読書メモ‎ > ‎

「日本はなぜ敗れるのか --- 敗因 21 カ条」山本七平 著

故小松真一氏が掲げた敗因二十一カ条は、次の通りである。

「日本の敗因、それは初めから無理な戦いをしたからだといえばそれにつきるが、それでもその内に含まれる諸要素を分析してみようと思う。

一、精兵主義の軍隊に精兵がいなかった事。然るに作戦その他で兵に要求されることは、総て精兵でなければできない仕事ばかりだった。武器も与えずに。米国は物量に物言わせ、未訓練兵でもできる作戦をやってきた

二、物量、物資、資源、総て米国に比べ問題にならなかった

三、日本の不合理性、米穀の合理性

四、将兵の素質低下 (精兵は満州、支那事変と緒戦で大部分は死んでしまった)

五、精神的に弱かった (一枚看板の大和魂も戦い不利になるとさっぱり威力なし)

六、日本の学問は実用化せず、米国の学問は実用化する

七、基礎科学の研究をしなかった事

八、電波兵器の劣等 (物理学貧弱)

九、克己心の欠如

一〇、反省力なき事

一一、個人としての修養をしていない事

一二、陸海軍の不協力

一三、一人よがりで同情心が無い事

一四、兵器の劣悪を自覚し、負け癖がついた事

一五、バアーシー海峡の損害と、戦意喪失

一六、思想的に徹底したものがなかった事

十七、国民が戦いに厭きていた

一八、日本文化の確立なき為

一九、日本は人名を粗末にし、米国は大切にした

二〇、日本文化に普遍性なき為

二一、指導者に生物学的常識がなかった事

順不同で重複している点もあるが、日本人には大東亜を治める力も文化もなかったことに結論する」


== 15
なぜ全く成果のあがらないことをするのか。
言うまでもなくそれは、成果があがらないとなると、
その方向へただ量だけを増やし、同じことを繰り返すことが、
それを克服する方法としか考えられなくなるからである。

まさに機械的な拡大再生産の繰り返しであり、
この際、ひるがえって自らの意図を再確認し、
新しい方法論を探求し、
それに基づく組織を新たに作り直そうとはしない。
むしろ逆になり、そういう弱気は許されず、
そういうこと言う者は、敗北主義者という形になる。

アメリカ軍は、常に方法を変えてきた。
あの手がだめならこれ、
この手がだめならあれ、と。
同じように繰り返して自ら大量の「死へのベルトコンベア」を作るようなことはしなかった。

日本軍であれば、極限まで来て自滅するとき「やるだけのことはやった、思い残すことはない」というのであろう。
これらの言葉の中には「あらゆる方法を探求し、可能な方法論の総てを試みた」という意味はない。
ただある一方法を一方向に極限まで繰り返し、その繰り返しのための損害の量と、
その損害を克服するために投じつづけた量と、
それを投ずるために自己満足し、
それで力を出してきたとして自己を正当化しているということであろう。

== 1
確かに「印象の強烈な原因が最も重要な基本的原因」だとは言えない。
それはその通りであり、従って、後世の歴史家が、
まず「遠因・近因・直接的原因・発火点 = 偶然の端緒」といった記述法をとっても、
それはそれで別に不思議ではないのだが、現場にいた目撃者の記録 (ヒストリア) は、
その人が本当に目撃者であるなら、「後代の史家」のような聞き方をするはずがないのである。

精兵が「いなかった」と断言したのは、おそらく「ある」「ない」あるいは「いる」「いない」を
どう受けとるかという問題である。
戦前の日本に絶対的平和主義者や合理的実証主義者はいなかった、と言えば、それへの反論は
簡単であり、反証はすぐ挙げられる
では、そういう人がいて、なぜあのような無謀な戦争を始めたかと問えば、
その人たちは、日本の方向を定める一勢力としては無きに等しい例外的存在であり、
なにもなし得なかったという点では無きに等しかった、と応える以外にない。
それは、「その人が当時でなく、現代に影響を与えている」という意味で現代に存在しているのであって、
その時代には存在していないということなのである。
歴史上にそういう人物は少なくない。
その場合、その人は、「いま」存在していても、その人が生きた時代には、今のような形では
「いなかった」のであり、従って、その時代の目撃者の言としては、「いなかった」が正しい。
これを混同して「その人がその時代にいた」とするのは、実は錯覚にすぎないのである。

陸軍の宿痾ともいえる員数主義 (いんずうしゅぎ) を生む。
「数があるぞ」といえば、質も内容も問わない。
これが極端まで進めば、「数があるぞ」という言葉があれば、そしてその言葉を権威づけて
反論を封じれば、それで良いということになる。
これは実に奇妙に見えるが、形を変えて今もある (春闘の動員数の組合発表数と警察発表数の違いなど)。



== 18、16
ここは実に奇妙な「社会学的実験」の場であり、われわれは一種のモルモットだったわけである。
一体、われわれが、最低とはいえ衣食住を保障され、労働から解放され、
一切の組織から義務から解放され、だれからも命令されず、一つの集団を後世し、
自ら秩序をつくって自治をやれ、といわれたら、どんな秩序をつくりあげるのかの
「実験」の場になっていたわけである。
一体それは、どんな秩序だったろう。
結論を要約すれば、一握りの暴力団に完全に支配され、全員がリンチを恐怖して、
黙々とその指示に従うことによって成り立っている秩序であった。
そして、そういう状態になったのは、教育の程度の差ではなかったし、また重労働のためでも、
飢えのためでもなかった。

文化とは、何であろうか。思想とは何を意味するものであろうか。
一言で言えば、「それが表すものが『秩序』である何ものか」であろう。
人がある一定区域に集団としておかれ、それを好むままに秩序付けよといわれれば、
そこに自然に発生する秩序は、その集団がもつ伝統的文化に基づく秩序以外にありえない。
そしてその秩序を維持すべく各人がうちにもつ自己規定は、の人たちのもつ思想以外にはない。
従って、これを逆に見れば、そういう状態で打ち立てられた秩序は、否応なしに、
その時点におけるその民族の文化と思想をさらけ出していまうのである。

各人は自らの主張に基づく行動を自らはとらなかった。
そして自らの行動の基準は、小松氏の記す「人間の本章」そのままであった。
そのくせ、それを認めて、自省じようとせず、指摘されれば、
うつろなプライドをきずつけられてただ怒る。
そして、そういう混乱は、兵士の嘲笑と相互の軽侮と反撥だけを招来し、
結局、暴力と暴力への恐怖でしか秩序づけられあい状態を招来したわけである。

だが、戦後の日本は、常にこの模索を避け、自分たちを秩序付けている文化と、
それを維持している思想、すなわち各人の自己規定を探り、
言葉によってそれを再把握して、進展する社会へ継承させようとはしなかったのである。
従って、第十六条と第十八条は、まだ達成されず、招来の課題として
そのまま残されている。

「普遍性」とは何であろうか。
文化とは元来個別的なものであり、
従ってもし日本文化が普遍性をもちうるなら、
それは日本人の一人一人が意識的に自らの文化を再把握して、
日本の文化とはこういうものだと、違った文化圏に住む人々に提示できる状態で
あらねばならない。
それができてはじめて、日本文化は普遍性をもちうるであろう。
そしてそれができてはじめて、相手の文化を、そしてその文化に基づく相手の生き方・
考え方が理解でき、そうなってはじめて、相互に理解できるはずである。
そして、それができない限り、自分の理解できないものは存在しないことになってしまう。

自己を絶対化し、あるいは絶対化したものに自己を童貞して拝跪を要求し、
それに従わない者を鬼畜と規定し、ただただ討伐の対象としても、
話し合うべき相手とは規定しえない。
結局これが、フィリピンにおける日本軍の運命を決定したと言える。

「心理的高揚」「心理的解決」に同調しない者を「敗北主義者」として糾弾する。
「心理的解決」にはなるかもしれないが、現実の国際関係、軍事力の力関係に何らかの
変動があるわけがない。従って現実的解決には全く無意味なのだが、
この「無意味」なことが何らかの意味をもつかの如き錯覚で、
常にこれが行われるわけである。

厭戦、士気低下、無統制、上下不信、相互不信、壊滅という流れが、「心理的解決」だけに依拠し、
実在の現実を無視していた者が、最後に落ち込んでいく場所であった。
そしてこれが、当事者自身が「厭戦」のくせに、あらゆる言葉で実体をごまかしつづけ、
その場その場を「心理的解決」で一時的にごまかして行った者の末路だったわけである。
そしてこれは、一種「滅亡の原則」を示す言葉とも言える。
「厭」は子供でも、ごまかしでは解決できないのだから。

「いろいろ言われますけどね。何やかや言ったって日本軍は強かったですよ。
あの物量に対して、あれだけ頑張ったんですからなあ。
確かに全世界を敵にまわしたから敗れたんで、こりゃ、軍の責任でなく、政府・外光の責任でさあ。
それまでこっちの責任にかぶせられて、日本軍の責任にされちゃたまりませんよ」
こういった意味の発言をする人は少なくない。
そしてそういう人のあげる具体的実例は、その実例があくまで事実であるだけに、
非常に説得力があって反論できない。
では、それは果たして事実なのだろうか。もし事実とするなら、その「日本軍の強さ」なるものの
謎は一体なんなのだろうか。
これは一言でいえば中小企業・零細企業的な強みなのである。
(中略)
しかし T さんが持っているのは、正確に言えば個人の持つ "芸" であって、客体化できる "技術" ではない。
いわば T さんの技術は "武芸" と同じような "印刷芸" であって、正確には氏から離れて、
それだけを系統的に多くの人が同時に学びうる、体系的技術ではない。
またこの "芸" は、チャンドラでだけ生かされるもので、氏がチャンドラですばらしい印刷をするから、
高性能総自動化最新式印刷機ならもっとすばらしい印刷ができるかといえば、そうではないのである。
いわば他に伝えられず、他に利用・天養できない閉鎖的な術、すなわち、体得した秘術ともいうべきもの
であろう。

われわれば、非常に長い間この一定制約下に「術」乃至「芸」を争って優劣を決めるという世界に
生きてきた。この伝統はいまの受験戦争にもそのまま現われており、ちょっとやそっとで消えそうもない。
そしてこの「術・芸」絶対化の世界に生きていると、この「術・芸」が、それを成り立たせている
外部的制約が変わっても、同様の絶対性を発揮しうるかの如き錯覚を、人びとに抱かすのである。
(中略)
これが極限まで進むと、「一芸に秀でたものは万能」という考え方をも生む。

今でも、日本軍は強かったと主張する人の基本的な考え方は、この伝統的発想に基づいており、
しかもしれが伝統的な発想のパターンに属する一発想にすぎないのに絶対化している。
そして、後述するように、日本の敗戦を批判する者も、実は、同じ発想に基づいて批判しているのである。

氏は、「物量さえあれば米兵等に絶対に負けなかった」という、普通の人が意味するような意味で、
この言葉を口にしてるのではない。
この物量のなさはだれでも知っていた。知っていてなお開戦に踏み切った背後にあるものは、
精兵主義という "芸" への絶対的自身があったからである。
この自身は最初に述べた T さんがもっているような自信であった。
そして、ある前提のもとでは、この自信は確かに客観的評価としても成り立ち得たのである。
従って、「物量の差がわかっているのに、なぜ戦争をはじめた」と、当時の人間を非難する人も、
不思議と、他の問題に関しては、同じような自信を持っている場合が少なくない。
すなわち「物量の中に…その国民の全精神が含まれている事を含まれている事を見落としている。
こんな重大なことを見落としているのでは、物を作る事も勝つ事もとても出来ないだろう」であって、
「物量」さえあれば勝ち得たと考える考え方そのものに、敗戦の最も大きな原因があった。

戦後三十年、日本の経済的発展を支えていたものは、面白いことに、軍の発想ときわめて似たものであった。
(中略)
輸入された「青写真」という制約の中であらゆる方法で "芸" を磨いたからである。
(中略)
戦後も同じではなかったか。
外国の青写真で再編成された組織と技術のもとで、日本の経済力は無敵であると本気で人びとは
信じていたではないか。今でもそう信じている人がるらしく、郊外で日本が滅びるという発想は
あり得ても、郊外すら発生し得なくなる経済的破綻で日本が敗滅しうると考えている人は
いないようである。
(中略)
この面の、精神面における根本的な解決は何一つなされていない、証左であろう。


反省なるものは、どれを見ても、戦後の「経済的無敵日本の発想」、それに基づく
「日本列島改造的発想」が前回述べた「前提を絶対化してその中で "芸" を練ることによってその前提を
克服して無敵になりうる」と考えた日本軍の発想と、根本的には差がないのではないのではないか
といった「反省」とは思われないからである。

戦争への見方、それに伴う報道の仕方は、最初にのべた通り、まさに「反省力なきこと」の典型なのである。
戦争中の「鬼畜米英」、戦後の「鬼畜日本軍」の祖形ともいうべき西郷軍残酷物語の創作記事は、
実に読むのが気恥しいほど出ている。
そして、これによる視点の喪失、ブーム化に基づく妄動こそ、
西郷側にも官軍側にもあった、日本的欠陥の最たるものであった。
そして、それへの反省は未だになされていないのである。
では一体「反省」とは何なのか。反省しておりますとは、何やら儀式をすることではあるまい。
それは過去の事実をそのままに現在の人間に見せることであり、それで十分なはずである。


いわゆる「残虐人間・日本軍」の記述は、「いまの状態」すなわちこの高度成長の余慶で暖衣飽食の
状態にある自分というものを固定化し、その自分がジャングルや戦場でも全く同じ自分であるという
虚構の妄想をもち、それが一種の妄想にすぎないと自覚する能力を喪失するほど、どっぷりそれにつかって、
見下すような傲慢な態度で、最も悲惨な状態に陥った人間のことを記しているからである。
それは、そういう人間が、自分がその状態に陥ったらどうなるか、
そのときの自分の心理状態は一体どういうものか、といった内省をする能力すらもっていないことを
自ら証明しているにすぎない。
これは「反省力なき事」の証拠の一つであり、これがまた日本軍の持っていた致命的な欠陥であった。
従って氏が生きておられたら、そういう記者に対しても、「生物学的常識の欠如」を指摘されるであろう。

人という「生物」がいる。それは絶対に強い生物ではない。
あらゆる生物が環境の激変で死滅するように、人間という生物も、ちょっとした変化で死に、
あるいは狂い出し、飢えれば「ともぐい」をはじめる。
そして、「人間この弱き者」を常に自覚し、自らをその環境に落とさないため不断の努力を
しつづける者だけが、人間として存在し得るのである。
日本軍はそれを無視した、いまの多くの人と同じように、人間は、どんな環境においても
同じように人間であって、「忠勇無双の兵士」でありうると考えていた。
そのことが結局「生物本能を無視したやり方」になり、氏は、そういう方法が永続しないことを知っていた。


徹底的に考え抜くことをしない思想的不徹底さは、精神的な弱さとなり、同時に、
思考の基礎を検討せず、あいまにしておくことになり、
その結果、基盤なき妄想があらゆる面で思想の如く振る舞う結果にもなった。
それは、さまざまな面で基礎なき空中楼閣を創り出し、その空中楼閣を事実と信ずることは、
基礎科学への無関心を招来するという悪循環になった。
そのため、その学問は日本という現実にそくして実用化することができず、
一見、実用化されているように見えるものも、基礎から体系的に積みあげた成果でないため、
ちょっとし生涯でスクラップと化した。

明確に自己を規定し、その自己規定に基づいて対者を評価し、その上で自己と対者との
関係を考えるという発想がないことを示している。
そしてこれは軍事だけでなくすべての面に表れ、技術ももちろんその例外ではない。

「小利口者は大局を見誤る」日本の戦後三十年は、残念ながら氏の言葉を立証してしまった。
またこの比較は「といっても、日本の技術にも優秀なものがあったではないか。ゼロ戦などは
世界一の折紙をつけられていたではないか」といった反論への答えにもなっている。
確かにわれわれは、外国の基本的な技術を導入して、それを巧みに活用するという点では、
大きなん能力を持っている。
しかしこのことが逆作用して、常にそれですますことができるような錯覚を
もちつづけてきた --- 戦前も、そして戦後も。
そのため、全く新しい発想に基づく考え方を逆に軽視する傾向さえある。

"現実的" であるということが、今まで記した「思想的に徹底したものがなかった事」にはじまる
四カ条の基本になっている "心的態度" であった。
というのは、、全てがその場その場の情況で支配され、威張ってみたりしおれてみたり、
一つの思想に基づく自信が皆無だからである。
そしてそれは、戦後三十年の "現実的" な日本人の態度でもあった。


日本軍のすべてが、日本人の実生活に根づいておらず、がんじがらめで、
無理矢理に一つの体系をつくっていたことである。
そのため、すべての人間が、一言で言えば、「きゅうくつ」でたまらない状態に
置かれていた。そしてこの「きゅうくつ」を規律と錯覚していたのである。
(中略)
アメリカ人においては、「不動の姿勢」が、市民の規律正しい姿勢であり、
軍隊だけの姿勢ではない。
(中略)
しかし、今よりも畳の上の生活が自然であった日本人にとっては、
これは、社会の基本の姿勢ではない。
したがって、こういう姿勢をとらされるということ事態がきわめて不自然なことであり、
苦痛を強いられることにすぎない。
以上はいわば「基本的姿勢」だが、これは全ての面に現われている。
彼らのスタッフとラインで構成される組織は、彼らの社会に共通の組織であり、
軍隊組織も会社組織も大学も、基本的には変化はない。
すべての組織で、その細部とその中での日常生活を規制しているものは、結局、
その組織を生み出したその社会の常識だる。
常識で判断を下していれば、たいていのことは大過ない。
常識とは共通の感覚 (コモン・センス) であり、感覚であるから、非合理的な面を当然に含む。
しかしそれはその社会がもつ非合理性を組織が共有しているがゆえに、合理的でありうる。
しかし輸入された組織は、そうはいかない。
その社会の伝統がつちかった共通の感覚は、そこでは逆に通用しなくなる。
従って日本軍は、当時の普通の日本人のもっていた常識を一掃することが、
入営以後の、最初の重要なカリキュラムになっていた。
だがこの組織は、強打されて崩れ、各人が常識で動き出した瞬間に崩壊してしまうのである。
英米軍は、組織が崩れても、その組織の基盤となっている伝統的な常識で
この崩壊をくいとめる。


アメリカ人は、自己の生存と生活を守るというはっきりとした意識の下に戦争に参加した。
しかし日本人は、自己の生存と生活を守るためには、何とかして徴兵を逃れようと、
心のどこかで考えていた。
従って、戦争に参加せざるを得なかった者には一種の空虚感があり、徴兵を免れた者への羨望があった。
そしてこの空虚感は虚無感となり、何も思考すまいとは考えても、
自らの思想を、あらゆる意味の修養という形で形成して行こうなどとは、誰も考え得なかった。



三十年前の敗戦が、戦争という異常性に基づく崩壊でなく、
明治以来の日本の通常性が生み出した一つの結末にすぎないことの暗示にもなるであろう。
崩壊は一つの通常性として進行していた。
これは「敗因二十一カ条」の前文で小松氏が記している通り、「日本の敗因、それは初めから
無理な戦いをしたからだといえばそれにつきる」のであって、結局、問題の根本は、
「なぜ初めから無理な戦いをする」結果になったか、という問題にもどって来る。


小松氏が記しているのは、戦地・戦場・ジャングル・収容所の通常性であり、
ある意味では「旅行記」であり、ある「力」に作用されていない記述である。
そしてそこで行われた通常性・日常性の中に読者は意外性を見、その意外性が通常性で
あったことに驚く

ある力で「日常性という現実を意識さえないこと」が逆に一つの通常性になっているため、
自分が本当に生きている「場」を把握できなくなっている状態、
これが日本を敗戦に導いた一番大きな原因であろう。
簡単にいえば、自分の実体を意識的に再把握していないから、「初めから無理な戦い」が
できるわけである。
なぜこういう事態を生ずるのか。そして生ぜしめ、その実施者である軍を拘束していた
その「力」とは何なのか。


こういった「小市民的価値観を絶対とする典型的な小市民的生活態度」を通常性・日常性と
することは、恥ずべきことなのであろうか。
それとも、こういう日常性への不動の信念をもちつつ、「或る何かの力」に拘束されて、
自分が軍人か闘士であるかの如き虚構の態度をとることが恥ずべきことなのであろうか?
私自身は、その人がどんな "思想" をもとうとその人の自由だと思うが、
ただもし許されないことがあるなら、自己も信じない虚構を口にし、
虚構の世界をつくりあげ、人びとにそれを強制することであると思う。
(中略)
ただ明治以来、「或る力」に拘束され、それを「明言」しないことが当然視されてきた。
いわば自分のもつ本当の基準は口にしてはならず、みな、心にもない虚構しか口にしない。
これは戦前・戦後を通じている原則である。

以上にのべた明治以降の奇妙な「通常性を把握しないことを通常性」とする性向、
いわば、ある力に拘束されて自己の真の規範を口にできず、結局は、自分を含めて
すべての人を苦しめる「虚構の自己」を主張することが通常性になっているためと
仮定するなら、その拘束力を排除できなかったのは何のゆえで、何が欠如してそうなり、
何を回復すればそれが克服できるのであろうか?
答えは非常に簡単である。その「鍵」は「自由」であろう。
この本の魅力の一つは、小松氏が天性の自由人であり、記されていることが全くの
「自由な談話 (フリー・トーキング)」だということである。
見たまま、聞いたまま、感じたまま、それを全く自由と何の力にも拘束されず、
何の力も顧慮せずに、氏は記している。
(中略)
もしすべての人に、この自由な談話 (フリー・トーキング) が常にできるなら、
おそらく太平洋戦争のような、全く意味不明の事件は、二度と起こらないであろう。
(中略)
フリー・トーキングをレコードして公表するような行為は絶対にやってはならず、
そういうことをやる人間こそ、思考の自由に基づく言論の自由とは何かを、
全く理解できない愚者なのだ、と。

戦後は「自由がありすぎる」などという。
御冗談を!
どこに自由と、それに基づく自由思考 (フリー・シンキング) と、
それを多人数に行う自由な談論 (フリー・トーキング) があるのか、
それがないことは、一言でいえば、「日本にはまだ自由はない」ということであり、
日本軍を貫いていたあの力が、未だにわれわれを拘束しているということである。

Comments