沿革‎ > ‎

JpGUセッション

本研究会では地球惑星科学連合大会で毎年「生物地球化学」のセッションを開催しています。2017年より地球惑星連合大会は、「JpGU-AGU共同大会」として開催されます

  「生物地球化学」セッション
  2018年5月20~24日 
  千葉市幕張メッセ

過去のセッション
  • 2006年「陸域の生物地球化学」  JPGU2006
  • 2007年「陸域の生物地球化学」   JPGU2007
  • 2008年「陸域の生物地球化学」  JPGU2008
  • 2009年「陸域の生物地球化学」   JPGU2009
  • 2010年「陸域の生物地球化学」   JPGU2010
  • 2011年「生物地球化学」   JPGU2011
  • 2012年「生物地球化学」   JPGU2012
  • 2013年「生物地球化学」 JPGU2013
  • 2014年「生物地球化学」 JPGU2014
  • 2015年「生物地球化学」 JPGU2015

 

<これまでのポスター賞受賞者>

  • 2011年 早川敦(秋田県立大学)「硫黄高含有生態系における硫黄循環と窒素循環のリンク-硫黄酸化に伴う硝酸イオンの還元:秋田八幡平での事例研究- 」
  • 2012年 林 貴広(東京農工大学)「森林生態系の窒素飽和の指標としてのドングリの窒素安定同位体比の使用」
  • 2013年 多田 雄哉(東京大学)「海洋有機炭素分解過程における細菌群集の動態」
  • 2013年 栗林貴範(北海道中央水産試験場)「古コンブ標本に残されたδ15Nの解読により得られたかつてのニシン産卵群による北海道日本海沿岸への栄養輸送の可能性」
  • 2014年 新島 宏平(帝京科学大学)「多層モデルを用いた富士山麓森林内部における微量気体フラックスの推定」 pdf
  • 2014年 浦川 梨恵子(東京大学)「日本の森林土壌の窒素無機化速度―現地培養による年間窒素無機化量―」 pdf
  • 2014年  細川 奈々枝(北海道大学)「土壌の凍結融解が根リターの変化 を通して土壌の窒素動態におよぼす影響」pdf
  • 2015年 中川書子(名古屋大)「三酸素同位体組成を用いた湖沼における新生産量および再生生産量の定量 」pdf

 

 

Comments