横浜駅整備


 
 
BaySky logo
 

これまでに、
横浜駅 周辺および港湾側で、
大規模開発が進行・・・

 ・1965(昭和40)年 横浜市が「都心部強化事業」を発表
 ・1981(昭和56)年 横浜市が「横浜みなとみらい21計画」を発表
 ・1989(平成元)年9月 横浜ベイブリッジ 開通
 ・1989(平成元)年3月-10月「横浜博覧会(YES'89)」  開催
 ・1989(平成元)年11月 横浜美術館が正式開業
 ・1991(平成3)年8月 インターコンチネンタルホテル 開業
 ・1993(平成5)年7月 横浜ランドマークタワー 開業
 ・2002(平成14)年4月 横浜赤レンガ倉庫 開業
 ・2004(平成16)年2月1日 地下鉄「みなとみらい線」 開業

 

この開発過程で、
横浜駅 は、もう何年も工事中です。

工事がいつ始まったのかも思い出せないくらいです。
「横浜博」が開催されたのが 1989年。
横浜駅の工事はその前からで、今だに断続的に進行しています。
一段落するのに、まだ2年くらいかかるようです。

完成時に、
横浜駅 の構内がどんな眺めになるのか
楽しみです。 


現在の状況 を、
横浜市 都市整備局WEB から拾い読みできます。

 ◆ 市街地開発事業等の状況 横浜駅周辺地区

 ◆ 横浜駅整備

 ◆ 横浜駅構内案内図

 ◆ 横浜駅の工事状況

   ◇ きた通路整備工事

   ◇ みなみ通路整備工事

   ◇ 南北連絡通路整備工事

   ◇ 旧東急東横線高架橋撤去(中央西口階段の移設工事を含む)

   ◇ 京急連絡通路(京急駅改良を含む)

 

序ながら、新横浜駅および周辺でも大規模工事がスタートしています。

 ◆ 新横浜駅・北口周辺地区総合再整備事業

 ◆ 新横浜北部地区街づくり協議指針

 ◆ 新横浜駅南部地区まちづくり事業

 

 

 

 

 

参考関連事項:

2004/02/01、横浜駅と元町・中華街駅間に、横浜高速鉄道㈱の「みなとみらい線」が開業した。

これにより、東京急行電鉄㈱の東横線の横浜~桜木町間が廃線となった。

また、東横線の横浜から東白楽の手前までが地下化された。

この跡地の有効利用に関しては、横浜市の主導で計画進行している。 ⇒ 横浜市都市整備局:みなとみらい線関連事業:東急東横線の跡地利用