TOP PAGE‎ > ‎

Salome-Meca チュートリアル1

板の曲げを例に、Salome-Mecaの静荷重弾性解析ウィザードの基本的な使い方を解説する。


対応バージョン

Salome-Meca 2012.1 & 2012.2
SALOME 6.4.0 & 6.5.0
Code_Aster 10.6 & 10.7

  • CADでの3Dモデルの作成
  • 拘束、荷重負荷の面、線グループの作成
  • Partition機能で、立体を切り分けての面グループの作成


Meshモジュール

  • Geometryモジュールで作成した3Dモデルに対して、オートメッシュで4面体メッシュを作成する
  • Geometryモジュールで作成した3Dモデルに対して、オートメッシュで6面体メッシュを作成する
  • 面に4角形メッシュを作成し、それをある方向に押し出し成形して、6面体メッシュを作成する
  • オートメッシュで作成したメッシュに対して面、線グループを設定する
  • 押し出し成形で作成したメッシュに対して面、線グループを設定する


Asterモジュール

  • 静荷重弾性解析ウィザードを使用して解析を行う
  • 物性値、境界条件の設定


ParaVis(paraview)モジュール

  • Asterモジュールの解析結果を表示する


SM-T1