Home

全国地域リハビリテーション研究会とは
研究会の開催等を通じて地域リハビリテーションに関心を寄せるすべての人々、つまりリハ専門職だけではなく保健師を含む公衆衛生関係者及び障害当事者や家族、
そして支え手である市民が主体的に参加し、互いの交流と研鑽を重ねることを通じて、地域リハビリテーションの向上を図ることを目的としています。



【新着情報】

👉地震に伴う「全国地域リハビリテーション研究会札幌支部研修会」および「大懇親会」中止のお知らせ




 平成3096日に発生しました「北海道胆振東部地震」により被災された皆様には心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早く復興を遂げられますことをお祈りいたします。


 本研究会では、余震が今もなお続いていることや地震に伴い大幅に電力供給が不足していること、交通機関の運行状況がなおも不透明であることから9月15日(土)に開催を予定しておりました「全国地域リハビリテーション研究会 札幌支部研修会」および「大懇親会」を中止とさせていただくことと相成りました。

 

 未曾有のことでもあり、何とぞご理解いただきますようお願い申し上げます。

または楽しみにされていた皆様には、誠に申し訳ごさいませんが、何とぞご了承の程よろしくお願い申し上げます。

 








👉「大懇親会」開催のお知らせ

日本のリハビリテーション医療の礎を築いた、大田仁史先生、澤村誠志先生をはじめ
、北海道の医療を支える、方波見康雄先生、宮本顕二先生、宮本礼子先生、小嶋一先生、ジャーナリストの佐藤のりゆき氏、そして主催団体2会長(柳会長、澤会長)を囲んで大懇親会を開催します。

【開催日時】2018年9月15日(土)18:00~19:40
【場所】北海道ビール園
【参加費】4,500円
【申し込み方法】メールにてお受け付けます。

①所属 ②氏名 をご記載いただき、 cbrkenkyu.sapporo@gmail.comまでメールください。 

なお、定員は130名となります。定員となり次第締め切らせていただきます。

【参加対象者】6回全国介護終末期リハケア研究会研究大会
             全国地域リハビリテーション研究会研修会        参加者に限ります









全国地域リハビリテーション研究会会長の
柳尚夫先生
兵庫県立総合リハビリテーションセンター中央病院名誉院長の澤村誠志先生
ご高名な2人の先生をお招きして札幌の地域包括ケアが推進していくよう、ご講演していただく機会を得ました。

日時:2018年9月15日

場所:札幌医科大学記念ホール

会費:3000円

研修会入力フォームより参加申し込みお願いいたします。





サブページ (1): 研修会申し込み