メイン講師

かぎわだてつお
鍵和田哲男牧師
プロフィール紹介

クリスチャンだった母親の影響を受け、5歳の時にイエス様を信じ、6歳の時に洗礼を受け、クリスチャンになる。中学校を卒業すると同時に、一般高校へは行かず、航空自衛隊に入隊した。しかし、その直後に誘惑に会い、クリスチャンとしての歩みと、教会から離れてしまう。

数年が経ち、18歳の時に1つの転機が訪れる。このころ、鍵和田牧師はかなりのヘビースモーカーだったが、ラグビーをしていたこともあり、喫煙に幾度か失敗していた。初めは、そのことを大きく気に留めてはいなかったが、ある時、次の疑問に思い当たる。「一本のタバコに勝つことのできない自分は、これからも他の誘惑に勝つことなんかできないのではないか。そして、そんな人生をやがて振り返る時が来たら、自分の人生は敗北の人生になってしまうのではないか」。

ちょうどその頃、鍵和田牧師は静岡県浜松市に在住していたが、東京のクリスチャンの友人から東京に遊びに来ないかと誘いがあった。当然断る理由もなく、ある週末にその友人のところへ遊びに行った。そして、その日曜日の朝、彼と共に3年ぶりに教会の礼拝に出席した。その日の礼拝のメッセージは、自分の心にあった葛藤に対して、明確な答えを与えるものだった。その日、神様に語られ、もう一度神様に従うことを決心したのであった。

その後、パイロットコースに進み、山口県防府市にある基地に移動となった。そこで、まず初めに、自分が通える教会を探し、そこで見つけた防府バプテスト教会で教会学校の奉仕をしながら、礼拝にも励んでいた。また、パイロットになることは航空自衛隊に入隊した頃からの夢だったこともあり、自衛隊での生活は充実して楽しいものだった。

ところが、ある日曜日の礼拝の中で、神様は突然、鍵和田牧師の心に「私のためにすべてをささげて牧師になるように」と語りかけられた。その語りかけに対して「神様、私はパイロットになりたくて、せっかくここまで来たのです」と反論したが、神様に与えられた思いは消えず、礼拝が終わるまでには「主よ、わかりました。」という決心ができていた。そして、次の日の朝に辞表を提出し、2週間後に退職、その時から牧師としての道を歩み始めた。 

その後、茨城県にある聖書学院を卒業し、大阪、栃木、カルフォルニアのオレンジ都の順番でそれぞれ副牧師をし、茨城県の境キリスト教会で9年間、カルフォルニアのサンファナンドバレーホーリネス教会で12年牧師をし、2009年9月からサウスベイホーリネス教会で牧師をしている。