西平電気鉄道
このページでは架空の鉄道会社について説明しています。全てフィクションですのでご注意下さい。

 西平電気鉄道株式会社(にしひらでんきてつどう)は、西平県青倉市に本社を置く鉄道事業者である。
鉄道事業、一般貸切旅客自動車運送事業のほか、駅周辺の開発を主な目的とする不動産事業や、観光業も営んでいる。かつては百貨店業も営んでいた。

 西平電気鉄道株式会社
Nishihira Electric Railway Co.,Ltd.
 歴史
1903年 (明治36年) 西平電氣軌道株式会社が発足
1905年 (明治38年) 青倉-西平港(現在廃止)間を開業
1913年 (大正2年) 路線バス事業を開始
1941年 (昭和16年) 軌道業から地方鉄道業に変更
                                    社号を西平電気鉄道に改称
1945年 (昭和20年) 鉄道貨物輸送廃止
1946年 (昭和21年) 西平-西平港間の営業を休止
・1965年 (昭和40年)600Vから1500Vへと昇圧
1978年 (昭和43年) 新町検車区にて火災が発生
1986年 (昭和61年) 西平-西平港間を廃止
2002年 (平成12年) 一般貸切旅客自動車運送事業を開始
2003年 (平成13年) 創業100周年

社歌

音源Download
1.
水面に輝く 旭日仰ぎ
軌道は伸びる 果てし無く
安全輸送の使命 担う我ら
団結の力 西平電鐵
2.
いま流れゆく 潮流に
未来(あす)の栄華を うつさんと
不撓不屈(ふとうふくつ)の心意気 胸にいだき
淀みなく進め 西平電鐵
3.
縦横無尽 西へ東へ
拓け我らの 後の世を
此地(このち)支える志 軌道と共に
何処までも伸ばせ 西平電鐵
栄えあれ我らの 西平電鐵

在籍車両

在籍している車両にみられる特徴は、すべての車両が15メートル級の車体長を持っており、その特殊性から630系電車を除く全てが自社オリジナル車両である。軌道時代の名残で、転入車である630系を除いて中央運転台を採用している。
・1型 ※引退
100系 ※引退
200系
300系 ※引退
320系 ※引退
・400系 ※引退
500系 ※引退
630系 ※引退
600系
700系
1000系
20系
2000系
・2100系

 
社紋

    種類 株式会社
 本社所在地 西平県青倉市青倉本町1丁目
    設立 1903年(明治36年)4月21日
    業種 陸運業
  従業員数 700人
   資本金 3億円
   決算期 3月末日