TOP‎ > ‎

お店だより

花の山旅 中央アルプス~2

2018/07/12 2:18 に イハラアキヒロ が投稿   [ 2018/07/12 14:56 に更新しました ]



 


























































高嶺の乙女達に逢いに、今週も・・・。夏の登山で最も恐怖を感じる ”落雷!”・・・千畳敷の駒ヶ岳神社で、しっかり落雷回避の神頼みしてから出発・・・。5時間ほどで、それぞれ自分に合った場所に咲く乙女達を訪ね巡る。(写真上左・中央アルプス固有種のエーデルワイス ヒメウスユキソウ) (写真上右・白い花、ハクサンイチゲ 黄色い花、シナノキンバイ) (写真中左・チングルマと遠くに宝剣岳) (写真中右・コバイケイソウ) (写真下左・クロユリ) (写真下右・チングルマとアオノツガザクラ)
(2018.7.11 中央アルプスの三歩)

花の山旅・中央アルプス~1

2018/07/12 1:59 に イハラアキヒロ が投稿   [ 2018/07/14 17:06 に更新しました ]



あまり天気は良さそうに無いが、高嶺の乙女達に会いに、そそくさと・・・。コバイケイソウが今年は当たり年との情報が出ているが・・・まだ一部開花状態で、あと1週間から10日後くらいが満開かなぁ・・・。12:00頃千畳敷に上がり、乗越浄土~駒飼の池~濃が池~馬の背~木曽駒ヶ岳~宝剣岳~極楽平~千畳敷 と高嶺の乙女達と出会う、花の山旅です。あいにくの薄曇り、霧・・・まぁ 夏の山は仕方ないです・・・。ただ、一番怖いのが、夏には付きものの、落雷・・・。ヒヤヒヤ、ビクビクしながらの登山です。
(写真上・馬の背の花園からの宝剣岳とチングルマ、アオノツガザクラ) (写真2枚目・夏の音、黒川源流の雪渓) (写真3枚目・ミヤマキンバイ咲く濃が池) (写真4枚目・山上の楽園、チングルマ) (写真5枚目・ヒメウスユキソウ、エーデルワイスの仲間で中央アルプス固有種、日本最小のウスユキソウ) (写真6枚目・宝剣岳、天狗岩、三ノ沢岳、足下にイワツメクサがさりげなく) (写真下・雲に閉ざされる三ノ沢岳とハハコヨモギ)16:30千畳敷に帰着、最終ロープーウェイで帰宅。あ~ぁ 楽しかった!!
(2018.7.11 中央アルプスの三歩)

東京写真展駆け巡り

2018/07/12 0:07 に イハラアキヒロ が投稿   [ 2018/07/12 0:19 に更新しました ]


私の写友 鎌田氏(日本山岳写真協会・東海支部 支部長)と佐藤氏(日本山岳写真協会・東海支部副支部長)の写真展が、ほぼ同期間四谷と新宿で開催された。見に行かずばおられない・・・二展だけではもったいないからと、六本木で開催中のNASAの宇宙写真「大いなる宇宙の旅」の三展回ることにしました。鎌田氏は新宿都庁横、ヒルトンホテルギャラリーでの個展で今まで撮りためた作品の集大成、山岳風景と花の写真で130点ほど・・・見事でした。(げすの勘ぐり・・・”金かかったんだろうなぁ・・・”)。続いて四谷、ポートレートギャラリーでの三宅修塾の組み写真展に行く。三宅氏とその塾生達による組み写真展・・・佐藤氏は三宅塾長指導の下、岳人山岳写真年度賞の受賞者、皆頑張っていました。特に素晴らしかったのは、月光をテーマにした長谷川由美さんの組み写真で、これぞ組み写真!ていう、素晴らしいレベルでした。会場に花畑日尚氏三宅修氏 二人の巨匠が居られて、ミーハーに写真を撮ってきた。私が山岳写真を始めた頃の目標としていた写真家二人です。最後に六本木、富士フイルムスクエアーでのNASAハッブル宇宙望遠鏡などによる宇宙写真、超感動!!!宇宙の神秘を目の当たりにし、う~ん!て、唸ってばかりでした。今回も格安バスチケット(往復3000円)ゲットできたので、ビール沢山飲んで帰ってきました・・・ほほほ。
(2018.7.10 中央アルプスの三歩)

これ何?・・・

2018/07/10 17:24 に イハラアキヒロ が投稿



グロテスクで怪獣のような、陶器のオブジェのような、化石のような、珊瑚のような・・この謎の物体は・・・?・・・「ロマネスコ」と呼ばれているアブラナ科の野菜で、ブロッコリー、カリフラワーの仲間です。日本ではまだなじみが薄いものの、ヨーロッパでは、ごく一般的な野菜です。食べ方は、ブロッコリーやカリフラワーなどと同じ食べ方です。シャキシャキコリコリ歯ごたえもよく、ビタミンCは半端ない含有量で野菜の中ではトップクラス・・・若い女性のお肌には欠かせない、女性を諦めた方にもオススメ!!別名「黄緑珊瑚」とも言われ、「神が人を試すために作った野菜」とか「悪魔の野菜」とかとも言われている。近くの農家の方の差し入れです。
(2018.7.8 差し入れで細々暮らす 伊那谷の六代目圓楽)

しっとりと咲く・・・

2018/07/10 16:51 に イハラアキヒロ が投稿


未曾有の大雨が続いています。我が家界隈は、山中の伊那谷ではあるが、風水害、原発事故などの被害は無い地区で、安心しています。でも、活断層が近くを走り、いつどうなることやら・・・。我が家の裏山、雨の森の中で、ひっそりと、しっとりと咲く山アジサイが見頃となりました。ノリウツギにも似ていますね・・・。
(2018.7.6 伊那谷レポーター 酔いどれスカイウォーカー)

咲きこぼれる高嶺の乙女

2018/07/05 14:55 に イハラアキヒロ が投稿   [ 2018/07/05 16:32 に更新しました ]



栂池自然園へ行ってきました。実は白馬岳へ2泊3日の花の山旅に出かける予定でしたが、猛烈な大雨台風の接近中で断念、せめて、高嶺の乙女達に会いにと此処へ・・・。最奥の展望台までぐるり一周、4時間ほどかけて咲きこぼれる乙女達を愛で、心癒やされ、縦走できない無念さを少しは解消できました。この後日本海の鵜の浜温泉で海の幸の舟盛りで残念会してきました。
写真上・展望台からの栂池自然園の全貌
写真下・水辺に咲くリュウキンカ 
写真下・木道に咲くチングルマ

写真上・シラネアオイ
写真下・タニウツギ

写真上・踊るコバイケイソウ
写真下・身体一杯咲くキヌガサソウ
今回、水芭蕉はほぼ終わりかけていた。
  他に、コイワカガミ、イワハゼ(アカモノ)ショウジョウバカマなど数え切れないほど・・・  
写真上・風に揺れ楚々と咲くハクサンコザクラ

写真下・満面の笑みチングルマ
写真下・足下で健気に咲くマイズルソウ

(2018.7.3 中央アルプスの三歩)

世界ねこあるきmini

2018/06/30 17:37 に イハラアキヒロ が投稿



早朝6時 我が家の玄関先に2匹の野良猫が マッタリくつろいでいました・・・ふふふ・・・微笑ましいな・・・。右の白っぽいトラ猫が、我が家にしょっちゅう入り浸り、美味しいご飯を おねだりする ちゅ~太くん(どうも 野良猫では無く近所の飼い猫みたいです)・・・先程裏口で朝ご飯ちゃっかり食べて、食べ終わり、暖かい朝日が当たる玄関先で まったり・・・もう一匹は時々見かけるが・・何処の猫でしょう・・メスかなぁ・・オスかなぁ・・?喧嘩をすることも無く2匹でまったり・・・朝一番に心癒やされる、微笑ましい一時でした・・・。当店の招き猫になってな・・頼むよ。(2018.7.1 伊那谷の六代目圓楽) 

八ヶ岳 花の山旅~番外編

2018/06/29 16:13 に イハラアキヒロ が投稿



梅雨の時期の山は、ほとんど天気も悪く登る気もあまりないのだが、つかの間の梅雨の晴れ間に感動的なドラマを神々が見せてくれることが希にある。荘厳、幽玄なドラマを期待して出かけるも・・・とほほでした。青空が見えたのは初日の午前中のみ・・・2日目は小雨に烈風!1度硫黄岳の稜線で吹き飛ばされた。幸い広い尾根なので事なきを得たが・・・。(写真上・赤岳山頂からの乱雲の権現岳)  (写真2枚目・萌黄色の赤岳) (写真3枚目・権現岳の彼方に富士山と南アルプス北岳・甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳) (写真4枚目・雲上の北岳・甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳) (写真5枚目・孤高の芙蓉峰) (写真下・雨と強風の横岳鎖場のへつり)
(2018.6.26~27 今日は八ヶ岳の三歩) 

八ヶ岳 花の山旅~3

2018/06/29 4:17 に イハラアキヒロ が投稿   [ 2018/06/30 16:35 に更新しました ]


つかの間の梅雨の晴れ間 梅雨前線の僅かな北上、僅かな南下で、ガラッと天気が崩れてしまう・・でも好天予報を信じて美濃戸口~行者小屋~阿弥陀岳~赤岳~横岳~硫黄岳~美濃戸口への山旅に出かけるも・・・初日の午前中だけの晴れだった・・・とほほ。2日目の赤岳から横岳~硫黄岳の縦走は小雨と半端ないって!強風!!・・・でも長く過酷な時を耐え、煌めく青春の日々を迎え始めた、高嶺の乙女達が、百花繚乱、満面の笑みで出迎えてくれた。辛い表情を微塵も見せず、健気に咲く姿に心癒やされ感動してきました。来年も会えることを楽しみに・・・。
(写真上コイワカガミ)
(写真2枚目チョウノスケソウ)(写真3枚目チシマアマナ)(写真4枚目クモマナズナ)(写真5枚目咲き始めたミヤマオダマキ蕾)(写真下ミネズオウ)・・・。
(2018.6.26~27 今日は八ヶ岳の三歩)


八ヶ岳 花の山旅~2

2018/06/29 3:43 に イハラアキヒロ が投稿   [ 2018/06/30 17:01 に更新しました ]




行者小屋を目指して南沢を登って行く。沢沿いの木漏れ日の下でベニバナノヘビイチゴが揺れるように咲いていた(写真3枚目)。行者小屋で一息入れて阿弥陀岳を目指す。しばらく登って行くと日本で一番最後に咲く桜、タカネザクラ(ミネザクラ)くぐりながら、お花見を楽しむ(写真4枚目)ビールがあれば最高だが・・・。稜線に登り切り阿弥陀岳をピストンし、中岳から赤岳へ・・・至る所で高嶺の乙女達が青春を謳歌している。(写真5枚目キバナノコマノツメ)、(写真下イワヒゲとミヤマキンバイ)、(写真上ミヤマキンバイ) (写真2枚目チョウノスケソウとオヤマノエンドウ)・・・山は やっぱ 最高だね・・・。
(2018.6.26~27 今日は八ヶ岳の三歩)

1-10 of 1487