VFXコンテスト

BPTJ2009のVFXコンテスト。

今回は「VFXコンテスト」として、実写カメラ合成、特にカメラトラッキング(マッチムーブ)を使った作品を募集します。また、エキシビションとして、Blenderでの「コラボ」作品、Blenderアニメーション作品も同時に募集しちゃいます。 
※[3/23:まんだ]PDFファイル作ってみました。PDFファイルのダウンロードはページ下、添付ファイルからお願いします。
※[4/18:まんだ]動画募集締め切りました。ご応募ありがとうございます。

部門

1.Blender+Voodoo部門

時間:1-10分
既存の作品:可
要件:Blenderを使った合成シーンがあること
ポイント:Voodooの使用は強制ではないものの、使用でポイントup?
応募資格:特になし(プロアマ問わず)
 

2.VFX部門

時間:15秒-2分
既存の作品:可
要件:実写映像と3DCGを合成しているもの
応募資格:アマチュアのみ(自己申告w)
テーマ:「インパクトのあるVFXシーン」
 

3.(エキシビション1)借り物競走

時間(目安):1~10分
ポイント:Web上にUPされているデータを借りて(モデル自体が自由利用可として公表されていない場合にはなるべく許可をもらってね)、アニメーションしてみるっていういわば「コラボ」部門。たとえば…
あと、版権ものもこちらで受付。

4.(エキシビション2)Blender3DCG

時間(目安):1~10分
要件:CGアニメーションなら何でもOK(Blenderを使ったほうがいいにはいい)
ポイント:チュートリアルやWIPとかも並行して作られた場合、評価UPかも(えーと、開催側が多分喜びます) 
 

「予告編」とか「短縮版」も当然あり、です。

「予告編」とか「短縮版」も当然あり、です。
例えば、他コンテスト応募予定の「予告編」とか応募基準の時間に納まるものに再編集して応募、というのもOKとします。
 
本編でBlender使ってるシーンがあって、結果的に「短縮版にBlenderを使ったシーンが入ってなかった」という場合には4でのエントリをお願いします。
その時は「Blender使ってます(or使います)から」の一言を添えておいてもらえるとありがたいです。
 

応募の方法

 

1.vimeoにUPして、

まずはvimeoにアップロードしてください。他サイトに既にUpしている方はお手数ですがvimeoに上げ直してください。
また、運営側からのお願いですが、少なくとも3月15日から4月25日の間は
  • 「オリジナルファイルダウンロード可」
  • タグに"bptj2009"を含む
にしておいてください。
 
 
なお、vimeoにアップロードする動画の形式などについてですが、
  • 480p程度かそれ以下の解像度(720x480とか、640x480くらい)
  • DivX形式(AVI)、またはXvid形式
  • 部門ごとの動画の長さをなるべく守る
にてお願いします。

なぜvimeo?

blender.jpのとあるスレッドで質問があったので回答含めて転載します。
 
Q.yamyamさん
なにかVimeoにしなければいけない理由はあるのでしょうか。別にYouTubeのHDでもいいと思いますがいかがでしょう?
 
A.まんだ
>なにかVimeoにしなければいけない理由

まず、以下2つの要件を同時に満たしているから、というのがあります。ネックとなるファイルのやり取りの問題がなんとかなりそうだったからです。

・オンライン視聴可能
今回オンライン視聴します、しかもコンテストとして「投票してもらいます」ということだったんで、再生時にそこそこ画質のいい動画サイトが必要でした。

・元ファイルのダウンロードが可能
ストリーミング配信を考えていること、その再生にDviX(or Xvid)が好ましいということがありました。vimeoに動画をDivX形式(or xvid)でvimeoにアップロードして公開されたものを運営が元ファイルをダウンロードすることが出来ます。元ファイルをダウンロードできると「再エンコードによる画質劣化」を気にしなくていいですからね。
(今回のコンテスト用には、vimeoにupされる場合にはDivXかxvidかでお願いします)

あとは、vimeoに「Blenderチャンネル」があるなど、blenderユーザーがvimeoを使っている割合が「高く見える」というのが大きいです。日本ではvimeoはそれほど認知されていない+インターフェースが英語ということで敷居が高いかもしれませんが、この機会にvimeoに触れてほしいな、と個人的に思います。

 


2.bptj2009へメールして応募作品の登録

 
vimeoへのアップロードを完了し、作品の視聴が行えるようになったら、"bptj2009_at_gmail.com"("_at_"を"@"に変えてください)にメールでコンテスト登録の旨を連絡します。
  • タイトルには"bptj2009vfxcontestmovie"または"bptj2009VFXコンテスト応募動画"と明記
  • 本文には以下を明記
    • 作品タイトル
    • 作者の名前(ハンドル名)
    • (連絡先名)
    • 連絡先メールアドレス
    • ホームページURL(あれば)
    • どの部門に応募するか(1つ)
    • 応募動画のURL(vimeo)
    • 応募動画の時間
    • 使用ソフトウェア
    • コメント(1行、100文字以下)
(運営側がコンテスト動画についてのメールを受け取り次第、エントリリストに反映させます。)
 

応募メール例

Subject: bptj2009VFXコンテスト応募動画

bptj2009のVFXコンテスト応募動画です。

作品タイトル:<タイトル>
作者の名前(ハンドル名):<作者、共同制作者を列記>
連絡者名:<連絡先の名前>
連絡先メールアドレス:<作者の連絡先アドレス>
ホームページURL(あれば):<作者のページURL>
どの部門に応募するか(1つ):Blender+Voodoo部門
応募動画のURL(vimeo):http://vimeo.com/XXXXXXXXXX
応募動画の時間:300秒
使用ソフトウェア:blender 2.48/Gimp 2.6/Voodoo 0.9.4
コメント(1行、100文字以下):全部オープンソースソフトで作りました。

色々と苦労しましたけど、なんとかつくれました。
見てください。

 

募集締め切り

※[4/18:まんだ]動画募集締め切りました。ご応募ありがとうございます。
動画の募集締め切りは 4/18 9:00 (JST,+900)とします。この時間はVimeoにアップロードして、視聴確認後、メールの送信が完了していることを条件とします。たとえば、アップロード後の変換ミスでvimeoで視聴できないという場合には登録を抹消することもありますので、あらかじめご了承ください。

動画の審査

審査員はVimeoの視聴後、登録された作品から優秀作を選出します。
今回はオンラインによる投票を考えています。
  

審査方法

審査方法は後日指定した方法にて、
  • オンライン投票(4/20-23の予定)による得点
  • (部門によって) 使用ソフトなどの条件による得点補正(影響は小さい)
 を考慮して数名の審査員によりゴニョゴニョして審査します。
 
 

表彰・その他

いい作品には、いいことが。

部門賞には

部門賞は今のところ賞品は特にありません、当日上映するくらいです。
 

審査員特別賞・スポンサー賞

 
個人的に「これ、イイ」と思った審査員が自腹を切るなどして用意する…かも。
 
 
他に、「スポンサー賞」も交渉中とか。スポンサー様が太っ腹なら出るかもしれません。例えば
わお。その前に各方面にスポンサー様になってもらえるよう&提供してもらえるよう交渉だ!!

カメラトラッキングのサンプル

ちなみに
ショボイサンプルはvimeoにて。ダウンロード可能な動画形式が違うので注意。もちろん、BlenderとVoodoo Camera Trackerを使ってます。

問い合わせ

問い合わせについては
  • "bptj2009_at_gmail.com"("_at_"を"@"に変えてください)
まで、件名と問い合わせ内容を明記して送付ください。
 
サブページ (1): 結果発表。
Ċ
Tetsuo Mitsuda,
2009/03/23 9:41
ċ
Tetsuo Mitsuda,
2009/03/14 17:45
Comments