森クマ・リジェクト嵐 その2


前回までのあらすじ。
森でクマさんと少女が追いかけっこするハートフルアプリ「森でクマさんテラヤバス」。
iOSで公開しようとするも、Appleレビューで児童虐待との指摘をもらったので、主人公を少女からOLにしましたクマ。




before



after

森で自撮りするOL。OLのスマートフォンもiPhoneにして、Appleさんに全力で媚びる徹底ぶりクマ。

しかし再レビューの結果・・・

2.1 – Apps that crash will be rejected
(クラッシュするアプリはリジェクト)
15.2 – Apps that depict violence or abuse of children will be rejected
(暴力や児童虐待を描写するアプリはリジェクト)

手持ちの端末では問題なく動作しているのにクラッシュ・・・。
しかも未だに児童虐待の規約違反も付けられているクマ・・・。


初回レビューから2ヶ月。
途方に暮れる森の仲間たちと少女とやさぐれるOL。


そんなある日、森の妖精が電話の着信履歴に気づく。
この着信番号は・・・!?
アメリカ合衆国!
Appleさんから電話クマ!?

iTunes Connectで確認すると、アプリについて電話で議論したいとのこと。
時間を取り決めて、電話を待つことになったクマ。
(こちらから電話してもサポートセンター窓口につながるので、レビュアーさんに取り次いでもらうのは大変みたいクマ)


緊迫する森の生き物たち。


極度の緊張に、爆発する妖精たち。

クマさん「も、もしもレビュアーさんが英語で話してきたら・・・TOEIC240点のボクたちでは太刀打ちできないクマ・・・!!」

しかも児童虐待の指摘に応じて変更したOLの見た目は、少女とあまり変わらない・・・
電話口で怒られるのではないか・・・

その時。

Ring! Ring!

(電話の着信音)


クマさん「ももももももももももももももももももももも!!!!!」

Appleさん「もしもし?」

ジャパニーズ日本語)!!

最大の懸念点が解消され、スムーズに進む電話口でのやりとり。
その結果、以下のことが判明したクマ。
  1. 児童虐待の指摘については、少女からOLに変えたことで大丈夫!
  2. ただ、iOS7用のアイコンだけ、以前のまま(少女版)だからOL版に変えてね
  3. あとレビュアーさんのiPhone(iOS9.1)ではクラッシュするので修正してね(クラッシュログもらった)



OLでいいんだクマーーーーーーー!!!!
OLばんざーーーーい!!!


しかし残り2点の原因が分からなかったクマ。
プロジェクト内で、古い少女版のアイコンを探すもみつからず。
そして私有デバイスでは相変わらず落ちないクマ。

仕方ないので、cocos2d-xプロジェクトを新規作成。
送られてきたクラッシュログを分析。
アプリ起動時に通信リトライ処理を行っている広告ライブラリが怪しいので撤去。
私有デバイスで落ちないことを再々確認したクマ!

これで・・・!これでついにiPhone版を出せるクマ・・・!!!!


森の仲間たちにも安堵の空気が流れる・・・
そして1週間後・・・


8.1 – Apps must comply with all terms and conditions explained in the Guidelines for Using Apple Trademarks and Copyrights and the Apple Trademark List
(アプリはAppleの商標について、利用規約をすべて満たす必要がある)



Appleの商標・・・!?
このオリジナリティあふれるアプリのどこにAppleの商標が・・・・・・!?






Comments