 11月10日
 山根(氷河氷床・M1), 山本(氷河氷床・M2)
第9回 11月17日
 予備日

初回は5月26日(金)10:30から低温研2F講義室にて行います。

・原則として最近の国際雑誌に掲載された論文の紹介です。
・発表時間は15分、質疑応答は10分です。
・雪氷・寒冷圏コース修士課程の学生は年2回の発表となります。
・雑誌会の会場準備および司会進行は次回発表の学生が行ってください。
・発表予定者は、論文の予稿を発表の週の月曜日正午までに、雑誌会係にe-mail
添付にて提出して下さい。予稿の内容は、論文名、著者名、雑誌名、巻号、ペー
ジ、発刊年および要旨(400字以内)です。様式を過去の例に従って整えてくだ
さい。
・やむを得ない事情により、発表日の変更が必要な場合は、個人交渉により交代
を決めた後、10日前までに雑誌会係まで連絡してください。

大学院生は、発表の有無に関わらず、毎回必ず出席し、質疑応答に積極的に参加
して下さい。
Comments