1.History 

Now the history begins...

うちの歴史のはじまり。。。

                                                Next Page→

He was running a limousine company at that time.

このころリムジンの会社をしていた

Father Russel

ラッセル神父

Bear land

 何もない。

View from the end of the property line.

 敷地の一番高いところから海側の景色

 

[Beginning]

 

1993.We were living in Honolulu.  Frank had a convenient and comfortable life Downtown but was getting tired of noises of sirens and cars and people.  He wondered if this was what he dreamt  as being in Hawaii.

This was his childhood dream.  It was more like he had to escape from his bad dream; abusive father who put Frank to work since 8 years old and beat him whenever he felt like it.  Frank directed his energy into building his own castle someday.

He visioned a home with tall palm trees along the road leading to his home, the ocean in the background.  He found it, in Makaha Valley.  He decided to sell the condo in Honolulu and start building his dream home.  It was just 3 guys; Frank, Keith and Mike. 

August 24, 1994.He had Father Russel come over and blessed our property; for safe construction and completion of the house.

Next Page→

 

「始まり」

 

1993年。ホノルルに住んでいたわたしたち。フランクは便利で心地よい生活をしていたのだけれど、ダウンタウンのサイレンや人ごみに疲れ、自分の夢見たハワイにいるのに一体どこにいるのだ?、と気づく。

フランクの幼少時代からの夢。父親は働かずフランクが8才のときから仕事に出し、帰宅すればいつでも虐待していた。そんな逆境から現実逃避するためにいつも考えていたことらしい。映画の1シーンのように、道路の脇にやしの木が潮風に揺れながら何本も立っている先には、海辺の見える、静かな「家」が立ちそびえる。そんなイメージにぴったりのマカハバレーを見つけ、ホノルルから離れることを決意。

ダウンタウンのコンドミニアムを売って、この地に「自分の城」を自分で建てることに。そう、彼と親友Keithと、もう一人の男の子Mikeと3人で建設が始まった。

1994年8月24日。フランクの慕う、教会の神父にお祓いにきてもらう。怪我なく、無事に完成しますようにと。

 

次の頁へ→