過去記事


ブルキナファソから日本国民へ  連帯とお見舞いの気持ちを込めて、2012年 128日、石巻市を訪問





2012128日、駐日ブルキナファソ大使館フランソワ・ウビダ大使閣下は、2011311日の震災と津波によって甚大な被害を受けた宮城県石巻市を訪問しました。

 

今 回の訪問は石巻市当局及び市民をお見舞いすることにより、日本の当局及び国民に対し、ブルキナファソと日本との連帯、お見舞いの気持ちを伝えることを目的 としておりました。なお、大使閣下はこの訪問を通して、ほんの数ヶ月で、町が再建され、住宅も建設され、目覚しい速さで復興が成されていることに深い感銘 を受けました。

 

大使館公使と広報担当の大使館職員が大使と同行し、滞在中、市当局によるブリ-フィング及び被災地の案内を受けました。TBSテレビの取材を受け、各地から復興を支援するため、ボランテイアで活躍なさっている方々とも交流の場を設けることができました。

 

石巻市当局は今回の訪問を大変快く受け入れて下さり、市民の意識の向上、勇気づけに繋がったのではないかと喜んで下さいました。

 

ボランテイアの若者達はブルキナファソとの交流をとても評価して下さり、是非、機会があれば、ボランテイア活動をしにブルキナファソを訪れたいと言っておりました。

 

駐日ブルキナファソ大使館 広報部

日本-ブルキナ : 保健所建設に70億 CFAフラン

“日本とブルキナファソは2012427日、協力事業における協定覚書をワガドウグで交わしました。これらは日本政府からブルキナファソ政府への70億CFAフランの贈与であり、38または39の社会保健センタ-(CSPS)の建設プロジェクトに充てられます。

2コミュニケ

201232日にフランソワ・ウビダ大使閣下は天皇陛下の代理を務めていらっしゃいました、徳仁親王皇太子に、ブルキナファソ大統領より日本における大使閣下として信任された信任状を提出し、信任されました。

信任捧呈式は皇居で行われ、在京大使館の公使と財務官がウビダ大使に同行しました。

 天皇陛下の代理を務められた皇太子から、甚大な被害をもたらした311日の震災の際に精神的な支援を頂いたこと、また、ウビダ大使閣下が着任早々に被災地を訪問なさったことに感謝の意を表したいとのお言葉を頂きました。

 なお、ブルキナファソと日本との交流が良好であることを評価し、今後も日本当局が現地で開発を推進して行かれることを願っています、そして、ブルキナファソ大統領が国際平和と安全に今後も貢献して頂きたいとのことでした。

 日本とブルキナファソは相互協議を基に、様々な分野で実り多い交流が取り交わされており、そのうち最も重要なのは保健、農業、水、教育、環境やインフラ設備などです。

 在京大使館は韓国、シンガポ-ル、フィリピンをも管轄しております。

 在京ブルキナファソ大使館  広報、コミュニケ-ション部