Rチュートリアルセミナー

Rは統計計算,データの可視化のための言語・環境です。RはGNUプロジェクトの成果物のひとつで,無償のフリーソフトウェアとしてどなたでもご利用いただけます。

無償は「無料」と「無保証」を含意しますので,「補償がないなんて怖い」,「ただほど高いものはない」といやがられる方もいるかもしれません。

ですが,有償(有料,高価)なソフトウェアを入手したとしても,その内部で,その開発元でどのような計算が行われているかが企業秘密の名の下に隠されてし まっていることを考えると,ユーザは漠然と安心に身を委ねているだけであり,計算が間違っているかもしれない,という懸念はなくなることはありません。

一方,フリーソフトウェアはソースコードが公開されていますので,間違いがあるかどうかは,世界中のユーザがチェックすることが可能です。Rは今や,世界中 のユーザが統計環境(プラットフォーム)として利用しており,その信頼性は高く,また専門家が様々な新しい分析法をまずRで実装するようになってきてい ます。

ユーザ数も近年は増加の一歩をたどり,今後は統計解析ツールとしてRが欠かせないものになってくるでしょう。

そこで本セミナーでは,Rをまだ始めたことのない人,Rをまだ使い始めてまもない人を対象に,導入の仕方から丁寧に解説し,t検定,回帰分析,因子分析など心理学で用いられる主たる統計解析を実例とともに解説いたします。
  • 日時・場所
    • 2013年11月16日(土)9:00〜12:00
    • 山口大学教育学部 B棟3階 31番教室
  • 講師
  • 参加申込(先着50名)
  • R関係サイトへのリンク
  • 注意点
    • インターネット接続サービスはございません。各自でご用意ください
    • 可能な方は事前にインストールなどを済ませておいていただけると助かります