コースからのお知らせと連絡


地球圏科学特別講義I

2018/07/24 21:47 に Tsutomu Watanabe が投稿   [ 2018/07/24 21:54 に更新しました ]

本日7/25から3日間の予定で、雪氷・寒冷圏科学コース主催の集中講義を開催しています。講師は防災科研雪氷防災研究センターの中井専人先生。降水・降雪のメカニズムや観測手法について、実験も含めた分かりやすい講義が行われています。


Evgeny Podolskiy 助教の参画

2018/07/09 4:21 に Sumito Matoba が投稿

北極域研究センターのポドリスキ助教が,雪氷・寒冷圏科学コースに参画致します.
ポドリスキ助教からの自己紹介です.

ロシア人です。
モスクワ国立大学を卒業してから、
名古屋大学で博士と取りました。
フランスでポスドクをしました。
今まで雪と雪崩と氷と天気を勉強しました。
2015年から、杉山先生とグリーンランドの氷河を勉強しています。
最近は雪氷域についての理解を深めるために、ざまざまな波に興味があります(地震計、津波、インフラサウンド)。

これから、よろしくお願いします。

Evgeny Podolskiy, Ph.D.
(ジェカ)

ジンギスカン・パーティー

2018/06/22 5:06 に Shin Sugiyama が投稿

雪氷寒冷圏科学コースのメンバーで、
ジンギスカン・パーティーを開催しました。
海外から来日中の研究者、大学院生も交えて、
賑やかで楽しい時間になりました。

野外行動技術実習(南極学特別実習III)

2018/05/06 23:09 に Shin Sugiyama が投稿

今年も手稲山で野外行動技術実習の雪山宿泊実習を実施しました。
国立極地研究所の樋口和生さんをはじめとする講師から、
雪氷寒冷圏における野外観測に必要な知識・技術・装備を学びました。

平成30年度雑誌会予定

2018/04/19 17:59 に Sumito Matoba が投稿

雪氷・寒冷圏コース雑誌会参加者の皆様

2018年度雑誌会の予定を作成しましたので添付します。
初回は5月18日(金)10:30から低温研2F講義室にて行います。

・原則として最近の国際雑誌に掲載された論文の紹介です。
・発表時間は15分、質疑応答は10分です。
・雪氷・寒冷圏コース修士課程の学生は年2回の発表となります。
・雑誌会の会場準備および司会進行は次回発表の学生が行ってください。
・発表予定者は、論文の予稿を発表の週の月曜日正午(休祭日の場合でも)までに、e-mail添付にて提出して下さい。予稿の内容は、論文名、著者名、雑誌名、巻号、ページ、発刊年および要旨(400字以内)です。様式を過去の例に従って整えてください。
・やむを得ない事情により、発表日の変更が必要な場合は、個人交渉により交代を決めた後、10日前までに雑誌会係まで連絡してください。

大学院生は、発表の有無に関わらず、毎回必ず出席し、質疑応答に積極的に参加して下さい。

場所:低温研2F講義室(6/29のみ3F講堂)
第1回 5月18日
 浅地(氷河氷床・D1), 網野(氷河氷床・M2), 黒﨑(環オ・M2)
第2回 6月08日
 柴田(氷河氷床・M2), 羽月(環オ・M2)
第3回 6月15日
 福田(大気陸面・M2), 山根 (氷河氷床・M2), 國府(大気海洋・M1)
第4回 6月29日 (3F講堂)
 波多(氷河氷床・M1), 川上(氷河氷床・M1), 近藤(氷河氷床・M1)
第5回 9月21日
 長谷川(氷河氷床・M1), 藤支(氷河氷床・M1)
第6回 10月5日
 網野(氷河氷床・M2), 黒﨑(環オ・M2), 波多(氷河氷床・M1)
第7回 10月12日
 柴田(氷河氷床・M2), 羽月(環オ・M2), 川上(氷河氷床・M1)
第8回 10月19日
 福田(大気陸面・M2), 國府(大気海洋・M1)
第9回 11月9日
山根(氷河氷床・M2), 長谷川(氷河氷床・M1)
第10回 11月16日 
 近藤(氷河氷床・M1), 藤支(氷河氷床・M1)

平成30年度新入生

2018/04/06 0:04 に Sumito Matoba が投稿   [ 2018/04/06 0:04 に更新しました ]


平成30年度 環境科学院入学式、地球圏科学専攻、雪氷・寒冷圏科学コースガイダンス

2018/04/01 19:03 に Sumito Matoba が投稿   [ 2018/04/01 19:03 に更新しました ]

◯環境科学院入学式
平成30年4月6日(金) 10時~ (20分程度)
環境科学院2階D201室 (大講義室)

◯地球圏科学専攻ガイダンス
平成30年4月6日(金) 13時~
環境科学院2階D201室 (大講義室)

◯雪氷・寒冷圏科学コースガイダンス
平成30年4月6日(金) 14時~
(専攻ガイダンス終了後、多少時間が前後する可能性があります)
・雪氷・寒冷圏科学コース:D102


平成29年度修士論文発表会(2/8-9)

2018/01/29 1:00 に Sumito Matoba が投稿

平成29年度修士論文発表会は以下の予定で開催されます。

日時:2018年2月8日(木)9:30〜16:30、2月9日(金)9:30〜14:50
場所:環境科学院大講義室(D201)

雪氷・寒冷圏科学コースの学生の発表予定は以下の通りです。

2月8日(木)
10:10 - 10:30
 簗場 大将 「融雪期における土壌乾湿状態の変動と河川流出への寄与」
13:50 - 14:10
 山本 淳博 「南パタゴニア氷原グレイ氷河における近年の末端変動とそのメカニズム」

2月9日(金)
9:30 - 9:50
 浅地 泉  「グリーンランド北西部Bowdoin氷河における末端位置の変動と海底地形の関係」
11:30 - 11:50
 加藤 和輝 「森林下の積雪表面における夜間熱環境の熱収支的考察」

修士論文くじ引きDAY変更(1/12 10:00-17:00)

2018/01/03 23:29 に Sumito Matoba が投稿


---------------------------------------------------------------------
くじ引きDAY  112日(金)午前10時~午後5
--------------------------------------------------------------------
発表の順番を決めるクジを引いて頂きますので、
112日(金)午前10時~午後5時までに、環境科学院C308事務室まで来て下さい。

なお、当日ご都合の悪い方は代理の人を決めて代りにクジを引いてもらって下さい。

修士論文発表会へのスケジュール

2017/12/03 21:58 に Sumito Matoba が投稿   [ 2018/01/03 23:31 に更新しました ]

----------------------------------------------------------
題目・主査・副査の連絡 (メールで提出)
締切:14日(木)午前10時まで
----------------------------------------------------------
以下の事項を専攻事務まで、メールで連絡をお願いいたします。

[氏名の漢字表記]
[氏名のふりがな]
[指導教員]
[主査]
[副査]
[題目]

論文題目は提出後変更できません
題目が英語の場合は日本語訳も付記して下さい。


----------------------------------------------------------
要旨原稿 提出 (メール添付で提出)
締切:111日(木)午後時まで 
----------------------------------------------------------
PDFファイルをメール添付で、専攻事務まで提出してください。

要旨原稿の規定:
    1.用紙は,A4判を使用すること。
    2.ページ数は1ページのみとする。
    3.図・表等は極力使用しない。
    4.行間・文字間等は任意でよいが,
    A4判1ページ以内に収まるよう作成すること。
    5.印刷はダイレクト印刷で行うので,
    要旨原稿はオリジナル(鮮明なもの)を提出すること。
(印刷は専攻事務が行います。)

形式については、添付ファイルをご確認して下さい。
論文題目は1/4までに専攻事務に提出したものと一致させて下さい。


---------------------------------------------------------------------
くじ引きDAY  1月12日(金)10時から午後5時(変更!) 117日(水)午前10時~午後5
--------------------------------------------------------------------
発表の順番を決めるクジを引きますので、
117日(水)午前10時~午後5時までに、環境科学院C308事務室まで来てください。
なお、当日ご都合の悪い方は代理の人を決めて代りにクジを引いてもらって下さい。


-------------------------------------------------------------
論文(審査対象版)提出

 締切:21日(木)午後5時まで

-------------------------------------------------------------
論文はダブルクリップで留めし(ホチキス止めはしないで)、
21日(木)午後5時までに専攻事務 四ツ屋(環境科学院 C308事務室)に1部、
また主査・副査の教員に各1部ずつ直接提出してください。


----------------------------------------------------------
◆PC動作確認  2月8日(木), 2月9(金)

 修論発表会開始時刻の30分前まで
---------------------------------------------------------
当日発表用のPCをこちらで用意いたします。
そのデスクトップ上に『2/8修論発表』と『2/9修論発表』というフォルダを作って
おきますので、該当する発表日のフォルダにご自分のファイルを保存して下さい。

場所:環境科学院D201(修論発表会の会場)

時間:2/8(木)発表の方:修論発表会開始時刻の30分前までに
     2/9(金)発表の方:2/8の発表終了後および2/9(金)の修論発表会開始時刻の30分前まで
    それぞれ済ませて下さい。 
      ご自分の発表30分前ではありませんので、間違えのないようにお願いいたします。

保存した後に変更等があった場合は、当日の朝もしくは休憩時間などを利用して保存し直してください。
この場合も事前の動作確認は忘れずにお願いいたします。

またMacご使用の方は念のため、Powerpoint以外にPDFファイルでも
データをご準備していただき、動作確認をして下さい。

発表会用PC(メイン)   Windows10  Office2016 

       (予備PC)       Windows10  Office2013


--------------------------------------------------------------------------------
論文発表会  28日(木)・9日(金) 環境科学院D201
---------------------------------------------------------------------------------

-----------------------------------------------------
論文(最終版)提出  
締切:216日(金)午後5時まで
-----------------------------------------------------
下記の3点を専攻事務に提出して下さい。

1.『製本したもの』×1
2.『未製本』×1
3.『電子ファイル(PDF)』(USB又はCD-R

ページが多い場合は両面コピーして下さい。


1-10 of 100