・李早恵ピアノリサイタル

Les Deux Pianisms - Ondine et le Faune dans la Lumière et l’Obscurité - 
二つのピアニズム「光と闇に浮かぶ水の精と牧神」

3時開演予定.
パリ在住.パリ国立音楽院を一等賞で卒業、現在パリを中心にヨーロッパで活躍中の新進気鋭のピアニスト.プログラムは企画中です.器楽的なピアノ曲と物語が絡み付くピアノ曲.ピアノ曲には二つの世界があり,それぞれの世界が明瞭に見て取れるようなプログラム.またその歴史的変遷がおもにフランス音楽のなかに見えるような演奏曲になる予定です.どうぞお楽しみに.

李 早恵 (Sae Lee) 
www.sae-lee.com

大阪市生まれ。4歳より大阪音楽大学付属音楽学園に在籍し、15歳で高校生全課程を修了。同大学同窓会幸楽主催によるコンクールで金賞受賞他、同大学付属音楽学園選抜学生による「若い光コンサート」に連続出演。帝塚山学院小学部から高等部を経て桐朋学園大学に入学。幼少の頃より、第52回全日本学生音楽コンクール大阪大会、高校の部第1位の他、数々のコンクールで優秀な成績を修める。99年第4回浜松国際ピアノアカデミー受講。桐朋学園大学を中退後、パリ国立高等音楽院に留学。07年、同音楽院を一等賞で卒業。在学中からパリ国立高等音楽院教授らと中国文化年記念作品の初演や、カザフスタン政府・ユネスコの招待を受けカザフスタン、アルマティーで開催された国際反核会議でのコンサート、シャンゼリゼ劇場でラムルー管弦楽団との共演、ピアノフェスティバル"Enghien"(フランス)、秋の音楽祭(クロアチア)への出演等、数々のコンサートに登場。パドヴァ国際コンクール、ソフィア国際ピアノコンクール”アルベール・ルーセル”にて第1位を受賞。2008年5月には、メイエー財団によるサックスの為の室内楽のCD録音に参加。NHK-FM名曲リサイタル、NHK-BSクラシック倶楽部、NHK-FMベスト・オブ・クラシックに出演。2009年-2011年度ロームミュージックファンデーション奨学生。栗東芸術文化会館「さきら」の「レコーディング&コンサート」企画の第七弾としてCDを録音、ソロ・アルバムデビューとして発売。日本はもとより、ヨーロッパ各地にてリサイタル、室内楽演奏会、音楽祭等に出演。これまでに関西フィルハーモニー管弦楽団、ソフィアフィルハーモニー管弦楽団、プレーヴェンフィルハーモニー管弦楽団と共演。

計画中のプログラム
ドメニコ・スカルラッティ : ソナタ K.159 / L.104 K.213 / L.108 K.141 / L.422
マーク-アンドレ・アムラン : 短調による練習曲から 第6 番スカルラッティを讃えて 
クロード・ドビュッシー : ピアノのために 1. 前奏曲  2. サラバンド 3. トッカータ
アストル・ピアソラ:ピアノのための組曲、作品2 1. 前奏曲 2. シチリアーナ 3. トッカータ

クロード・ドビュッシー (グリャズノフ編) : 牧神の午後への前奏曲
ポール・デュカ : 牧神の遥かな嘆き(ドビュッシーを追憶)
デオダ・ド・セヴラック:水の精と不謹慎な牧神
モーリス・ラヴェル: 夜のガスパール 1. オンディーヌ 2. 絞首台 3. スカルボ