がん活性消滅療法とは?

がん細胞は、自ら増殖し、他の正常な細胞をがん化させるためのエネルギーを持っています。このエネルギーが、がん活性(Cancer Energy)です。

このがん活性を発見し、これを消滅させることでがんを治療しようとする療法ががん活性消滅療法です。がん活性消滅療法は、英語で「Cancer Energy Annihilation Therapy」というので、そのイニシャルを取って、がん活性消滅療法は、多くの場合、CEAT(シート)と略称されます。

CEAT2つの柱は、診察法の共鳴反応検査と治療法のマイクロ波照射療法です。