大会テーマ
日本野球界のさらなる発展のために ー科学と実践の融合を目指してー

重要な締切日

参加は事前登録制となっています。11/30までに、フォームから申込をお願いします。当日現地での参加申込は受け付けません。

現在、大変多数の方から参加申し込みを受けております。誠に申し訳ありませんが、会場の定員の関係上、非会員様の事前登録を締め切らせていただきます。

日本野球科学研究会会員の方で、これから参加申込をされる方がいらっしゃいましたら、11/30までに大会事務局宛に、メールでお問い合わせください。

フォームから登録できないという問い合わせがありました。何らかの原因で、フォームからの登録ができなかった場合や、登録後に自動返信メールが来なかった場合は、お手数ですが、大会事務局(bbscience2016@gmail.com)まで、直接メールでお問い合わせください。

 10月1日 参加申込開始
  発表申込開始
 11月10日 発表申込締切

 抄録提出締切
 11月24日 ショートプレゼン資料提出締切
 11月30日 参加申込締切
  
 12月3,4日 大会開催日
  
 12月23日 報告集提出締切
※締切日を厳守下さいますようご協力お願いいたします。

講演・シンポジウム

・特別講演
    講師: 桑田真澄氏 (元読売ジャイアンツ)
    司会: 中澤公孝教授 (東京大学大学院)
    「科学と実践の融合を目指して」

・シンポジウム
    1.「これからの指導者に求められること」
    2.「コントロールを上達させるにはどうすればいいのか?」
    3.
「真剣勝負中の生体信号計測とその応用
            ~科学技術振興機構CRESTプログラムの取り組み~」

・パネルディスカッション
    「今後求められる学生野球の姿とは?」

一般発表

野球を科学的に研究した一般発表を広く募集します。
発表形式は、ポスター + 2分程度の口頭発表(ショートプレゼンテーション)を予定しています。
一般発表申込、および発表資料の提出は参加登録フォームから行います。詳しくは、要綱を参照ください。
発表申込は締め切りました。多くの演題の投稿、ありがとうございました。

参加登録

参加には事前登録が必要となります。




開催日時・場所・アクセス

2016年12月3日(土)、 4日(日)

東京大学駒場キャンパス 21KOMCEE east

渋谷駅より: 京王井の頭線各駅停車にて駒場東大前駅下車すぐ

キャンパスマップ












Ċ
第4回大会野球科学研究会,
2016/12/05 17:40