ニコニコ超会議 “ひゃくらぼ”レポート

2012年4月28-29日
ニコニコ超会議 in 幕張メッセ

ニコニコ動画のすべて(だいたい)を地上に再現するというコンセプトで開催されたニコニコ超会議。
同イベントに『ニコニコ大百科のブースがないなんてさみしいじゃない!』という想いの元、
企画発案者・ゆっけが有志を募って、ユーザー企画ブースとして参加することになりました。

前日設営


ひゃくらぼのスタッフは全員ネットで集まった大百科ユーザー。
遠方のスタッフは当日に飛行機や新幹線、バスなどで来るため
前日設営に参加できたスタッフはごく一部。時間に追われててんやわんや!
幕張メッセ正面口で超会議の大きな看板が設置中でした。
我らの代表のゆっけ氏が見切れております。ハシャイジャッテ!

空の状態かと思われたブースには生放送用のパソコンが2台ありました。
40インチの大型モニターが外向けに1つ、内向けに1つ設置済み。
編集室エリア用の長机もすでに並べてありました。
スタッフの想像していたよりもブースが広くてびっくり。

ブースの全容


全ての設営作業を終え迎えた当日。
ひゃくらぼブースは第6ホールの一番広い通りに面していました。
誰が来るのかな・・・開場時間が近づくにつれ代表はそわそわ。

ニコニコ大百科編集室


こちらはニコニコ大百科を自由にいじれる編集室エリア。
有線LAN、机、椅子、レポート用のメモ帳なども用意しました。
編集、記事立て、書き込み、何でもOKなスペース。
ブースの外側に向けたモニターも設置しており、編集の様子や
Twitterの関連タイムラインをリアルタイムで流したりしました。

写真では編集室エリア班長・しぇるが真剣に何かに取り組んでおります。編集中かな?
壁にはフードコート食べつくし企画のチェックシートが貼ってあったり。

ニコ生中継


ニコ生中継ではニコニコ大百科に関する生放送を現地からお届けしました。
各コンテンツの講座や統計、お絵カキコ展示企画と連動した開票速報なども。
最終枠のフィナーレ時は立ち見が出るほど観覧者がいました。

右上部の写真は放送席からの視点。
そして放送席背後の壁にはあの・・・

お絵カキコ展示


事前に募集した130を超える作品をすべて展示しました。
ニコニコ大百科の扉絵を決めるお絵カキコ総選挙の、
投票対象となったノミネート作品は大通りに面した方の壁に。

付箋で寄せ書きする白地図


持ち込み企画の巨大白地図は大盛況。
他ブースのプチレポートがあったり、記念カキコがあったり。

画像をクリックすると、付箋が読めるサイズになります。(約1.73MB)

サイン色紙


選者をはじめ、いろんな方が遊びにきてくれました。

みなさんお疲れ様でした


お絵カキコ総選挙で使った百マークな投票箱。
ひゃくらぼを助けてくれたすべての人に感謝です。