大どろぼうは街影に
Sly Knight Seekers

推理ゲーム、チーム戦、カードゲーム

プレイ人数    2~5人
プレイ時間    30分
推奨年齢     10歳以上
1,800円(税抜き)

ゲームデザイン
田邉 顕一
https://www.facebook.com/kenichi.tanabe.357

イラスト・デザイン
かわさき みな
http://nekokoworks.com/

110mm x 110mm x 30mm
200g(見込み)
カードサイズ 58×89mm

街角カード48枚
大どろぼうカード5枚

日本語ルール





城下町に消えた大どろぼうを探すため、王城の騎士たちが街の人たちに聞き込みを始めました。大どろぼうは見つかるのでしょうか?

騎士たちはたくさんの情報を手に入れました。
ですが、ズル賢い騎士たちはそれだけでは満足しません。そう、他の誰よりお手柄を上げることに躍起だったのです。たとえ横取りしてでさえも!







4人でプレイする場合はチーム戦となります。それ以外は個人戦となります。
最初に各プレイヤーは街角で集めた情報である街角カードを手札に持っています。この時、数字順に並べることに注意してください。
手番プレイヤーは、いずれかのプレイヤーに街角カードを1枚表向けて出します。出されたプレイヤーはそのカードと同じカードが手札の左右の端、いずれかにあればそのプレイヤーに渡さなくてはなりません。
これまでのアクションからうまく推測して、相手の手札を当てましょう!








☆ここがポイント!

4人戦、5人戦ではチーム戦となります。
最初にカードを3枚ずつだけ交換できるので、何らかの意思を持たせましょう。そのメッセージ、伝わるでしょうか…

最初の「得点カードにする1枚」がテクニックの見せどころです。公開されてしまいますが、それによって相手をうまく混乱に陥れましょう。

そして、推理するのは見えるカードだけではありません。他のプレイヤーの言った数字、手札から推測できる残り枚数、時には一気に攻め立てることも必要です。
特殊カードを追加したバリアントが作者おススメです。

そして、アダルティな絵柄のかわさきみなさんのイラストも超おススメです。かっこいい!







発売日

12/2(土)3(日)ゲームマーケット2017秋
外部リンク

ボドゲーマ