工学部生物機能工学科

細胞遺伝制御学

白血球生成機構の研究と白血病発症機構の解明



                             白血球研究チーム                                村上 宏              

                                                                                                                                                      muraka-h @ cc.okayama-u.ac.jp

細胞伝制御学

Home

    English Home

Research

My Profile


研究室への配属希望者へ(4年生、大学院生 

    研究内容の紹介

    研究の方針

 

  講義の資料  

研究室で使用するパソコン


 

白血球研究チームでは、DNA組み換え技術を用いて、私たちのからだの中の白血球がどのようにしてつくられ、外から侵入して来る細菌から私たちの体を守るか を研究しています。また、それ らの機構に異常が生じるとどの様にして白血病が発症するかをも研究しています。


G-CSF による白血球細胞の増殖と分化の制御機構

すべての血液細胞は骨髄中で造血系幹細胞が色々なサイトカインによる刺激をうけて増殖と分 化を繰り 返し生成する。中でも顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)は、好中球とよばれる貪食性白血球の生成に重要な働きをしている。G-CSFの作用で骨髄前駆 細胞から好中球がどのように生成するかを解き明かし、その異常で起こる骨髄性白血病の診断と治療に役立てようと志している。