佐久間ふみ子の西洋ビスクドール教室へようこそ



是非ご一緒に、アンティークビスクドールを創ってみませんか?

神奈川県横浜市中区で人形教室を開いています。

このホームページでは、人形作家の佐久間ふみ子のビスクドール教室及びビスクドール展示会等の様々な情報をご紹介いたします。




<ビスクとは?>
ビスクとは、フランス語でBis(二度)Cuire(焼く)という意味で、1200℃の素焼き後、色づけの後に700℃で焼いて完成する1860-70年代にかけフランスとドイツで光沢を抑えた磁器により制作された人形です。

<ビスクドールとは?>
ビスクドールとは、磁器(ビスク焼き)の顔、本体、手、足などを組み合わせて作る西洋のアンティークドールのことです。

1800年代のヨーロッパにおけるアンティークの世界、複製制作を一緒に楽しみませんか?


横浜市関内駅 徒歩7分